骨盤矯正はいつから?帝王切開の場合は?産後の骨盤矯正のいろいろ

産後に気になるのが骨盤矯正。やっておいた方がいいとは分かっていながら今までできず、やっぱりちゃんとしておけば良かったと後悔されているママが多数ではないでしょうか?

どちらにしてもまずは知っておくことが大切。そこで今回は産後の骨盤矯正をまとめてみました。いつからやればいいのか、帝王切開の場合は?など、気になる疑問を調べてみましたので参考にして下さい。

1.産後の骨盤

妊娠した女性の身体は、お腹が大きくなるにつれ負担も大きくなります。妊娠した時点からお産への準備が始まり、骨盤も緩くなっていきます。

赤ちゃんが育てば育つほど背中や腰への負荷もかかり、出産時には赤ちゃんが骨盤を広げるようにして出てきます。緩んだ状態での産後、育児のために腰を曲げたり、中腰になることもしばしば・・・。

出産、育児での骨盤の緩みや歪みは避けられないのですが、しっかりと締めて戻しておかないとこの後様々な面で支障をきたすことになるのです。

2.骨盤が歪んでいることで起こるトラブル

骨盤が歪んだ状態であると様々なマイナートラブルに襲われます。

  • 肩こり、首痛
  • 腰痛
  • 股関節痛、膝関節痛
  • 尿漏れ
  • 冷え性
  • お腹が引っ込まない
  • 痩せにくい、太りやすい
  • 生理痛がひどい

など

3.骨盤矯正のタイミング

骨盤矯正を始めるタイミングについて気になる方は多いと思います。目安としては、後陣痛や悪露の落ち着いた2か月ぐらいからと言われていますが、十人十色と言われるように人の体はそれぞれ違います。

2か月経っても不調が続いたり、悪露が続く方もみえます。産後落ち着いてから、通院する方はその先の先生とも相談しながら進めましょう。

また、産後半年ぐらいたつと固まり始めてしまいます。そうなってくると治すのにも時間がかかるので気を付けましょう。

4.骨盤矯正の方法

整骨院や整体院に通う

確実に矯正していくには、やはり専門的な知識を持った専門医に相談するのが一番です。1回ではよくならないので定期的に複数回通うことになります。

ただ、通うにはそれなりの費用がかかりますし、施術中のお子さんのお世話問題も出てくるので、通えなかったママも多いのではないでしょうか?

ヨガ・ストレッチ

整体に通いたくても通えないママも多いはず・・・そんな時は、お家でも手軽にできるヨガやストレッチをしてみるのもいいでしょう。産後の骨盤矯正に効果的なヨガやストレッチもたくさんあります。お家で隙間時間に手軽にできますよ。

やり方を間違ってしまうと、せっかくのヨガやストレッチも身体に逆効果を与えてしまいます。正しい姿勢・正しいやり方が必須です。

骨盤矯正グッズ

産後の育児は毎日時間との闘い。ゆっくりとヨガやストレッチをする時間が取れないことも・・・。そんな方は骨盤矯正グッズを使用するのもオススメです。探してみると骨盤矯正ベルトをはじめ、いろいろな骨盤矯正グッズが見つかります。ベルトやガードルなら日頃から身に着けられるので手軽でいいですね。

日々の生活の中で生じる骨盤の歪みとは違うので、産後の身体が安定していない時期には、産後の骨盤矯正を目的としたものを選びましょう。

5.帝王切開の場合は?

赤ちゃんが産道を通っていなくても、妊娠出産を経験したことに変わりないので骨盤は緩んでいます。時期に関しては、傷口や体の状態は人それぞれですので、産院の先生に相談するのがベストでしょう。


出産というのは、女性にとって大仕事。妊娠出産を経て、心も身体も大きく変化します。出産を終えたからといってそこで終わりではなく、また新しい生活が始まります。

生まれてきた新しい命のためにも、ママとしての新しい自分のためにも、この先何十年と付き合っていく自分の体のためにもきちんと矯正しておきたいですね。

    azusa
    記事を書いた人 :
    保育士。 3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら、合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。 小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを記事にしていきたいと思います。
  • コメント: 0

関連記事

  1. いつからいつまで?離乳食を始める時期の見極めのポイントと進め方

  2. 初めての出産に向けて・・・最低限揃えておきたい出産準備リスト

  3. N家の実話体験談 〜子供の3度の痙攣(けいれん)〜 第1話

  4. 赤ちゃんが生まれたらするお祝い事って何?!こどもの行事一覧表

  5. 付き添いも必要な子どもの入院。日頃から準備しておくと安心な入院グッズ

  6. N家の実話体験談 〜子供の3度の痙攣(けいれん)〜 第3話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。