【兵庫県版】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

兵庫県は「日本の縮図」と称されているエリアです。夜景が綺麗な神戸の港、新日本百名山にも選ばれている六甲山、淡路島など、沿岸・山地・平地・島といった様々な地形が揃っています。そのため、地形を生かした様々な種類のレジャーや観光スポット、お金のかからない遊び場などバリエーション豊かなお出かけスポットがあります。今回はそんな兵庫県の子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット15選を紹介いたします!

1.但馬エリア

竹野浜海水浴場(豊岡市)

竹野浜海水浴場は、遠浅でお子さまも遊びやすいファミリー向けの海水浴場です。家族で海に出かける時は「着替えやトイレの場所はあるか」「水が綺麗か」「子どもも安心して遊べるか」「子どもも楽しめるアクティビティはあるか」といった点が気になりますが、竹野浜海水浴場はそれらすべてをクリアした海水浴場です♪

まず、気になる水質・透明度は水質調査で「水質AA」に認定されるほどの綺麗さ。砂浜も「快水浴場百選」「日本の渚百選」にも選ばれるほどきめ細かいサラサラの砂が約1kmも広がります。ケガが心配になる砂利や岩場もなく、遠浅の綺麗な海で安心して遊ぶことができます。

そして竹野浜海水浴場はアクティビティも充実!釣りやカヌー、10歳からできるダイビング、など様々な体験がある他(詳細はHPを確認してくださいね)、海上アスレチック・たけのチックLagooonは子どもたちが大喜びすること間違いなしのアクティビティです。海の上に設置された大きなエア遊具には、スライダー・峠渡り・クライミング・ピラミッドなど沢山のアスレチックが子どもたちを待っています。パパやママも、お子さまと一緒に体を動かして楽しみましょう♪

<施設情報>
【住所】豊岡市竹野町竹野17-22(たけの観光協会)
【営業時間】駐車場の営業時間8:00~17:00
【休業日】その他、たけのチックLagooonの営業時間や混雑予想など
詳細はHPをご確認ください
【利用料金】
◎たけのチックLagooon/
平日大人1500円、子ども1,000円
繁忙日大人2,000円、子ども1,500円
【URL】http://takenohama.com/

玄武洞ミュージアム(豊岡市)

玄武洞とは、玄武岩(火山岩の一種)の石柱が作り出した国の天然記念物です。その玄武洞のすぐ近くに位置するのが玄武洞ミュージアムです。兵庫県最大の石の博物館で、ここでしか見られない貴重な鉱物・化石・宝石などが展示されています。1Fの岩石ゾーンでは、玄武洞の歴史や様々な形の玄武岩などが展示され、大きなステゴドンの化石が目を引きます。ステゴドンは全長7.6mのアジアゾウで、足の間をくぐったり2階から見下ろしてみたり、色々な視点から観察してみてください。

2Fの鉱物ゾーンには宝石・鉱物が美しく展示されています。世界一のアマゾナイトや、神秘的な光る石のコーナー、触って楽しめる体験展示などがあり、神秘の世界を堪能できます。他にも、「豊岡杞柳細工」という伝統工芸品の展示や体験(杞柳細工の原料を使ったかご編み、好きな石を選ぶアクセサリー作り)もありますよ。

<施設情報>
【住所】豊岡市赤石1362
【営業時間】9:00~17:00
【休業日】臨時休館日もあるため、HPをご確認ください
【利用料金】大人800円、小人(小学生)500円、幼児(4歳以上未就学)400円
【URL】https://genbudo-museum.jp/

城崎マリンワールド(豊岡市)

城崎マリンワールドのテーマは「水族館以上、であること」。水族館と聞いて思い浮かぶイメージが、良い意味で覆される水族館です。まず変わっているのは、イルカショーやアシカショーの内容が毎年変わるということ。その年によってショーのテーマが変わり、毎年訪れるたびに新たな発見や感動があるショーになっています。観るだけでなくお客さんが参加できるショーもあります。次に、スタッフの方たちが積極的にお話してくれるのも城崎マリンワールドならではの光景です。生き物の話や水族館の裏話など、興味深い話が聞けるのでぜひ沢山お話してみてください。

そして、城崎マリンワールドにはペンギンとのお散歩や磯遊びなどのふれあい体験がたくさんあるので、お子さまの好きな生き物や興味のある生き物の世界に触れてみましょう♪水族館には珍しいアジ釣りもできます。そんな魅力満載の城崎マリンワールドは、美しい日本海に面した水族館です。館内で生き物観察するだけでなく、海沿いをお散歩したりお弁当を食べたり、青く澄んだ海のそばで1日中のんびり過ごすこともできますよ。

<施設情報>
【住所】豊岡市瀬戸1090番地
【営業時間】9:30~17:30(最終受付は閉館の30分前まで)
【休業日】HPの営業スケジュールをご確認ください
【利用料金】大人2,600円、小人(小中学生)1,300円、幼児(3歳以上)650円
【URL】https://marineworld.hiyoriyama.co.jp/

2.丹波エリア

篠山チルドレンズミュージアム(丹波篠山市)

篠山チルドレンズミュージアムは、自然に囲まれた校舎の中で思いのままに遊べる施設です。通称「ちるみゅー」と呼ばれて、子どもたちの生きる力を育む拠点を目指して作られました。閉鎖された中学校の木造校舎を活用して、様々な種類のおもちゃや絵本、ワークショップに人形劇などが楽しめます。

各教室には、100種類ものぬりえや工作ができる「くるくるグラフィティ」、篠山の木でできた大きな部屋中に広がる「ちるみゅー城」、世界の民族衣装が着られる「世界の10才」、昭和時代のおもちゃで遊べる「子ども横丁」、ファシリテーターと呼ばれるスタッフさんと楽しむワークショップなど、特色あるワクワクが用意されています。ちるみゅー内の11ヶ所を回って楽しむスタンプラリーもありますよ。

校庭を活用した広い芝生で駆け回って遊んだり、「ごんた山」と呼ばれる里山で宝探しをしたり、外にも楽しみがいっぱい!たくさん遊んでお腹が空いたら、レストランで給食こんだてを召し上がれ♪大人にとっても懐かしい給食メニューであるきなこパンやうどん・カレーなども食べられます。お買い物の練習ができるミュージアムショップ(駄菓子、芝生で遊べるおもちゃ、手作りグッズ、絵本などを販売)もありますよ。

<施設情報>
【住所】丹波篠山市小田中572
【営業時間】
3月~12月の土日祝
夏休み期間中の水・木・金曜日
10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
【休業日】平日(夏休みを除く)と冬期(1月・2月)
【利用料金】大人(高校生以上)700円、小人(小中学生)500円
幼児(2歳以上~就学前)250円
【URL】https://www.chirumyu.jp/

丹波竜化石工房 ちーたんの館(丹波市)

2006年に丹波市山南町にある地層から発見された日本最大級の陸上生物、丹波竜(タンバティタニス・アミキティアエ)。その迫力満点の大きな化石や展示が見られる施設が、丹波竜化石工房 ちーたんの館です。館内にはたくさんの恐竜の化石が立ち並び、発掘現場を再現したエリアや産出された化石をクリーニングしている貴重な工程を間近で見られる珍しいゾーンもあります。

ハンズオンゾーンでは、イラストや立体パズルなど実際に触りながらゲーム感覚で学べます。お子さまでもゆっくり見て回りやすい広さで、1つ1つの展示をじっくり楽しめる施設ですよ。化石クリーニングや化石レプリカ作り、恐竜復元ワークショップなどの体験も豊富で、夏季や冬季に行われる特別展も必見です。

<施設情報>
【住所】丹波市山南町谷川1110番地(丹波市役所山南支所横)
【営業時間】
10:00~16:00
(4/1~10/31は17:00まで、入館は閉館の30分前まで)
【休業日】
月曜日(祝祭日の場合は翌平日)
年末年始(12/29~1/3)
※2022/9/5~7は夏期特別展撤収のため休館
【利用料金】大人(高校生以上)210円、小中学生100円
【URL】https://www.tambaryu.com/TDFL/index.html

3.播磨エリア

サファリリゾート 姫路セントラルパーク(姫路市)

サファリパーク・動物とのふれあい・遊園地・プール・スケート、これら全てが一堂に会する、姫路セントラルパーク。家族みんなの「行きたい♪」が叶うレジャースポットです。マイカーで遊びに行ったら楽しみたいのがドライブスルーサファリです。乗り慣れた自家用車で園内を回り、ライオン・トラ・キリン・アメリカバイソン・カバ・ミナミシロサイなど沢山の動物たちの迫力ある姿が見られます。車で回れば暑さや寒さ、天候など関係なく楽しめますね♪

マイカー以外にも、森の中に放し飼いにされている動物たちに会えるウォーキングサファリや、ゴンドラに乗って空中からサファリパークにいる動物たちが見られるスカイサファリもあります。その他にも、猛獣にご飯をあげたり乗馬体験をしたり、かわいい動物たちと触れ合うなど約190種類もの生き物たちを身近に感じられる施設になっています。そして遊園地ゾーンも見どころが満載♪

最高5.2Gの日本最大ループのジェットコースター「ヴィーナスGP」を始めとした本格的なアトラクションが揃っていますが、小さなお子さまが楽しめるアトラクションもたくさんあります。高さ85mの観覧車、南極体験、冒険迷路、お化け屋敷、爬虫類とふれあえるジャングル館、急流すべり、いもむしくんのかわいいコースター、アスレチックハウス、キャラクターバッテリーカーなどが揃い、幅広い年齢のお子さまが楽しめます。

夏季に利用できるプールゾーン「アクエリア」は西日本最大級で、大自然に囲まれた開放的な空間で絶景を眺めながら水遊びができます。お子さまに人気なのが「パイレーツキッズアクエリア」と呼ばれるエリア。お子さま用のスライダーや沢山のしかけがある大きな遊具など、お子さまにとって夢のような場所で思いっきり遊べます。冬季には白亜のお城の中でスケートを楽しみましょう。初めてスケートに挑戦するお子さまが安心してトライできるツインエッジのスケートシューズレンタルもありますよ(15cm~20cm)。

<施設情報>
【住所】姫路市豊富町神谷1434
【営業時間】季節によって変動があるためHPを確認してください
【休業日】
【利用料金】入園日によって料金が異なるため、HPを確認してください
【URL】https://www.central-park.co.jp/

みきっこランド(三木市)

みきっこランドは三木山総合公園内にある多世代交流施設で、「無料でこんなに遊べる場所はなかなかない」という声もある遊び場です。童話『ピノキオ』の物語を基にしたカラフルな遊具が揃っています。まずはみきっこランドが見渡せる展望デッキに登って、冒険のスタート。みきっこランドの中で一際目を引くのは、童話の世界から飛び出してきたような可愛さの大型複合遊具。

タワーに登ったりあちこちにあるスライダーから滑り降りたり、自由に回遊しながら楽しめる遊具です。そして、2基の大きなスライダーも外せません♪らせん状のスパイラルローラースライダーは全長40m、ロングローラースライダーは45mもあり、どちらもカラフルで可愛い見た目ながらスリルも味わえるスライダーです。また、1歳~3歳、3歳~6歳までの小さなお子さまが安心して遊べる乳幼児エリアや、一緒に訪れたパパやママも気持ち良く体を動かせる健康器具も9種類あります。おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に、親子三世代で楽しめる公園ですよ♡

<施設情報>
【住所】三木市福井2474-5
【営業時間】8:30~日没まで
【休業日】木曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/28~1/4)
【利用料金】無料
【URL】https://www.city.miki.lg.jp/site/odekakeplus/3148.html

石ケ谷公園(赤石市)

石ケ谷公園は広い園内にたくさんの遊具や放牧場などがあり、家族で1日ゆっくり過ごせる公園です。お子さまに人気の遊具エリア「あそびの丘」には、「明石の名物遊び場を作ろう!」と地元の小学生と一緒に考えた遊具が揃っています。地元小学生の人気投票で1番人気となった恐竜をモチーフにしたローラー滑り台を始め、年齢や遊び方に応じて楽しめる複合遊具が盛りだくさん♪

放牧場では、ポニーや馬たちがのんびり暮らしている様子が眺められます。他にも、メダカやバッタ、スイレンなどの植物・生き物たちを身近に感じられるビオトープや四季折々の花々が楽しめるガーデン・ひだまりの広場など、自然豊かでのどかな風景が広がります。平成22年には、約80種類のハーブの花や香りが楽しめる石ケ谷ハーブガーデンズがオープンしました。

園内の工房ではハーブを使ったイベントや子どもを対象にした自然体験なども用意されています。また、約1,000本の白梅と紅梅が広がる梅園は梅の名所になっていて、開花時期になると沢山のお客さんで賑わいます。梅林が望める広い芝生エリアもあるので、ピクニックをしながら楽しむこともできますよ。

<施設情報>
【住所】明石市大久保町松陰1126-47
【営業時間】9:00~21:00
【休業日】年中無休
【利用料金】無料
【URL】http://www.e-akashi.jp/index.html

4.摂津(阪神)エリア

キッザニア甲子園(西宮市)

キッザニアは、お子さまたちがリアルなお仕事体験ができる、夢がいっぱい詰まった場所です。身近なお店から憧れの職業まで、体験できる仕事現場が約100種類も揃っています。体験できるお仕事の一部を例に挙げると、パソコンを1台組み立てるパソコン工場スタッフ、ベッドから車椅子への移乗介助を行う介護福祉士、握り寿司や軍艦巻きを作る寿司職人、馬のお世話をする厩務員・獣医師、トリックを練習して手品を披露するマジシャン、建物にペンキで色を塗るペンキ職人、飛行機の操縦訓練ができるパイロット、電車の開け閉めや運転訓練をする車掌・運転士、演劇やショーに出演するエンターテイナー・ファッションモデル…このようなお仕事がキッザニア内のパビリオンで体験できます。実在する企業がスポンサーとなっているため、そのリアルさはお墨付き!

衣装や道具もとてもリアルで、作ったものは持ち帰ることもできます。仕事が終わるとお給料(専用通貨)が貰えて、キッザニア内でお買い物をしたり銀行で貯金をしたりすることも可能。働いて、対価としてお給料を頂き、その通貨を大切に利用するといった社会の仕組みを肌で体感できます。お子さまが働く様子はガラス越しやモニター越しに見ることができるので、お子さまの新たな一面が垣間見えるかもしれませんよ。来場予約やお仕事体験の流れについてHPに詳細が載っているので、来訪前に確認してくださいね。

<施設情報>
【住所】西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園
【営業時間】1部9:00~15:00、2部16:00~21:00
【休業日】不定休
【利用料金】時期によって変動があるため、HPを確認してください
【URL】https://www.kidzania.jp/koshien/top

ピュアハートキッズランド尼崎つかしん(尼崎市)

天候を気にせずたくさん遊びたい日には、ピュアハートキッズランド尼崎つかしんへ♪大型ショッピングセンター内にあり、室内でありながら思いっきり体を動かして遊べるレジャースポットです。大きなボールプールの周りには大型の立体遊具が広がり、AR砂場(砂の形状に合わせて映像が投影される砂場)や大きなふわふわ遊具など、目移りしてしまうくらいたくさんの楽しいエリアがあります。

店内はとても広く、乗り物にのって長い距離を走らせたり電動で動くバスに乗ったり、家では難しい遊びもピュアハートキッズランドなら叶います♪身体を動かして遊ぶだけでなく、ゆっくり絵本を読んだりカフェでドリンクや食事を楽しんだり、パパやママの日頃の疲れが癒せるマッサージチェアまで完備しています。授乳室やおむつ替えスペースもあるので、ゆっくり滞在したい時も安心です。

<施設情報>
【住所】尼崎市塚口本町4丁目8番1号 つかしん ひがしまち南館6F
【営業時間】10:00~19:00(最終入場は閉店の30分前まで)
【休業日】施設の休館日に準ずる
【利用料金】
◎会員証年会費/330円(家族に1枚で入場可能)
◎フリープラン/1,100円
◎ベーシックプラン(時間制)/30分毎350円
◎回数券/フリープラン20枚17,800円、10枚9,900円
【URL】https://www.nikke-purekids.jp/shop/amagasaki/

伊丹スカイパーク(伊丹市)

伊丹スカイパークは、なんと大阪国際空港の滑走路のすぐ横に作られた公園です。空港を離着陸する飛行機を眺めながら、遊具で遊んだり園内を散策したり伊丹市民の花「ツツジ」を見たりする贅沢な時間が過ごせます。公園内は、航空管制レーダーが展示されているセンターやテラス、航空機を見る絶好のポイントである丘や遊具エリアなど5つのエリアに分かれています。お子さまに人気の巨大立体迷路やローラー滑り台、小さなお子さま専用の遊具広場(安全なゴムチップ舗装)など遊具の種類も豊富です。

広い公園内にはあちらこちらに休息所が用意されているので、休憩しながら大空に飛び立つ航空機を眺めるのも良いですね。カフェや売店のある3階建ての展望台付きテラスもあり、おむつ替えコーナーもあるので安心です。昼間はもちろんのこと、夕日が沈むグラデーションがかった幻想的な空を眺めたり、夜になるとLEDが光る130mの星空の小道を歩いたり空港の夜景を楽しんだり、どの時刻に訪れてもお子さまの心に残る素敵な1日が過ごせますよ。

<施設情報>
【住所】伊丹市森本7丁目1-1
【営業時間】
4月~10月の土日祝 7:00~21:00
4月~10月の平日・11月~3月 9:00~21:00
※夜間は閉鎖
【休業日】無休
【利用料金】無料
【URL】https://www.itami-skypark.com/

5.摂津(神戸)エリア

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール(神戸市)

みんな大好きアンパンマン♡神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールは、アンパンマンとその仲間たちの世界を堪能できるテーマパークです。全国各地にある中で、外を走るSLマンのレールトレインに乗車できるのが神戸ならではの特色です(運行期間についてはHPを確認してください)。エントランスを通るとすぐ目に飛び込んでくるのが「おでむかえひろば」。アンパンマンの乗った大きな船が冒険気分を高めてくれます。

そして、お店屋さんごっこをしたりしかけで遊んだりできる「みんなのまち」やパン工場、アンパンマンのお話がジオラマで再現された「たんけんランド」、アンパンマンミュージアムを代表する遊具「虹のすべりだい」など楽しいエリアが立ち並びます。バイキンマンたちをテーマにしたバイキンひみつ基地では、だだんだんの下に潜り込んだりしかけ満載のわんぱくスペースで体を使って遊んだりもできます。

たっぷり遊んだら、ジャムおじさんのパン工場でキャラクターパンを食べたりフルーツジュースを飲んだり、不二家とコラボレーションしたレストランでゆっくり食事をとったり、ショッピングモールでのお買い物を楽しみましょう!神戸の港をイメージした限定メニューや限定グッズも盛りだくさんなので、神戸店を訪れた記念の品を探してみてくださいね♪

<施設情報>
【住所】神戸市中央区東川崎町1-6-2
【営業時間】
◎ミュージアム/10:00~18:00(最終入館17:00)
◎ショッピングモール/10:00~18:00
【休業日】元日、メンテナンス休業日(2022年は9/13、12/6)
その他臨時休業となる場合もあるためHPを確認してください
【利用料金】日付指定チケット(1歳以上)2,000円~2,500円
利用日によって金額が異なるためHPを確認してください
【URL】https://www.kobe-anpanman.jp/

神戸市立王子動物園(神戸市)

神戸市立王子動物園は、三宮駅からアクセスの良い場所にある動物園です。パンダやゾウ、トラなど人気の動物たちに会える動物エリアと動物たちの世界について勉強できる動物科学資料館に加え、敷地内には遊園地まであります。王子動物園に暮らす動物たちは約130種類。ジャイアントパンダ、カバ、クマ、チンパンジー、ゾウ、トラ、ライオン、キリン、コアラなど沢山の動物に会うことができます。

お食事タイムを覗いたり、キリンと同じ目線から見られる「きりんテラス」を利用したり、ヤギ・ヒツジ・ガチョウが放し飼いにされているエリアを訪れたり、様々な角度から動物たちの世界に触れることができます。動物科学資料館では、ジオラマ・標本・映像・模型などを展示することによって、更に深く動物たちへの理解が深められます。資料館で学んだ後に実際に動物エリアを訪れると、新たな発見があるかもしれません。

休憩ホールでは目の前をペンギンたちが泳ぐ姿が見られますよ。遊園地には、サイクルモノレールやバッテリーカー、サークルライダーなどお子さまが楽しめる乗り物が揃っています。その他、年間を通して様々なイベントも企画されています。中でも桜の季節に行われる「夜桜通り抜け」というイベントは、ライトアップされた480本もの桜のトンネルを歩きながら見ることができ、毎年大人気のイベントとなっています(開催についてはHPを確認してください)。

<施設情報>
【住所】神戸市灘区王子町3-1
【営業時間】
3月~10月 9:00~17:00(最終入園時間16:30)
11月~2月 9:00~16:30(最終入園時間16:00)
【休業日】毎週水曜日(祝日の場合は開園)、年末年始(12/29~1/1)
※春休み・夏休み期間中は臨時開園する場合あり
【利用料金】大人(高校生以上)600円、小中学生・幼児無料
【URL】http://www.kobe-ojizoo.jp/

6.淡路エリア

淡路ワールドパークONOKORO(淡路市)

淡路ワールドパークONOKOROは、世界旅行・時間旅行気分も味わえる淡路島のレジャースポット。遊園地でお馴染みのアトラクションが揃うエリアや、世界の建築物のミニチュアが立ち並ぶミニチュアワールド、大きな恐竜たちのいる恐竜ワールドなど個性豊かなゾーンに分かれています。

アトラクションエリアには、ライド系アトラクションや室内体験型アトラクションの他に、大きな芝すべりやアクアチューブ(エアーチューブに入って水の上をくるくる回る遊び)、計362mのジップラインまであります。水槽の砂の中から宝石を発掘する宝石探しやバズーカシューティングも楽しめます。ミニチュアワールドではピサの斜塔・アクロポリス・タージマハル・ノイシュバンシュタイン城・バッキンガム宮殿など世界各国の建築物のミニチュア版が見られます。世界旅行に行ったような気分に加え、自分が巨人になったかのような錯覚を覚えるかも?!

ミニチュアワールドのお隣の森に広がる童話の森の中は、『ジャックと豆の木』『赤ずきん』『西遊記』など、有名な物語に登場するシーンが再現されています。散策しながら物語の世界の登場人物になりきってみましょう。そして、園内をたっぷり遊んだあとは絶景の足湯で癒されてください。淡路ワールドパークONOKOROは海に面しているので、足湯を楽しみながら海を眺めていると1日の疲れも癒されますよ。

<施設情報>
【住所】淡路市塩田新島8−5
【営業時間】
3月~9月 9:30(平日10:00)~17:30
10月~2月 9:30(平日10:00)~17:00
【休業日】不定休のため、HPの営業カレンダーをご確認ください
【利用料金】
◎入園料/大人(中学生以上)1,400円、子ども(3歳~小学生)700円
◎入園料+フリーパス/大人4,400円、子ども3,700円
【URL】https://www.onokoro.jp/

淡路島国営明石海峡公園(淡路市)

海・花・島を活かした「海辺の園遊空間」として誕生した明石海峡公園は、青い空と広い海に囲まれた最高のロケーションにある公園です。雄大な大阪湾や、天気が良いと本州の山々まで見られます。甲子園球場の約10倍もの敷地の中には、お子さまと一緒に遊べるエリアがいっぱい♪風・花・水をテーマにした関西最大級の大型遊具のあるエリア・夢っこランドには、150種類の遊具が用意されています。

そして子どもの森エリアでは、ユニバーサルデザインを取り入れた巨大迷路のような大型遊具で遊ぶことができます。迷路のように入り組んだ遊具のあちこちに滑り台やジャングルジムがあり、子どもたちのワクワクが止まらないエリアとなっています。春から秋にかけてじゃぶじゃぶ池がオープンし、水遊びを楽しむお子さまの弾む声が響きます。

4.3haもある芝生広場で思い思いに体を動かして遊んだり、池でボートに乗ったり、自然・スポーツに触れられるイベントに参加したり、1年を通してどの時期に訪れても楽しみがいっぱいです。温暖な気候を生かし、四季折々の花々が1年中途切れることなく咲き誇ります。遊んで、花を眺めて、海を感じて、四季や自然を体中で感じましょう!園内各所に休憩所やお手洗いが配置され、ビジター棟には授乳室もあるので安心です。

<施設情報>
【住所】淡路市夢舞台8−10
【営業時間】
4/1~6/30 9:30~17:00
7/1~8/31 9:30~18:00
9/1~10/31 9:30~17:00
11/1~3/31 9:30~16:30
【休業日】2月の第2月曜~金曜日、年末年始(12/31~1/1)
【利用料金】大人(15歳以上)450円、中学生以下無料
【URL】https://awaji-kaikyopark.jp/

豊かな自然をそのまま生かした遊び場がたくさんある兵庫県。そこでしか味わえない空気をたっぷり吸いながら、忘れられない思い出を作りましょう。

最終更新日 2022年9月1日

    ぷぅ
    記事を書いた人 :

    小学校と幼稚園に通う甘えん坊兄弟の育児に奮闘中の30代主婦です。
    家族全員自然が大好きで、役に立つ楽しいお出かけ情報や子育てのあれこれについて
    リアルな声をお届けしていきたいと思います!

  • コメント: 2

関連記事

  1. 0歳からの手作りおもちゃ☆ペットボトルで作るボール落としの作り方

  2. 人気のダイソーカードゲーム27選。あの有名人気店とのコラボ商品も!

  3. 【群馬県版】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  4. 作って飾って楽しい手作りおもちゃ♪ペットボトル水族館の作り方

  5. セリアの砂粘土で伸びるスライムができる?!砂粘土スライムの作り方

  6. 少量でも簡単な小麦粉粘土の作り方。焼くとオーナメントに変身!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA