【群馬県版】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

日本列島のほぼ真ん中に位置する群馬県は、「上毛三山」と言われる美しい山々や日本を代表する利根川などを有する自然豊かなエリアです。そんな群馬県には、自然を生かしたお金のかからない遊び場や広大な公園、国内でもあまりないユニークな施設など見どころが満載。今回は、群馬県にある子どもとのお出かけにぴったりのおすすめレジャースポットを5つのエリア毎に詳しく紹介いたします!

1.利根・沼田エリア

水上高原スキーリゾート(利根郡みなかみ町)

群馬県北部は標高が高い地域が多く、スキー場の名所となっています。そんな群馬県北部のスキー場の1つである水上高原スキーリゾートは、ファミリーに高い人気を誇る施設となっています。人気の秘密は大人気アニメ「ポケットモンスター」のキャラクターたちがテーマになった2つのキッズパークにあります。「ポケモンスノーパレット」は家族で遊べるキッズパークで、様々な種類のそり遊びが楽しめるそりエリアやスノーチュービング(浮き輪の形をした乗り物に乗って雪の坂を滑り降りるアクティビティ)を始めとしたアクティビティが楽しめます。お子さま用の練習バーンもあります。

そして、もう1つのキッズパーク「ピカチュウキンダーガーデン」は5歳までの小さなお子さま専用のゾーン。エアスライダーやボーラーカルーセル(ゆっくり回る、ピカチュウの顔がついたかわいいチュービング)が楽しめたり、雪と触れ合いながら遊べるゾーンもあります。また、暖房のついた休憩室もあるので、お子さまが疲れてしまっても安心。他にも、ピカチュウ柄のスキー板レンタルや可愛いポケモンたちのイラストが描かれたリフトなど、ポケモン尽くしの銀世界で雪遊びを楽しみましょう!

<施設情報>
住所:
利根郡みなかみ町藤原6152-1

営業時間 :
2021/12/18~2022/4/10(予定)
平日8:30~16:30
土・連休中日8:00~17:00
日・祝8:00~16:30

休業日  :
4月中旬頃~12月中旬頃までスキー場は休業

利用料金 :
販売期間ごとに異なるため、HPをご確認ください
https://www.minakami-ski.jp/price/
キッズパーク入場券やお得なファミリーリフト券有り
URL:https://www.minakami-ski.jp/

川場田園プラザ(利根郡川場村)

川場田園プラザは利根郡川場村にある道の駅で、グルメ・遊び・宿泊・ショッピングなど様々な体験ができる施設です。川場村で採れた新鮮な野菜・果物や特産物を販売するお店、川場産の材料を使って作られるベーカリーショップ、川場の美味しいお水から作られる水出しコーヒーや絶品クレープのお店、KAWABA YOGURTの工場など、川場村の魅力が詰まった道の駅になっています。

7月初旬~8月初旬ごろまでの期間限定で、川場村を代表する特産物・ブルーベリーの摘み取りが無料で体験できるブルーベリー公園もあります。そのブルーベリー公園の隣にはプレイゾーンがあり、大きな複合遊具や川場村が一望できるちびっ子ゲレンデ(芝すべり遊び)などのアスレチックで思いっきり体を動かして遊べます♪お腹も心も満たされる道の駅で、川場村の魅力をたっぷり味わってくださいね。

<施設情報>
住所   :
利根郡川場村大字萩室385

営業時間 :
プレイゾーンは年中無休
(ちびっ子ゲレンデのみ冬季は閉鎖)

休業日 :
その他施設の営業時間は各施設により異なるのでHPをご確認ください

利用料金 :
(施設情報:https://www.denenplaza.co.jp/services/

URL:
https://www.denenplaza.co.jp/

道の駅 水紀行館(利根郡みなかみ町)

こちらの道の駅は地元の農産物を扱う売店や軽食コーナーの他に、クライミングウォールや足湯が楽しめます。ゆっくりお湯に浸かりながら雄大な利根川が眺められるこちらの足湯は観光客の方からも人気を集めています。そしてもう1つの見どころは利根川に住む生き物たちを観察できる水産学習館です。ジオラマが美しい渓流水槽や淡水魚たちが頭の上を泳ぐ姿が見られるトンネル水槽など、利根川の生態を楽しみながら学ぶことができる水族館です。夏は川遊び、紅葉の季節には鮮やかな色に紅葉した木々と利根川の景観など、四季折々様々な楽しみ方ができる道の駅です。

<施設情報>
住所   :
利根郡みなかみ町湯原1681-1

営業時間 :
◎売店・観光案内/9:00~17:00
◎軽食/9:00~16:30(食事は16:00まで)
◎水産学習館/9:00~17:00(入館は16:30まで)
◎クライミングウォール/10:30~12:30、13:30~15:30
(受付終了は終了時間の30分前まで)

休業日  :
年中無休
◎水産学習館/
7月~10月 第4火曜日(祝日の場合は翌日)
11月~6月 第2・4火曜日(祝日の場合は翌日)
◎クライミングウォール/
7月~10月 無休
11月~6月 第2・4火曜日(祝日の場合は翌日)

利用料金 :
◎水産学習館/
◎クライミングウォール/
大人700円
小人(身長120cm以上)500円

URL:
https://mizunofurusato.com/

2.吾妻エリア

軽井沢おもちゃ王国(吾妻郡嬬恋村)

おもちゃ王国には3種類の遊び場があり、自然・アスレチック・おもちゃ・アトラクションと子どもたちの「大好き!」「ワクワク!」が詰まったレジャー施設です。おもちゃのお部屋には懐かしいおもちゃから最新のおもちゃまで、多彩なおもちゃが揃っています。トミカ・プラレール、木のおもちゃ、シルバニアファミリー、リカちゃん、アクションゲーム、アンパンマンのおもちゃなど11種類の室内型施設があり、天候に関係なくお子さまの好きなおもちゃで遊び尽くすことができます。

屋外には北関東最大級の規模を誇る「わくわく大冒険の森」がリニューアルオープン予定!浅間山の天然の溶岩を利用したアスレチックやツリーハウス、巨大つりばし、崖の上のブランコといった約120ものアトラクションに挑戦できます。アトラクションの方では0歳から楽しめる乗り物もたくさんあり、親子で思う存分遊ぶことができます。特におすすめなのが透明な観覧車・パノラマゴンドラ。見渡す限りに軽井沢の大自然が広がる景色は必見です!

<施設情報>
住所   :
吾妻郡嬬恋村大前細原2277

営業時間 :
2022/4/22~11月下旬予定
10:00~17:00(11月は~16:30 ※季節変動あり)

休業日  :
2021/11/24~2022/4/21予定

利用料金 :
◎入園券/
大人1,200円
小人(2歳~小学生まで)900円
※各アトラクションやイベント開催時のおもちゃの城利用には
別途料金が必要

URL:
https://www.omochaoukoku.com/karuizawa/

ロックハート城(吾妻郡高山村)

童話の世界から飛び出してきたようなロックハート城。このロックハート城はなんと本物のお城なのです!1988年に英国スコットランドから日本に移築され、沢山の人の手により復元されました。そんなロックハート城では、ドレスやタキシードなどのレンタル衣装を身にまとい、本物のお城をバックに写真撮影ができるプリンセス体験が大人気。子ども用のドレス・タキシードのレンタルもあり、お子さまも本物のプリンセス・プリンスになりきって撮影に参加してみましょう。どこを背景に撮影しても絵になる写真になりますよ♡

撮影体験以外にも、「石の魔法円」で占いをしたり天然石のブレスレット作りを体験したり、様々な展示(200体のテディベア、お城に関する1,000冊の書物、俳優・津川雅彦さんが集めた世界各国の1,100体のサンタクロース、化石や鉱石、俳優・ミュージシャンのサインなど)を観覧したり、ウイリアムズガーデンというイングリッシュガーデンを散策したりと、ロックハート城の内外を歩き回ってスコットランドの世界観を存分に堪能してくださいね。

<施設情報>
住所   :
吾妻郡高山村5583-1

営業時間 :
9:00~17:00(最終入場時間16:30)
※1月中旬~2月末の平日は10:00~16:00

休業日  :
年中無休

利用料金 :
大人(中学生以上)1,100円
小人(4歳~小学生)600円
※ドレスレンタルなど別途料金が必要

URL:
https://lockheart.info/

3.県央エリア

華蔵寺公園遊園地(伊勢崎市)

華蔵寺公園遊園地はジェットコースターや大観覧車、メリーゴーランドなど本格的なアトラクションが揃っている上、入場料が無料の親子連れに嬉しい遊園地。各アトラクションは1枚70円のチケットを使ってお子さまの年齢に合わせて利用できるので、「高い入場料を払って、あまり遊べなかったら…」という心配がいりません。

クリスマスの時期になると園内はイルミネーションで彩られ、ハロウィンにはおばけと踊るキャンプファイヤーが催されます。桜の季節には「夜桜みナイト」というイベントが開催され、期間中は21:00まで楽しむことができます。自然に囲まれた気持ちの良い園内で、ゆっくり景色を楽しむも良し、アトラクションを楽しむも良し、小さなお子さまから大人まで皆が満足できる遊園地です。

<施設情報>
住所   :
伊勢崎市華蔵寺町1番地

営業時間 :
3月~11月9:00~17:00
12月~2月9:30~16:30
※時期やイベントにより変動あり

休業日  :
毎週火曜日(祝祭日の場合は営業)
年末年始(12/29~1/1)
4・8月は休園日なし

利用料金 :
◎入園料無料
◎のりもの利用券/
70円券70円
280円券280円(70円券4枚綴り)
回数券1,000円(70円券17枚綴り)

URL:
http://www8.wind.ne.jp/kezouji/

渋川スカイランドパーク(渋川市)

標高460メートルの園内で沢山のアトラクションが楽しめる渋川スカイランドパーク。高さ50mの観覧車はなまるからは、関東平野や上越の山が一望でき、壮大なパノラマが目の前に広がります。小さなお子さまからの人気ナンバーワンの乗り物は、園内を走る汽車「るんるん号」♪その他にも、おもしろ自転車やゴーカート、日本一大きなエア滑り台「スカイライダー」も大人気!

水着になって水遊びができるちびっこウォーターランドや巨大迷路、アスレチックコーナーにらくがきコーナーなど無料で遊べる施設も充実しています。園内にあるレストランでは食べ歩きにぴったりの新商品も続々と発売されているので、美味しいグルメも見逃せませんよ☆

<施設情報>
住所   :
渋川市金井2843番地3

営業時間 :
3月~10月9:00~17:00
11月~2月10:00~16:00

休業日  :
毎週火曜日(祝日の場合翌日休園)
12/31、元日
※その他天候不良などで臨時休園あり

利用料金 :
◎入園料/
おとな500円
子ども(3歳~中学生)300円
3歳未満無料

◎1DAYパスポート(入園料込みのフリーパスポート)/
おとな2,000円
子ども1,500円(3歳未満は不要)

◎アフタヌーン1DAYパスポート割引(3月~10月、15:00以降)/
おとな1,800円
子ども1,300円(3歳未満は不要)

◎冬季入園・1DAYパスポート割引(11月~2月)/
入園のみ無料
おとな1,800円
子ども1,300円(3歳未満は不要)

URL:
http://www.skyland89.jp/

前橋市児童文化センター(前橋市)

前橋市児童文化センターは、ボランティアの会やロータリークラブの方々の協力のもと屋内外に様々な遊び場が設けられた施設です。外の交通学習ゾーンでは最新式のゴーカートに乗ったり足ぶみカートを運転したりしながら、交通ルールについて親子で学ぶことができます。交通学習ゾーン内にはふわふわドームや大型遊具も設置され、学びと遊びが同時に体験できます。

冒険遊びゾーンは「自分の責任で自由に遊ぶ」場所として、ぼうけんの木(木の上に設置されたツリーハウス)やどろだんご場が設置され、子どもたちが自分の目で見て頭で考えて思い思いの遊びができるようになっています。土曜日の13:00~16:00にはプレイリーダーの方が常駐し、子どもたちの遊びを手助けしてくださいます。屋内にはクライミングウォール・図書室・わくわくアクア(メダカの飼育)などがあり、身体を動かして遊ぶだけでなく環境や自然のことを学んだり発見したりできるようになっています。

また、プラネタリウムでは最新式のハイブリッドプラネタリウムが採用され、職員の方の生解説を聞きながら宇宙旅行を体験できます。「学びと遊びの活動交流拠点」というキャッチフレーズを体現した、ドキドキ・ワクワクが詰まった前橋市児童文化センターに足を運んでみては?

<施設情報>
住所   :
前橋市西片貝町5-8

営業時間 :
9:00~16:30(夏休み期間中は17:00まで)

休業日  :
毎週月曜日
第2木曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始

利用料金 :
◎入館料無料
◎ゴーカート/
平日13:00~16:00(およそ15分前に発券終了)
土日祝9:00~16:30(夏休みは17:00、およそ30分前に発券終了)
1回100円
小学生以下は大人と2人乗り

◎足ぶみカート/
平日9:00~16:00(可能な日・時間に限る)
土日祝9:00~16:00
料金無料
対象年齢小学2年生以下

◎プラネタリウム/
投映時間各回40分程度
高校生以上300円
小中学生100円
未就学児無料

URL:
https://www.city.maebashi.gunma.jp/kosodate_kyoiku/5_1/18460.html

ぐんまフラワーパーク(前橋市)

たくさんのお花に囲まれて、親子の会話や笑顔が広がるぐんまフラワーパーク。パーク内には5棟の温室があり、サボテンやベゴニアや熱帯果樹など世界中の植物を見て楽しめます。イベント温室では年に7種類ほどのイベントが催され、四季折々のお花が華やかに展示されます。キッズエリアにはローラー滑り台や木製遊具など子どもたちが大好きな遊具が並び、植栽で作られた緑の迷路も人気を集めています。

夏になると、パーク内のじゃぶじゃぶ池は水遊びをする子どもたちで賑わいます。フラワーパークは緑が多く木陰も点在しているので、見守るパパママも心地よく子どもたちを見守ることができます。そして冬に行われるイルミネーションイベントは、何度も行きたくなる美しさ。園内中央にあるパークタワー周辺ではプロジェクションマッピングも行われ、親子で素敵な冬の思い出を作ることができますよ♡

<施設情報>
住所   :
前橋市柏倉町2471-7

営業時間 :
3/1~10/31 9:00~17:00
11/1~2/末 9:00~16:00 ※変動あり、11/6~10は11時開園
夜間特別イベント
2021/11/6~2022/1/10の上記閉園時間~21:00

休業日  :
年中無休

利用料金 :
◎大人/
4/1~6/30 720円
7/1~12/31・1/1~3/31 610円

◎中学生/無料

URL:
http://www.flower-park.jp/

4.東部エリア

WON・PARK ワンパーク(太田市)

「手ぶらで気軽にスポーツ体験」がテーマのワンパークと、日本最大級の屋内遊戯施設があるこちらの施設は、小さなお子さまから大人まで一緒になって楽しめるレジャースポットです。ワンパークでは、スケート・ミニサッカー・バドミントン・卓球・ミニバスケット・ボルダリング・スカッシュ・エアホッケーなど様々なスポーツが楽しめます。必要な道具はすべて用意されているため、興味のあるスポーツを試してみるのにもピッタリ☆

もう1つのエリア・Bのくには、0歳~小学3年生を対象とした室内の遊び場。その広さは日本最大級と言われています。真っ白の雲がテーマとなっている空のエリア、100m以上の海賊船の周りを三輪車で進む船のエリア、滑り台やボールプールのある森のエリア、恐竜がテーマの複合遊具で遊べる山のエリアなど、いくつものエリアで1日中遊び回れます。ベビー専用のコーナーやBのくに利用者専用の図書館があったり、給湯設備の整った授乳室や広い休憩室もあるので、赤ちゃん連れで長時間遊びたい日にも安心♪ワンパーク1階にはクレープやアイスクリームなど子どもたちも大好きなメニューが揃うカフェもありますよ。

<施設情報>
住所   :
太田市植木野町253-1 カンケンプラザWOW 2号館

営業時間 :
◎ワンパーク/
・休業日 :平日13:00~18:00(最終入場17:00)
土日祝10:00~18:00(最終入場17:00)
◎Bのくに/
平日13:00~18:00(最終入場17:00)
土日祝10:00~18:00(最終入場17:00)
利用料金 :
◎ワンパーク/
入場料 
大人 :平日700円
土日祝2時間700円

学生 :(中高大専門)平日500円
土日祝2時間500円

子ども :平日300円
土日祝2時間300円

ローラー靴 300円
延長料金(1時間毎) 
大人400円
学生300円
子ども200円

◎Bのくに/
入場料 
大人:平日2時間300円
土日祝1時間300円

子ども:(6ヵ月~小学3年生)平日700円
土日祝1時間700円

延長料金(1時間毎) 
大人0円
子ども400円

URL:
http://www.won-park.com/index.html

アサヒ飲料 群馬工場 カルピスみらいのミュージアム(館林市)

群馬県館林市は北関東の新鮮な生乳を調達しやすい場所に位置し、館林市市内にあるアサヒ飲料の群馬工場ではカルピスのブランド商品や特選バターなどが生産されています。
そんなアサヒ飲料群馬工場の工場見学は、カルピスの産みの親である三島海雲のアニメが見られたり発酵タンクの中に入ったような空間で映像と香りを楽しんだりカルピスにまつわるクイズに挑戦したりと、カルピスの歴史や想いを学ぶことができます。工場で作られたカルピスの試飲もあります(状況により、ペットボトル飲料の配布の場合もあり)。

子どもたちにもお馴染みのカルピスがどんな工程で作られているか、親子で一緒に学んでみましょう!館内はベビーカーでの入場も可能で、おむつ交換台も完備されていますよ。
HPではバーチャル工場見学もできます。

<施設情報>
住所   :館林市大新田町166
営業時間 :予約受付時間9:00~17:00(年末年始・指定休日を除く)
休業日  :工場によって異なるため、詳しくはHPをご確認ください
(https://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/factory/gunma/tour.html)
利用料金 :無料
URL:https://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/factory/gunma/tour.html

ぐんまこどもの国(太田市)

ぐんまこどもの国は、広大な敷地の中に様々な広場や遊具が広がる入場無料の遊び場です。サイクルモノレール・サイクル電車・バッテリーカー・サマーボブスレー・パノラマチェアといったバラエティ豊かな乗り物が100円~200円で楽しめます。無料の遊具も充実していて、無料遊具だけでも1日では遊び尽くせないほどの数があります。子どもたちが挑戦したくなるようなスリル満点のアスレチック遊具から小さなお子さまも楽しめる幼児遊具まで幅広い遊具が揃っています。

遊具以外に自然ふれあいゾーンという池・小川・原っぱ・林などの自然豊かなエリアもあり、それぞれの自然の中に生息する昆虫・植物・野鳥などを探す子どもたちで賑わっています。これだけ規模の大きい公園が無料で楽しめるということで、県外から訪れるお客さんも多いそう。HPには混雑予想カレンダーが掲載されているので、お出かけの際は参考にしてみてくださいね。

<施設情報>
住所   :太田市長手町480
営業時間 :開園時間8:30~17:00
・休業日 :各施設の利用可能時間は施設により異なるためHPをご確認ください
(https://gunma-kodomonokuni.jp/guide/)
利用料金 :入園料無料
有料遊具大人200円、子ども100円
URL:https://gunma-kodomonokuni.jp/

群馬県立ぐんま昆虫の森(桐生市)

ぐんま昆虫の森は昆虫がテーマの体験型の教育施設で、45ヘクタールもの広大な敷地内に暮らす昆虫たちを探して実際に手に取って観察することができる施設です。昆虫にスポットを当てた体験型施設は世界的にも珍しいそう。園内には日本の原風景である里山が再現されていて、訪れた子どもたちは自然を五感で感じながら昆虫を探して思い思いに駆け回ります。昆虫観察館では世界の昆虫に関する展示物を見たり、世界のクワガタやカブトムシを1年中観察することができます。そして、蝶が舞う温室としては国内最大級の昆虫ふれあい温室では、滝が流れて緑が生い茂る中に飛び回る蝶たちが目の前で見られます。

1870年代に建てられたかやぶき民家では竹馬や羽子板などの昔遊びが体験で着たり、昆虫に詳しいスタッフの方が案内してくれる里山歩きがあったりと、虫探しの初心者でも安心して楽しむことができる工夫が満載です。昆虫のことをもっと詳しく知りたくなったら、昆虫に関する書籍が10,000冊以上もあるフォローアップ学習コーナーへ♪子どもたちの「知りたい!」「面白い!」という心を育むなら、ぐんま昆虫の森を訪れてみてください。

<施設情報>
住所   :桐生市新里町鶴ヶ谷460-1
営業時間 :9:30~16:00(入園は閉園時間の30分前まで)
休業日  :毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
年末年始
※メンテナンスのための臨時休園あり
※春休み・GW・夏休みは定休日でも開園する場合あり
利用料金 :一般410円、高校生・大学生200円、中学生以下無料
URL:http://www.giw.pref.gunma.jp/

5.西部エリア

神流町恐竜センター(多野郡神流町)

テーマごとに9つのゾーンに分かれた展示スペースで恐竜の化石や全身骨格標本などが見られる神流町恐竜センター。まずはイグアノドン類の足跡の化石が展示されているZONE1から冒険が始まります。そこからZONE9まで、国内外の化石や動くロボットで恐竜の生態を再現した迫力満点のライブシアターなどが用意されています。神流町は恐竜時代の化石の宝庫と言われていて、神流町で発見された化石の標本やパネルも多く展示されています。

展示を見たあとは世界に一つだけの化石レプリカ作り体験へ。実際に恐竜センターに展示されている恐竜と同じ作り方で好きな化石のレプリカを作ることができます。日本で初めて恐竜の足跡が発見された恐竜王国と呼ばれる地で、恐竜の世界を堪能しましょう!

<施設情報>
住所   :多野郡神流町大字神ヶ原51-2
営業時間 :9:00~16:30(入館は16:00まで)
休業日  :月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日)
12月~翌3月末までは木曜日休館
利用料金 :大人800円、子ども(小中学生)500円
URL:https://dino-nakasato.org/

群馬県立観音山ファミリーパーク(高崎市)

観音山ファミリーパークの魅力は、開放感溢れる自然に囲まれた空間です。ふわふわドームや芝生広場、幼児用自転車コースに噴水広場など様々なエリアがあり、どのエリアも緑が豊かで誰もがのびのびと遊べる空間になっています。子どもたちから特に人気を集めているのは、真っ白なふわふわドーム(大きなトランポリンのような遊具)。ふわふわドームの近くには暖かい時期に水遊びができる噴水広場や遊具もあり、たくさんの子どもたちの歓声が響き渡ります。自然を生かした斜面に作られた、全長62mものローラー滑り台も大人気。三輪車やボールなど無料の遊具貸し出しや、飲食のできる屋内休憩スペース・赤ちゃんコーナーもあるので、家族で1日中ゆっくりと自然の中で遊べる公園です。

<施設情報>
住所   :高崎市寺尾町1064-30
営業時間 :◎駐車場/
4月~9月8:00~17:30、10月~3月8:00~17:00
◎サービスセンター・交流室/9:00~17:00
◎クラフト工房/9:00~16:00
◎噴水広場/4月中旬~10月下旬のみ9:00~16:00
◎バーベキュー広場/3月第3週土日祝〜11月第3週土日祝まで
9:00〜16:00
休業日  :年末年始
利用料金 :無料
URL:http://www.kfp-tomo.org/

こんにゃくパーク(甘楽郡甘楽町)

群馬県はこんにゃくいもの収穫量が全国1位で、生のこんにゃくいもから製造されるこんにゃくの美味しさは格別です。そんなこんにゃくの国内有数の生産地である群馬県甘楽郡甘楽町にあるのがこんにゃくパークです。こちらでは板こんにゃくやしらたきなどの製造ラインを見学でき、製造工程ごとに映像でも細部まで説明を聞くことができます。こんにゃくの歴史が学べるパネルの展示もあり、今まで知らなかったこんにゃくの魅力に触れられる場所になっています。

様々なこんにゃく料理が楽しめるバイキングゾーンは、なんと無料!煮物やこんにゃくラーメンなどのおかず系だけでなく、こんにゃく寒天ゼリーを使用したスイーツまで楽しめるので、「こんにゃくは苦手かも…」というお子さまも楽しめますよ。こんにゃくゼリーフルーツ体験やこんにゃくカラーマジック体験などの手作り体験(完全予約制、別途料金が必要)や、お土産コーナー毎日開催されている500円のこんにゃく詰め放題も人気です。

<施設情報>
住所   :甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
営業時間 :平日9:00~16:30(最終受付16:00)
土日祝9:00~17:30(最終入場17:00)
休業日  :年末年始など変動があるためHPをご確認ください
(https://konnyaku-park.com/calendar/)
利用料金 :無料
URL:https://konnyaku-park.com/

自然や立地を生かして、世界・国内でも珍しい施設が多い群馬県。ここでしか味わえない体験や出会いが待っていますよ♪

    ぷぅ
    記事を書いた人 :

    小学校と幼稚園に通う甘えん坊兄弟の育児に奮闘中の30代主婦です。
    家族全員自然が大好きで、役に立つ楽しいお出かけ情報や子育てのあれこれについて
    リアルな声をお届けしていきたいと思います!

  • コメント: 1

関連記事

  1. 【兵庫県版】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  2. ホウ砂を使わずにできるから子どもにも安心!超簡単スライムの作り方

  3. 赤ちゃんの視線も釘付け♡ペットボトルで作る簡単スノードームの作り方

  4. お家遊びにも最適!子どもに大人気な基本のスライムの作り方とコツ

  5. 子どもが喜ぶ工作やいろいろ☆遊びながら発達に繋がる3歳児の家遊び

  6. 簡単手作りおもちゃ☆ペットボトルで作るキャッチボールラケットの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA