うちわにしてもかわいい♡水性ペンを使わない簡単なにじみ絵のやり方

「書いた字が滲んでしまった!」なんて経験、誰しもありますよね。でもそんなにじみも絵画の技法の一つ。にじみを利用してとても素敵な模様を作ることができるんです。背景としても使えるし、お絵描きの模様としても使えます。できあがったにじみを利用して、うちわやペン立てに加工してもかわいいですよ。お子さんの夏休みの作品にも使えそうですね。今回は、水性ペンを使わない簡単なにじみ絵のやり方を紹介します。

1.必要な材料

  • 画用紙
  • 絵の具
  • 新聞紙

2.画用紙を濡らす

  1. 事前準備として、机に新聞を引いておきましょう。にじみを一部分にのみ使用する場合は、先に絵を描いておく、またはうっすらとラインを引いて囲っておくといいですよ。

  2. 画用紙を水で濡らしていきます。全体に背景としてにじみを使用する場合は、画用紙をそのまま水に浸します。部分的ににじみを使用する場合は、筆に水を取ってにじませたい部分を濡らしていきます。

3.筆で絵の具を落とす

絵の具を筆に取り、にじませた部分にのせるようにして筆をおきます。筆をのせるとすぐににじみ始めます。にじみ具合を見ながら、ゆっくりと進めましょう。

4.乾かす

出来上がった絵を乾かしたら完成です。にじみを土台としてお絵描きをしましょう。

5.水性ペンを使ったにじみ絵

水性ペンで書いた絵ににじみを施す場合は、霧吹きを使いましょう。描いた絵に霧吹きをさっとかけるだけで簡単にできますよ。習字紙やコーヒーフィルターを利用すると、きれいににじみが出ますよ。


和紙などににじみを作り、牛乳パックに貼り付けたらペン立てに・・・包装紙代わりにもなりますよ☆お子さんと楽しんでみて下さいね。

最終更新日 2022年4月11日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. もちもちふわふわ♡手触りが最高に気持ちいい紙粘土スライムの作り方

  2. 大人から子どもへ伝承したい昔遊び7選☆自粛中のお家遊びにもおすすめ

  3. お出かけやお風呂にも♡小さなお子様のお絵描きに役立つ便利グッズまとめ

  4. 憂鬱な雨の日の家での過ごし方☆子どもが喜ぶおすすめのおうち遊び

  5. しゅわしゅわな感触が面白い♡音がなる炭酸スライムの作り方

  6. 【石川県版】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・北陸のおすすめレジャースポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA