かぶるだけで簡単着脱!子ども用ゴム付き三角巾の作り方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

子どもが入園するとエプロンと三角巾が必要になるケースもありますよね。三角巾と言えばバンダナが浮かぶママたちもいるかと思いますが、園や学校では自分でつけられることが前提におかれているケースが多いです。小さなお子さんには、三角巾をつけて結ぶなんてことはなかなか難しい!でも三角巾にゴムをつけてあげれば、自分で簡単に着脱できるようになりますよ。今回は、かぶるだけの子ども用ゴム付き三角巾の作り方を紹介します。

1.必要な材料

  • 生地
  • 平ゴム
    必要であればゴム通しも用意して下さい。
  • ミシン
  • 定規
  • はさみ
  • チャコペン

2.生地の裁断

下記の図を見て生地を裁断します。簡単に作りたい方は、ゴムをそのまま縫い付けるので、本体部分のみの裁断で結構です。

3.ゴム紐部分を縫う

※ゴムをそのまま縫い付ける方は、この工程は飛ばして次に進んで下さい。

  1. ゴム紐部分用の生地を表を上にして置き、横半分に折り上げます。

  2. 縫い代5㎜で上の辺を縫います。

  3. 筒状になった生地を表に返し、ゴムをカットしないでそのまま通します。

  4. ゴムの先を少し出して、生地の端をミシンで縫います。

  5. 生地を寄せて、ゴムを10㎝程でカットします。この時ゴムが生地の中に入ってしまわないよう注意しましょう。

  6. ゴムの先と生地の先を合わせ、縫い合わせます。

4.斜辺を縫う

  1. 三角巾の頂点部分だけ、先に両サイドを5㎜幅で三つ折りして折れ線をつけておきます(今回は折れ線が分かりやすいように線を引いておきます)。

  2. 上の線の頂点部分に合わせて、先を三角形にカットします。

  3. 下の線の頂点に合わせて、上の辺を折り下げておきます。

  4. 先ほどの折れ線に合わせて三角巾の斜辺を三つ折りします。頂点の折り目をきれいに整え、斜辺をミシンで縫っていきます。

5.ゴムをつける

  1. 三角巾の底辺と両サイドをに5㎜幅で折り曲げ、ミシンで縫います。

  2. 三角巾の下の直線部分を半分に折り上げ、上端をミシンで縫います。この時、底辺部分から3㎜程のところにもステッチをかけておくと、仕上がりがきれいですよ。

  3. 両サイドにゴムを挟みこんで、ミシンで縫います。

6.仕上げ

2~3回ゴムを引っ張って、ゴム部分の生地をならしたら完成です。


普通のバンダナで三角巾を作りたい場合にも、この作り方を応用してゴムをつけることができますよ。

最終更新日 2024年1月16日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【みょうが結び】革紐とターコイズのカジュアルピアスの作り方

  2. ダイソーのデコパージュ液を使った上履きデコのやり方

  3. パールビーズとワイヤーを使った華奢な小枝アクセサリーの作り方

  4. 毛糸を巻くだけでできる♪毛糸玉のおしゃれなナチュラルリースの作り方

    毛糸を巻くだけでできる♪毛糸玉のおしゃれなナチュラルリースの作り方

  5. ペーパーナプキンを使ったデコナップビーズアクセサリーの作り方

  6. コツを掴めば簡単なハーバリウムの作り方5選。ギフトにもおすすめ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA