淡水パールを使ったゆらゆら揺れる5連ピアスの作り方

一般的なまん丸なパールと違い、少しいびつな形をした淡水パール。淡水パールには感情の開放や癒しの力があると言われています。無理をせず自分らしくいられるよう優しくサポートしてくれるので、辛さや悲しみ抱えて頑張っている方に持っていて欲しいアイテム。今回は、そんな淡水パールを使った5連ピアスの作り方を紹介します。パールは一粒でも存在感があるので、6個のパールがゆらゆらと揺れる姿はインパクトがありますよ。

1.必要な材料

  • 淡水パール(4〜6mm)・・・10粒
  • ピアス金具(フック)・・・2つ
  • Tピン・・・2本
  • 9ピン・・・8本
  • 丸ヤットコ
  • ニッパー

パールの形について

淡水パールは形がいびつなので、一つ一つ異なります。なので、パールの穴の長さや大きさをよく確かめてTピンと9ピンを選んでください。

2.Tピンに淡水パールを通し、先を丸める

Tピンに淡水パールを通す

1番下になる淡水パールに、Tピンを通します。

先を丸める

手でしっかりと固定しながらTピンの先を適当な長さにカットし、丸ヤットコで先を丸めます。

3.9ピンを淡水パールに通して先を丸める

9ピンに淡水パールを通す

9ピンをピンセットで取り、パールに通します

9ピンをカットする

手でしっかりと固定しながら9ピンの先を適当な長さにカットし、丸ヤットコで先を丸めます。

3.と同じものを4つ作る

残りのパールも同じように9ピンを通し先を丸めていきます。

4.パーツを繋げる

9ピンを開いて繋げる

丸めた9ピンの先を開き、Tピンを通した一番下のパールの穴に通し、また平ヤットコで閉じます。

パールをどんどん繋げる

同じように、パールどうしを繋げていきます。

5.仕上げ

ピアス金具に5連になったパールをつないだら完成です。

6.作り方動画


パーツを繋げるだけで、カジュアルにもフォーマルにも使えるピアスが作れてしまいます。アクセサリー初心者の方もぜひチャレンジして見てください。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 2

関連記事

  1. 返し口を手縫いでとじる。縫い目が見えないまつり縫い・コの字まつりの縫い方

  2. デザインは自由自在♪子どもも楽しいプラ板のイヤリングの作り方

  3. お花みたいでかわいい♡細リボンで作るポンポンリボンのヘアゴムの作り方

  4. 子どもと一緒に飾り付け♡100均材料で作る簡単ハロウィンリースの作り方

  5. 北欧好きにはたまらないモビール♡作り方が分かればアレンジ自在なヒンメリまとめ

  6. ワイヤーで枠を作って形も自由自在♪ワイヤーレジンピアスの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。