名前などの文字もおしゃれに刺繍できる。チェーンステッチの縫い方

 刺繍の縫い方には、たくさんの種類があります。その中でも名前などの刺繍ができるのが「チェーンステッチ」。今回は、チェーンステッチの縫い方を紹介します。チェーンステッチは、その名の通り鎖を繋げたような縫い目で、飾り文字のようにおしゃれに刺繍できる縫い方です。太さもあるので、目立たせたい刺繍にオススメです。

1.下準備

針を糸に通し、糸先を玉結びしておきます。刺繍したい図案をチャコペンで線を書いておきます。

2.裏側から針を入れる

書いた線の端に生地の裏側から針を入れます。

3.同じ場所に針を刺し、少し先から針を出す

  1. 表側から針を引き抜き、糸が出ているのと同じ場所に針を刺します。

  2. 針を引き抜かないで、一針分先に針先をを出します。ここで針を刺す幅が、鎖一目の大きさになります。

4.針先に糸を引っ掛けて、同じ場所に針を刺す

  1. 針先に糸を引っ掛けてから針を引き抜きます。縫い目を見ながら、あまり強く引きすぎないよう注意しましょう。鎖が一目出来ました。

  2. 糸が出ているのと同じ位置に針を刺し、また一針分先から針先を出します。針は鎖の中から刺すようにしましょう。

 

5.仕上げ

  1. 針先に糸を引っ掛け、繰り返し進めていきます。

  2. 縫い終わりは鎖の先を留めるような感じで、鎖の外側から同じ位置に針を刺し、裏側で玉結びします。


    完成です。

6.角の縫い方

  1. チェーンステッチで角のある刺繍をする場合は、角で一度針を引き抜きます。

  2. 一針前の刺し位置と同じ場所に鎖の内側から針を刺します。

  3. 角から一針分先に針先を出します。

  4. 針先に糸を引っ掛けて縫っていきます。

角も綺麗に縫えました。


刺繍は縫い方次第で印象が大きく変わります。チェーンステッチは細かい字の刺繍には向きませんが、大きめならよく目立ちます。その時によって縫い方も使い分けてみて下さいね。

最終更新日 2022年4月22日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 韓国で人気爆発!子どもも作れて可愛い♡簡単ビーズリングの作り方

  2. かわいい紙ナプキンを使ったデコパージュのやり方・作り方4選

  3. ハーバリウムを2層で作るテクニック、バイカラーに色をつける作り方

  4. 羊毛フェルトと木の実を使ったハロウィンのナチュラルリースの作り方

  5. おもちゃの動物フィギュアをリメイクした、おしゃれなキーホルダーの作り方

  6. キャンプにもおすすめ!収納力たっぷりのカトラリーケースの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA