【宮崎県】お金のかからない遊び場も。子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

【宮崎県】お金のかからない遊び場も。子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット
※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

宮崎県は、美しいビーチが点在し日本に居ながら南国気分を味わえる場所。県西エリアには日本最南端のスキー場がある一方で、冬でも日照の時間が長く温暖な地域では、さまざまなスポーツのキャンプ地としても有名です。サーフィンなどのマリンスポーツを楽しめる他にも、自然豊かな公園など、お金のかからない子どもとお出かけするのにぴったりな遊び場も沢山あります。今回はそんな宮崎県のおすすめレジャースポットを紹介します。

1.県北エリア

須美江家族旅行村(延岡市)

須美江家族旅行村

須美江家族旅行村は、延岡市の景観の良い海水浴場としても有名な日豊海岸国定公園の須美江海水浴場を中心に大型遊具のある「ビーチの森すみえ」や、ドッグラン、テニスコート、パターゴルフ場、水族館、宿泊施設もある色々な楽しみ方ができるレジャースポットです。須美江海水浴場は、環境省の定める「快水浴場100選」にも選ばれていて、数ある宮崎県内の海水浴場の中でも最も穏やかな海水浴場!小さなお子様でも安心して海水浴を楽しめますよ。お腹がすいたらビーチ沿いの民宿街にあるレストランやカフェが利用できます。

海水浴場から少し離れた場所には、無料で利用できる公園「ビーチの森すみえ」があります。大型の滑り台のある遊具や長いローラー滑り台で遊ぶことができます。消防車や動物の可愛らしいゴーカートもありますよ。ダイナミックに遊びたいお子様には自然の傾斜をいかして作られた、草スキーエリアがおすすめ!芝滑りをしておもいっきり楽しめますよ。「昆虫と貝殻の館」もあり、昆虫の標本もあるので子供も釘付けになること間違いなし!海も近い開放的な場所には約1,200㎡もの広大なドッグランもあります。水分補給や足洗い場も完備されているので、愛犬家の方にも人気!ペットとの楽しい時間を過ごすことができますよ。

エリア内には「すみえファミリー水族館」もあり、規模は小さいですが、延岡の近海に住む魚やヤマメや鮎などの河川や湖沼に生息する生き物が展示されています。釣り人の憧れの日本三大怪魚の1種であるアカメも展示されている珍しい水族館です。海水浴や公園、パターゴルフに水族館など須美江家族村を、しっかり楽しむためには、ケビンと呼ばれる施設やオートキャンプサイトを利用して日を跨いで遊ぶのがおすすめです。大自然の中でゆったりのんびり過ごして家族との時間を楽しみましょう。

<施設情報>
【住所】宮崎県延岡市須美江町1450-2
【電話番号】0982-43-0201
【営業時間】9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休業日】毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
【利用料金】
◎ビーチの森すみえ/
無料
◎すみえファミリー水族館/
 高校生以上300円
小中学生200円
◎ドッグラン/
1頭 300円(2頭目以降は1頭あたり200円プラス)
◎パターゴルフ 1人あたり/
高校生以上 500円
中学生以下 300円
※ケビン、オートキャンプ場は別途料金、予約が必要です。
【駐車場】あり
【URL】http://sunbeach-sumie.com/
◎宿泊施設予約 https://www.nap-camp.com/miyazaki/10480 

高千穂あまてらす鉄道(西臼杵郡高千穂町)

高千穂あまてらす鉄道

高千穂あまてらす鉄道は、2005年の台風被害で廃線となってしまった観光列車の旧高千穂鉄道の鉄道設備を利用して運行している観光施設です。「高千穂駅」から東洋一の眺望と言われた、最高地点105メートルの高さの「高千穂鉄橋」までの5.1キロの区間を30人乗りの「グランドスーパーカート」に乗って絶景の旅を楽しむ事ができます。「グランドスーパーカート」とは、高千穂あまてらす鉄道のオリジナル車両でベンチシート型の座席と、オープンカーの様に屋根のない仕様になった乗物のこと。客車の床の一部は強化ガラスが敷設されているので通過する線路の様子や、高千穂鉄橋の直下の眺めを楽しむ事もできますよ。電車好きの子はもちろん!森林浴をしているかのような緑のトンネル、カラフルなイルミネーションで飾られているトンネルなど移り行く景色を親子で楽しむ事ができますね。

<施設情報>
【住所】宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425-1
【電話番号】0982-72-3216
【営業時間】
◎受付時間9:25~15:25
※事前予約の受付はできません。
◎運行時間9:40~15:40 
1日10便(臨時便を除く。臨時便の運航はホームページをご確認ください。)
【休業日】
毎月第3木曜日メンテナンスの為
休園(ゴールデンウイーク、夏休みは通常運行)
※祝日の場合は別日に振替、雨天の場合は定休日以外でも休業の場合あり
【利用料金】
1名たり 100円(環境整備費として)
◎グランドスーパーカート/
高校生以上1,800円
中学生1,100円
未就学児600円 
◎運転体験/
定期開催時 12,000円
臨時開催時 18,000円 
※普通自動車免許又は自動二輪免許所の保有者で20歳以上が対象、運転免許証持参
【駐車場】あり
【URL】https://amaterasu-railway.jp/

ETOランド 速日の峰(延岡市)

ETOランド 速日の峰

全国で唯一、十二支(干支)の住所表記を持つ延岡市北方町にある「ETOランド(えとらんど)」は、標高868メートルにある自然豊かなレジャー施設です。延岡市街を一望できる展望台、野外ステージやサッカーゴールも設置されている多目的広場、アスレチック、ゴーカート、パターゴルフ場の他、屋内の遊び場もあります。標高の高い展望台からは、運が良ければ神秘的な雲海が楽しめます。雲海を見られる可能性が高いのは梅雨時期や秋ごろの雨上がりの翌朝です。雲海の発生は、様々な気象条件に左右されるので見られた方は本当にラッキー!残念ながら雲海を見ることが出来なくてもETOランドには、どなたでも無料で利用できる施設があるので楽しく過ごすことができますよ。

アスレチック施設には長いローラー滑り台やロープ遊具もあります。ダイナミックに遊びたいお子様には、大人でもスリルを感じてしまうほどの角度のある急降下滑り台がおすすめです!コース内に上り下りの坂もある全長600メートルのゴーカートもあり、小学5年生以上で身長130センチ以上のお子様は1人で運転することができます。小さなお子様は2人乗りのゴーカートを親子で楽しんだり、屋外広場の外周にある電動カートで遊ぶのも楽しいですよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県延岡市北方町早中巳1183番地
【電話番号】982-47-2700
【営業時間】受付時間9:00~17:00
【休業日】毎週火曜日
【利用料金】入園無料
◎ゴーカート/
1人乗り310円
2人乗り520円
◎電動カート/
1回:2分 100円
◎コミックカー/
1回 200円
◎パターゴルフ/
大人(高校上)520円
小人(中学生まで)310円
【駐車場】あり
【URL】https://etoland6.com/ 

牧水公園(日向市)

牧水公園

牧水公園は、自然豊かな宮崎県日向市内にある歌人・若山牧水記念文学館の近くにある大きな公園です。遊具施設の他、テニスコートやキャンプ場、坪谷川を利用した河川プールもある人気の遊び場となっています。公園には、木のぬくもりを感じられる大きな木製の複合遊具やロープジャングルジムなど沢山の種類のアスレチック、幼児さん向けのスプリング遊具があります。

緑の中を滑り降りる長いローラー滑り台は迫力満点で、階段を何度も駆け上がっては滑り降りてくる子も多い誰もが夢中になる大人気の遊具です。ソリを持参すれば草ソリ場でも遊ぶことができますよ。遊具の近くには芝生広場やトイレ、自動販売機もあるのでお弁当を持ってピクニックもおすすめです。夏季限定で解放される河川プールは、駐車場・更衣室・トイレが完備されていて無料でできるのは嬉しいですね。長く滞在したい場合はキャンプ場やコテージを利用してBBQなど楽しむのもいいかもしれません。

<施設情報>
【住所】宮崎県日向市東郷町坪谷1267
【電話番号】0982-69-7720
【営業時間】
常時開放
◎河川プール 9:00~17:00
【休業日】
◎河川プール 夏季限定営業・不定休
※悪天候時など遊泳禁止の場合あり
【利用料金】
無料
◎河川プール 無料
※テニスコート、コテージ・キャンプ場の利用は別途料金
【駐車場】あり
【URL】https://www.hyugacity.jp/sp/display.php?cont=140319134108 

日向サンパーク(日向市)

日向サンパーク

日向サンパークは、2024年拡大リオニューアルした「道の駅日向」に隣接していて、太平洋を一望できる丘の上にある公園です。丘の上には、大きなお子様もしっかり楽しめる20メートルの長さのあるロングスライダーを有する大型の複合遊具や船の形をした遊具、草そり場もあります。新設されたユニバーサルエリアには幼児さんが楽しめる幼児用遊具エリアや、乳幼児さん向けの遊具のある「すくすくランド」が登場!こちらはフェンスで囲まれているので小さなお子様でも安心して遊ぶ事ができますよ。

近隣には、グラウンドゴルフ場やテニスコート、フクトが浦の海岸に降りられる遊歩道もあるので、公園で遊ぶ以外にも親子で色々な過ごし方が楽しめますよ。また、道の駅日向には新鮮な海産物やお肉、野菜などの食材も販売しているので日向サンパークオートキャンプ場を予約して夜は家族みんなでBBQを楽しむのもいいですね。キャンプサイトの他にも小さなお子様連れでも利用しやすいお風呂・トイレ・冷暖房完備のコテージもありますよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県日向市幸脇303-5
【電話番号】0982-58-1155
【営業時間】
◎公園 常時開放
◎グランドゴルフ.テニスコート
9:00~21:00 ※テニスコートは要予約
◎オートキャンプ場管理事務所
8:30~17:30 
※オートキャンプ場.コテージ.ログハウスは要予約
【休業日】
◎グランドゴルフ.テニスコート
8/8.8/9.12/31~1/2
◎オートキャンプ場
年中無休(8/8.8/9は休業) 
【利用料金】
◎公園/
無料
◎グランドゴルフ
管理事務所の受付にて記名後、プレーしてください。
グランドゴルフクラブ貸し出し/50円(ボールは無料)
◎テニスコート 1コート 1時間/
児童生徒330円
一般440円
1コート 昼間(9:00~17:00)/
児童生徒1,870円
一般2,750円
照明使用料 1コート 1時間/
550円
壁打ち/
無料
(管理事務所の使用予定表の黒板に記名後、ご利用ください)
テニスラケットの貸し出し/
100円(ボールは無料)
◎オートキャンプ場 別途料金
【駐車場】あり
【URL】https://hyugasunpark.wixsite.com/sunpark/home 

◎オートキャンプ場予約サイト https://www.nap-camp.com/miyazaki/10524

川島ふれあい公園(延岡市)

川島ふれあい公園

川島ふれあい公園は、宮崎県延岡市内に2021年にオープンした新しい遊び場です。公園には、多目的広場の他に、沢山の遊具施設のある芝生広場があります。遊具施設は、児童向け、幼児向け、乳幼児向けと年齢別に分かれているのが魅力!風車小屋をイメージした児童向けの大型遊具には、チューブスライダーと呼ばれるトンネルのような筒形の滑り台などがあるのでドキドキワクワク感が楽しめます。滑り台の他にも大型遊具には、登り棒やロープなどのウォールクライミングなどの全身を使って遊べる仕掛けが沢山ありますよ。お花の装飾も可愛いらしいカラフルな幼児さん向けの遊具には、トンネルの一部が透明になっている滑り台など7種類もの滑り台があるのでいろいろな楽しみ方ができそうです。

乳幼児さん向けの遊具広場には、クジラやカニなどの海の生き物の形の遊具が沢山あります。乳幼児さん向けの広場は、柵で囲われていて日よけタープも設置されているので小さなお子様連れでも安心して遊ぶ事ができますね。

<施設情報>
【住所】宮崎県延岡市川島町1244-1
【電話番号】0982-33-1869 (クリーンセンター清掃工場)
【営業時間】8:30~17:00
【休業日】12/29~1/3 
【利用料金】無料(占有利用の場合は申込みと、使用料が必要となります)
【駐車場】あり
【URL】https://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/soshiki/26/6765.html 

2.県央エリア

宮崎市フェニックス自然動物園(宮崎市)

宮崎市フェニックス自然動物園

宮崎市フェニックス自然動物園は、昭和46年開園で50年以上の歴史がある動物園です。太平洋を望む約13万平方メートルの敷地内は、「動物展示ゾーン」と「遊園地ゾーン」に分かれています。「動物展示ゾーン」では、約90種1,200点の動物たちが飼育されています。展示されている動物たちを見ているだけでも楽しいですが、園内では動物を身近に感じられるイベントが多数開催されているので時間を合わせて参加してみるのも楽しいですよ。その中でも、アジアゾウ展示場からゾウさん広場までの約100メートルの距離を一緒に歩く「ゾウさんとお散歩」が人気。ゾウさんに手が届くぐらいの近距離で一緒にお散歩した後は、無料で記念写真も撮ることができますよ。

さらに有料のイベントになりますが、写真撮影終了後には1人で階段の昇り降りのできる小学3年生までのお子様限定でゾウさんの背中に乗る体験もできます。「遊園地ゾーン」には、11種類の遊具があり、たっぷり楽しみたいお子様には乗り放題のチケットがおすすめです。夏季には、遊園地ゾーン内の「流れるプール」の営業もあります。ウォータースライダーが3基もあり、こどもプールと幼児さん向けのプールもあるので安心して遊ぶ事ができます。プールエリア内に軽食を販売している売店もあるので1日過ごすことができますよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県宮崎市大字塩路字浜山3083-42
【電話番号】0985-39-1306
【営業時間】
9:00~17:00(入場は16:30まで)
◎プール
10:00~16:30
【休業日】
毎週水曜日(春休み・夏休み・冬休み期間は開園、HPをご確認ください)
12/31
【利用料金】
入園料/
大人(高校生以上)840円
中学生420円
小学生310円
未就学児 無料
年間パスポート/
大人(高校生以上)2,090円
こども(小中学生)1,040円
未就学児 無料
◎現在妊娠中で親子(母子)健康手帳の提示で、本人のみ入園無料
◎こどもの日、敬老の日など入園無料(詳細はHPをご確認ください)
◎遊園地
乗り物によって異なる
各1回/300円~400円
乗り放題チケット 毎日/
1,500円(7機種乗り放題)
日曜日・祝日/
2,000円(全11機種乗り放題)
【駐車場】
あり(有料)
時間制限なし(18:00~翌日の開園までは閉鎖)
駐車料金/
乗用車400円
マイクロバス600円
大型バス1,000円
【URL】http://www.miyazaki-city-zoo.jp/

こどものくに(宮崎市)

こどものくにこどものくにこどものくに

こどものくには、宮崎インターや宮崎空港から車で15分。電車ではJR「こどもの国駅」、バスも「こどものくにバス停」があり。交通アクセスのいい場所にあるレジャー施設です。開園75周年記念企画で新たに開設されたアドベンチャーランド。ここには木のぬくもりを感じられる、杉の木で作られた5種類の木製遊具やスリル満点の長い滑り台もあります。広い芝生広場でボール遊びもおすすめです!また園内のローズガーデンでは、春には100種を超えるバラが咲き誇り「バラまつり」開催されます。バラ以外にも、紫陽花や椿など四季の移ろいを感じられるのもローズガーデンの魅力の1つです。

園内には知福川が流れていて、様々なアクティビティ体験が可能!隣接するANAホリディ・インリゾート宮崎で事前予約制となりますが、カヌー、SUPなどの体験ができます。清流を旅するカヌーでは、自然を満喫できる川エビ取りやターザン体験をすることもできますよ!カヌーは、目線が低く川面が近いので下を覗けば小さな魚が泳いでいる姿を見つけられます。スタッフさんが同行してくれるので、カヌー初心者さんもお子様連れでも安心して楽しめますよ。美しい景色や広々とした緑地をいかし、2024年春には、AOSHIMA PICNIC CLUBとしてリニューアルも予定されています。

<施設情報>
【住所】宮崎県宮崎市青島1-1-1
【電話番号】0985-65-1111 
【営業時間】9:00~17:00 
【休業日】年中無休(イベント開催時は変更の場合あり)
【利用料金】入園無料(イベント開催時は変更の場合あり)
◎各種アクティビティは別途料金、申し込みが必要です。
https://www.anahirmiyazaki.com/activity/ 
【駐車場】あり(イベント開催時は変更の場合あり)
【URL】https://www.kodomo-no-kuni.com/
https://aoshimapicnicclub.com/ (AOSHIMA PICNIC CLUB)

宮崎市清武総合運動公園(宮崎市)

宮崎市清武総合運動公園

宮崎市清武総合運動公園は、野球場・テニスコート・多目的広場グランドなどを有する大きな施設です。運動施設の中でも「SOKKENスタジアム」は、プロ野球チームのオリックスバファローズが春季キャンプを行う事でも有名です。園内の奥には無料で遊べる「ふれあい広場」と「わくわく広場」があります。ふれあい広場には、赤や黄色のトンガリ帽子が目印の大きなコンビネーション遊具があります。ローラー滑り台、トンネルのようなチューブ滑り台、お隣同士2人並んで滑れる滑り台、ロープでできたつり橋遊具、ターザンロープなど子供さんが楽しめる遊具がたくさんあります。

ちいさなお子様向けの遊具や砂場もあり、汚れてしまっても手や足を洗える水場も近く、休憩できるベンチも遊具の周りに沢山あるのも嬉しいポイントです。コンビネーション遊具から少し離れた、ふれあい広場が見渡せる小高い場所には大きいお子さんにおすすめの草スキー場もありますよ。わくわく広場には、ストレッチなどのできる健康遊具の他に、メダカが泳ぐ小さな小川も流れています。たくさん遊んだあとは、休憩がてらメダカ探しをしてみては?春には桜が咲く遊歩道もあり、芝生広場にテントをしいて家族やお友達とピクニック気分で自然を感じられるのもいいですね。駐車場は沢山ありますが、遊具施設の利用には第4駐車場が近くて便利ですよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県清武町今泉甲530番地
【電話番号】0985-85-1148
【営業時間】8:30~22:00
【休業日】
12/29~1/3 
※第1テニスコートは12/29~1/3、及び1/21~3/10
【利用料金】
◎ふれあい広場・わくわく広場/
無料
◎多目的グランド、多目的広場、野球場等のスポーツ施設は別途料金、申し込みが必要です。
【駐車場】あり
【URL】https://www.kiyotake-park.jp/

宮崎県立平和台公園(宮崎市)

宮崎県立平和台公園
宮崎県立平和台公園は、宮崎市街を一望できる丘陵地にある都市公園です。昭和15年につくられた平和の塔を中心に大型遊具や健康遊具のある広場や野球場、綺麗に整備されたウォーキングコースもあります。スリリング城・クライムウォール・フライングレジャーなど、アスレチック広場には沢山の遊具が揃っています。小さなお子様向けの、ちびっこ広場もありますよ。アスレチック広場の近くには、全長32メートルの大きな人工草スキー場もあります。こちらは、小学生未満の小さなお子様は利用できません。

小学生以上のお子さんがご利用の際は、ソリの設置はされていないのでプラスチック製のソリを持参して楽しんでくださいね。アスレチック広場、ちびっこ広場の利用には第3駐車場がおすすめです。アスレチック広場から平和の塔を目指して歩いていく途中には、重要文化財の「舟形はにわ」など約400基のはにわが設置されている「はにわ園」もあります。1つ1つ表情の違うはにわに癒されますよ。その他にも自然いっぱいの園内では、桜に紫陽花、山茶花など季節ごとに変わりゆく花々を愛でることができます。また今ではなかなか見る機会の少ないホタルの鑑賞会や、寄せ植えなどのイベントも開催されていますよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県宮崎市下北方町越ケ迫6146
【電話番号】0985-35-3181
【営業時間】
常時開放(駐車場は施錠される時間帯もあります)
◎人口草スキー場
9:00~17:00
◎はにわ館
9:00~16:00
【休業日】
年中無休
◎はにわ館
月曜日、火曜日定休
【利用料金】
無料
◎はにわ館(無料)
※製作体験等、イベントによっては参加費の必要な場合があります。
【駐車場】あり
(第1駐車場5:00~22:00、第2駐車場8:30~17:00、第3駐車場5:00~20:00、第4駐車場 年中開放)
【URL】https://h.park-miyazaki.jp/ 
【Instagram】https://instagram.com/heiwadaipark?igshid=MzRlODBiNWFlZA== 

阿波岐原森林公園 市民の森(宮崎市)

阿波岐原森林公園 市民の森阿波岐原森林公園 市民の森

阿波岐原森林公園市民の森は、梅・椿・花菖蒲など季節の花々を楽しめる場所や運動広場、ちびっこ広場など無料で遊べる場所がたくさんある公園です。園内は東園と西園に分かれていて、お子さまが遊びやすい「ちびっこ広場」や「ぼうけん広場」は東園にあります。ぼうけん広場にある赤いトンガリ屋根が特徴の複合遊具は、2017年に新設されました。トンネルのような筒形のチューブ滑り台やうんてい、全身を使って遊べるボルダリングのような遊具やロープ遊具など色々な遊びを楽しむことができます。

園内には、飲み物やソフトクリーム、軽食などを販売している売店もあり休憩所や、ぼうけん広場の横にある芝生広場の木陰でお弁当を広げて休憩することもできますよ。その他にも、無料で利用できる貸し自転車のサービスは、補助輪付きの自転車もあるので親子でサイクリングや自転車の練習をするのもおすすめですよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県宮崎市阿波岐原町産母128
【電話番号】0985-39-7308
【営業時間】
年中無休
◎森のパークショップ/
10:00~16:00(軽食のオーダーストップ15:30)
◎自転車の貸出/
9:30~16:30(使用時間1時間以内)
【休業日】
年中無休
◎森のパークショップ/
月・火曜日(祝日の場合は営業)、年末年始
【利用料金】なし
【駐車場】あり
【URL】https://mppf.or.jp/shimin/ 

宮崎県農業科学公園 ルピナスパーク(児湯郡高鍋町)

宮崎県農業科学公園 ルピナスパーク宮崎県農業科学公園 ルピナスパーク

ルピナスパークは、宮崎県農業大学校の近くにある自然や農業をテーマにした公園です。園内は、宮崎県の農業について学ぶことのできる農業科学館のある「わくわくゾーン」、食育体験のできる、ふれあい体験館や遊具のある「ふれあいゾーン」、夏季には水遊びのできるウォーターランドがオープンする3ヘクタールもの広場のある「のびのびゾーン」、桜の並木など四季折々の草花が咲き誇る「いこいのゾーン」の4つのエリアに分かれています。北駐車場からすぐの「ふれあい体験館」では、そば打ちや米粉パン作りなどの食育体験ができます。体験ができるのは、小学校低学年のお子様から大人まで。事前申し込み制となっていますのでご注意下さい。

お弁当を持参して、ピクニックなどにも最適の芝生広場の奥には、ローラー滑り台やトンネルのようなチューブ滑り台のある木製のコンビネーション遊具があります。ロープでできたつり橋や壁登り、ターザンロープではダイナミックに遊ぶ事ができますよ。農業科学館の中には、見る機会の少ない沢山の農機具も展示されています。小学校高学年のお子様には社会の勉強にもなりますね。春から秋にかけては、いちご・ぶどう・かぼちゃ・さつまいもなどの収穫体験も出来ますよ!

<施設情報>
【住所】宮崎県児湯郡高鍋町大字持田5732
【電話番号】0983-22-4000
【営業時間】
9:30~17:00(17:00に駐車場も閉鎖)
◎農業科学館 9:30~16:30
◎ふれあい体験館 9:30~16:00
◎ウォーターランド 9:30~16:30頃まで
【休業日】
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/29~1/3)
◎ウォーターランドの利用期間
4/29頃から9月中旬ごろまで
【利用料金】
無料
◎食育体験、収穫体験
別途参加費がかかります。
◎ウォーターランド
無料
【駐車場】あり
【URL】https://lupinus-p.jp/m_park/ 

3.県西エリア

のじりこぴあ(小林市)

のじりこぴあ

のじりこぴあは、1992年に旧野尻町の地域振興政策で造られたカエルが目印の総合レジャー施設です。思いっきり身体を動かして遊べる遊具のエリア、歴史民族資料館、パターゴルフ場、卓球場、プールもあり子供から大人まで楽しめます。遊具エリアには、どなたでも無料で利用できるネット遊具やローラー滑り台などのコンビネーション遊具があります。子供達に人気なのは「こども列車」です。線路が敷かれていてルートの途中には本格的な踏切もあり、踏切の音が流れると子どもたちはドキドキ。特に鉄道好きの子にはたまらないですね!

その他にも免許証がなくても運転できるスキッドレーシングがおすすめです。最大4台で走行可能なので親子やお友達とレースを楽しめます!スキッドレーシングには身長制限があるので、小さなお子様には電動のバッテリーカーがおすすめです。キャラクターや働く自動車、可愛い動物など種類も沢山ありますよ。また夏季限定の営業になりますが、自然の湧水を利用しているプールはとても冷たくて気持ちいいですよ。大小2基のウォータースライダーもあり、深さ違う大プール、小プール、幼児さん向けの浅いプールもあるので安心して遊べますね。

<施設情報>
【住所】宮崎県小林市野尻町東麓5160番地
【電話番号】0984-44-3000
【営業時間】
(平日)10:00~17:00
(土日祝日)9:00~17:00
【休業日】毎月第1水曜日(祝日の場合は翌日)
【利用料金】
◎入園無料
◎湧水プール【利用料金】/
大人(高校生以上)500円
小学生・中学生300円
幼児(3歳以上)200円
幼児(3歳未満)無料、
見学(プールサイド)200円
【駐車場】あり(無料)
【URL】https://nojiri-kopia.com/ 

高千穂牧場(都城市)

高千穂牧場

高千穂牧場は、宮崎県から鹿児島県に広がる霧島連山の麓にあります。大自然の中で育った牛や馬、牧場の見学や羊たちとのふれあい体験、牧場ならではの手作り体験も楽しめる観光牧場となっています。とても広い施設なので、どこから行くか迷ってしまったら、まずは牛舎にいってみましょう。牛といえば白と黒の毛色のホルスタイン牛がお馴染みですが高千穂牧場では、ホルスタイン牛の他に、ジャージー牛・ガーンジー牛の3種類の乳牛が飼育されています。

牛舎では、搾乳機による乳しぼりの様子を見学することができます。見学だけでなく、日曜日と祝日は先着30名限定となりますが実際に乳牛に触って乳しぼり体験をすることもできますよ。すぐ近くに牛乳の製造工場もあるので、搾乳後の生乳がご家庭や給食で飲んでいる牛乳になるまで、どのような工程で作られているのか知ることもできます。その他にも事前予約が必要になりますが、アイスクリーム作りやソーセージの腸詰めもできる手作り体験に参加することも出来ます。また牧場内の動物たちのフンなどを発酵分解してメタンガスや液体燃料をつくる、西日本では初の施設となるバイオガスプラントもあります。こちらで作られたメタンガスで牧場内の電力の一部を賄っています。資源リサイクルやSDGsについても学ぶことができますね。

<施設情報>
【住所】宮崎県都城市吉之元町5265番地103
【電話番号】0986-33-2102
【営業時間】
(4月~10月) 9:00~17:30 
(11月~3月) 9:00~17:00
【休業日】あり(ホームページにてご確認ください)
【利用料金】
◎入場料 無料
◎乗馬体験、手作り体験は別途
【駐車場】あり(無料)
【URL】https://www.takachiho-bokujou.co.jp/ 

永山運動公園(えびの市)

永山運動公園

永山運動公園は、九州自動車道えびのインターから車で2分ほどのアクセスしやすい場所にあります。川内川と長江川の中州にあたる場所にあり、サッカーコート2面分の芝生広場、照明設備もあるテニスコート、ゴムチップで舗装された身体に優しいランニングコースもある運動公園です。公園内の複合遊具は2021年にリニューアルしたばかり!複合遊具には、トンネルをぐるぐるとらせん状に滑り降りていくチューブ滑り台、4人ほどで滑り降りることのできるワイドサイズの滑り台、ローラー滑り台にボルダリングなどお子様が喜ぶ仕掛けが沢山あります。その他にも上まで登る競争をしたくなるようなピラミッド型をしたロープジャングルジム、草ソリ場やターザンロープもあり全身を使って遊ぶ事ができます。大型遊具から少し離れた場所には、キリンやライオン、ミツバチなどの動物や昆虫をモチーフにした幼児さん向けの可愛らしい遊具や砂場もありますよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県えびの市大字永山785
【電話番号】0984-35-0953
【営業時間】8:30~22:00
【休業日】12/29~1/4
【利用料金】
無料
◎テニスコート 1時間当たり/
高校生以下110円
大学生・一般230円
電気料230円
※多目的広場の利用は事前予約
【駐車場】あり
【URL】https://ebinosportstourism.wixsite.com/estpc/about-1-cdwj

観音池公園(都城市)

観音池公園

観音池公園は宮崎自動車道の都城インターから車で10分ほどの場所にある、東京ドーム約13個分の広大な敷地にあるレジャー施設。観覧車や草ソリ場などの有料遊具、プール、温泉施設「観音さくらの里」、バンガローやキャンプ場などの宿泊施設もあります。春には満開の桜が山を彩り、桜の名所としても有名です。どなたでも無料で遊べる公園には、カラフルな色合いの大型の複合遊具があります。長いローラー滑り台やロープでできたトンネルを登る遊具など、たっぷり身体を動かして遊ぶ事ができますよ。小さなお子様向けの複合遊具もあります。

遊具のある場所から少し離れた場所になりますが、リフトに乗って丘の上まで上がると都城市街や霧島連山が見渡せる展望台があります。展望台のすぐ近くから全長720メートルを滑り降りるスライダーは大人も子供も楽しめるアクティビティです!観音池公園は、夏にはプールの営業もあり、宮崎県で唯一の観覧車もあるので、そちらもおすすめです。公園のあとは、観音さくらの里の温泉プールで遊んで、温泉施設で汗を流して夜はキャンプを楽しむ事もできます。家族やお友達と色々な過ごし方ができる公園ですね。 

<施設情報>
【住所】宮崎県都城市高城町4195番地
【電話番号】0986-58-6139
◎観音さくらの里 0986-29-2100
◎宿泊施設のご予約・お問合せ 0986-58-6139
【営業時間】
◎有料遊具
10:00~17:00(遊具ごとに受付終了時間あり)
◎子ども村プール
9:00~17:00(入場受付は16:00)※夏季のみ限定営業 
◎観音さくらの里
【温泉】7:00~21:00(最終受付20:00)
【プール】9:00~21:00(最終受付20:00)
【休業日】
◎有料遊具
土日・祝日・お盆・正月のみ営業(雨天時休業)
◎観音さくらの里
水曜日(祝日、シーズン中は変動あり)
【利用料金】
◎スライダー1回(リフト代込み)/
大人(中学生以上)420円
子ども310円
2人乗り(親・幼児)520円
◎観覧車1人1回/
210円(定員4名)
◎グラススキー2時間(リフト代・ブーツ・ストックレンタル代込み)/
大人(中学生以上)1,570円
子ども1,050円
◎子ども村プール/
一般(高校生以上)310円
小中学生210円
未就学児100円
◎観音さくらの里【温泉】1回/
大人(中学生以上)420円
小人(小学生)210円
◎温泉1日/
大人(中学生以上)630円
小人(小学生)310円
◎プール/
大人(中学生以上)420円
小人(小学生)210円
◎温泉・プール共通利用1回/
大人(中学生以上)630円
小人(小学生)310円
      
※キャンプ場、バンガローは別途料金、予約が必要です。
【駐車場】あり
【URL】
https://miyakonojo-bonchi.com/kannonike-park/ 
◎宿泊Web予約サイトhttps://isiyama4195.yado6.net/book/ 

小林総合運動公園(小林市)

小林総合運動公園小林総合運動公園

小林総合運動公園は、小林市内の市街地を一望できる丘陵地にあります。陸上競技場・野球場・テニスコート・プールの他に公園中央の芝生広場があり、芝生広場内にはどなたでも利用できる「中央広場」があります。中央広場には、2024年にリニューアルされた複合遊具があり小林市のシンボルのコスモス・もみの木・蛍が取り入れられていて、小林市のイメージキャラクターの「こすモ〜」も描かれています。中央にもみの木が植えられているかのような児童向けの複合遊具には、ロープの吊り橋になっているような箇所や種類の違う滑り台がいくつもあっておもしろいですよ。

またその隣には、大きなコスモスが咲いているかのような幼児さん向けの複合遊具もあります。近くに遊び方の書かれたイラスト付きの案内板もあるので、分かりやすくて親子で安全に利用できますね。その他にも4月〜11月ごろまでは水遊びができる水遊び場も開放されます。小林総合運動公園内には、屋内の温水プールとウォータースライダーもある屋外プールもあるので夏のお出かけにおすすめですよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県小林市南西方2087
【電話番号】0984-24-0556
【利用料金】無料
◎プール 大人419円
小中学生・高校生210円
未就学児105円
※スポーツ施設は別途料金、予約が必要です。
【駐車場】あり  
※22:30~翌朝5:00まで駐車場入口は施錠されます。
【URL】https://www.city.kobayashi.lg.jp/soshikikarasagasu/kyoikubusportsshinkoka/sports/1/1716.html

4.県南エリア

志布志湾大黒イルカランド(串間市)

志布志湾大黒イルカランド

宮崎県の南端、鹿児島県との県境に位置するイルカランド。志布志湾を臨むイルカショープールは開放感があります。観客参加型のイルカショーは迫力満点で盛り上がること間違いなし。イルカショーで盛り上がったあとは、ショーでも活躍するイルカ達と握手をしたりタッチをしたり、イルカの背びれにつかまって一緒に泳ぐふれあい体験もできますよ。小さなお子様には、タッチプールでタコや伊勢海老、ヒトデなどのふれあい体験、ペンギンやウミガメの餌やり体験もおすすめです。園内の海辺には、天然の磯遊び体験や釣り堀もあり、釣り堀でつり上げたお魚は園内の食事処で調理してもらえますよ。また、志布志湾で水揚げされた新鮮な魚介類が並ぶ「海鮮市場」と、海の見える「お食事処夕陽」は無料エリアでどなたでもご利用できます。

<施設情報>
【住所】宮崎県串間市大字高松1481-3
【電話番号】0987-27-3939
【営業時間】
9:30~18:30(夏季)
10:00~17:00(冬季10月~3月)
【休業日】あり(ホームページでご確認ください)
【利用料金】
◎入園料金/
大人(高校生以上)1,500円
小中学生 1,000円
幼児(未就学児)700円
幼児(2歳以下)無料
※大人1人の有料入場につき2名まで無料
◎お得な年間パスポート有
※イルカにタッチなどのふれあい体験は別途料金が必要
【駐車場】あり(無料)
【URL】http://www.irukaland.com/index.html 

谷釣り堀(日南市)

谷釣り堀

谷釣り堀は、開業から60年以上続く長く愛されている釣り堀です。小学生の頃からの常連さんが大人になって家庭を持ち、今度は自分の子どもをつれて来店するような場所。バラエティ番組などで、モリ突きや魚釣りを見て「魚釣りしたい!」なんて子供さんの願いを叶えてあげたいけど釣り道具を揃えるのは大変ですよね。谷釣り堀さんのご利用は、釣り道具を持っていなくても手ぶらで来店すれば大丈夫ですよ。料金を支払い竹竿とエサを受け取ったら、釣りスタート。釣り堀には大小さまざまな大きさの鯉が泳いでいます。釣りあげた鯉を持ち帰るのではなく、1時間の間に釣り上げた鯉の重さによってお菓子などと交換するシステムです。エサに鯉が食いついた時の竿の感覚、「釣り上げて嬉しかった!」「魚がビチビチ動いて怖い!」など実際に体験したことは忘れられない思い出になりますね。なかなか魚がかからなくて待っている時間に他の人が釣り上げている様子を見るのもワクワクして楽しく過ごせますよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県日南市大字平野4268-1
【電話番号】0987-24-0497
【営業時間】9:00~17:00
【休業日】
月曜日~金曜日 (1月、2月は冬季休業)
※土曜日、日曜日、祝日のみ営業
【利用料金】
男性(大人・高校生)500円
男性(中学生)400円
女性(大人)300円
小学生300円
【駐車場】あり
【URL】http://www.btvm.ne.jp/~tani-tsuribori/

日南総合運動公園(日南市)

日南総合運動公園日南総合運動公園

日南総合運動公園は、東九州自動車道の日南東郷IC近くにある総合運動公園。施設内には、体育館・野球場・陸上競技場・テニスコート・芝生広場などの運動施設がたくさんあります。野球場は、プロ野球チームの広島東洋カープ、陸上競技場はサッカーJリーグの湘南ベルマーレや横浜FC などプロスポーツチームも利用する運動施設です。広い総合運動公園内の中でも、子供たちが楽しめる「わんぱく広場」はヤシの木に囲まれていて、南国ムード満点!「わんぱく広場」には、トンネル型のチューブ滑り台もある木製の複合遊具の他、ブランコ、ターザンロープ、砂場もあります。複合遊具には、日南の景色を見渡せる見晴らし台があり、ロープやはしごをよじ登って頂上をめざします。

小さなお子様も安心して遊べる、大人の目線ほどの高さの幼児さん向けの複合遊具もありますよ。わんぱく広場の周りには休憩のできる東屋や芝生広場の木陰も多いのでお弁当をもってピクニックもおすすめです。夏季限定ですが、わんぱく広場の隣には、流れるプールやウォータースライダーもある遊泳プールがオープンしますよ。

<施設情報>
【住所】宮崎県日南市大字殿所2200
【電話番号】0987-22-5050
【営業時間】
わんぱく広場は24時間利用可能
◎遊泳プール 9:30~16:30(夏季のみ営業)
※スポーツ施設は施設ごとに利用可能時間が設定されています。
【利用料金】無料
◎遊泳プール
大人520円
小中学生360円
幼児210円
※スポーツ施設の利用は別途料金、申し込みが必要です。
【駐車場】あり
【URL】
https://www.city.nichinan.lg.jp/main/study/sport-list/facilities/page000817.html 
https://www.nichinan-taiiku.jp/index.php
◎遊泳プールhttps://www.city.nichinan.lg.jp/main/study/sport-list/facilities/page001156.html

サンメッセ日南(日南市)

サンメッセ日南

サンメッセ日南は、日南海岸を臨む高台にあり、サンメッセ日南と言えば「モアイ像!」と誰もが答えるほど有名な場所です。世界遺産の保護に貢献した功績を称えて、世界で唯一イースター島の特別許可を得て作られたモアイ像の復刻版のアフ・アキビ7体が建立されています。南国ムード漂う日南海岸と彩り豊かな花々もあり、イースター島にいるかのような気分になれますよ。高さが4メートル以上ある7体のモアイ像には、それぞれ仕事運・健康運・学力アップ・恋愛運など、ご利益があると言われていて開運スポットにもなっています。

7体のモアイ像以外にも園内には、地上絵や今井祝雄教授が手掛けた作品も展示されています。また日南海岸とモアイ像が眺められる場所にある「空飛ぶブランコ」に乗って海に吸い込まれていくような感覚を体験してくださいね。センタープラザには、サンメッセ日南を知ることのできる記念館や、イースター島のモアイ像・サンメッセ日南のモアイ像についての資料展示もされています。お腹がすいたら、太平洋が一望できるレストランでのお食事もおすすめです。施設全体が小高い丘の傾斜を利用して作られているので、お子様連れでの園内の移動は5人まで乗車できる便利なラウンドカーをご利用ください。

<施設情報>
【住所】宮崎県日南市大字宮浦2650
【電話番号】0987-29-1900
【営業時間】9:30~17:00
【休業日】毎週水曜日(年末年始・ゴールデンウイーク・お盆・祝祭日は通常営業)
【利用料金】
入園料金/
大人1,000円
中高校生700円
4歳以上500円
◎カート料金30分コース/
1,000円(1台5人乗り)
【駐車場】あり
【URL】https://www.sun-messe.co.jp/ 

自然豊かな宮崎県では、マリンアクティビティ以外にも、お子様連れで1日遊べる公園などが沢山ありますね。公園によって遊具も様々なので沢山お出かけしてお気に入りの遊び場を見つけてくださいね!

最終更新日 2024年2月19日

    maru
    記事を書いた人 :

    3人の子供の母です。
    子育ても十人十色。兄弟と言っても、子供それぞれに個性があります。
    自分自身の体験から知っていて良かった事、困った事、
    工夫した事などを記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 子どもも喜ぶ自分だけの秘密基地♡新聞紙でできちゃうテントの作り方

  2. 手を汚さずに遊べる♡手につかない伸びるクリアスライムの作り方

  3. 【愛媛県版】お金のかからない遊び場も。子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  4. 【奈良県版】お金のかからない遊び場も♡こどもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  5. 【山口県】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  6. 【鹿児島県版】雨の日でも平気。子どもとお出かけ・九州のおすすめ室内レジャースポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA