【三重県版】お金のかからない遊び場も。子どもとお出かけ・東海のおすすめレジャースポット

三重県と言えば、、伊勢神宮や鈴鹿サーキットが全国的にも有名ですよね。でもそれだけでなく、三重県には子どもと食べたい美味しい食べ物や一度は見ておきたい絶景、子どもとお出かけするには絶好のお金のかからない遊び場もたくさんあるんですよ。そこで今回は、子どもと楽しむ東海のおすすめレジャースポット【三重県版】を紹介します。

1.北中部エリア

鈴鹿サーキット ゆうえんちモートピア(鈴鹿市)

車好きのお子さんなら一度は連れていきたい鈴鹿サーキット。鈴鹿サーキットではF1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースなど有名な世界的な大会も多数開催されています。そしてその敷地内にある遊園地「モートピア」は、子どもたちもバイクや車を操って遊べるアトラクションがいくつもあるモビリティのテーマパークです。まず驚くのはコースの豊富さ。デコボコ道やS字カーブなどがある本格的なコースがいくつもあります。

中には、本物の鈴鹿サーキットの国際レーシングコースを縮小した「プッチタウンサーキット」もあり、まるでレーサーになったような気分が味わえます。大人が同伴していれば0歳から乗ることができるアトラクションもあるので、幅広い年齢のお子さまが楽しめます。夏にはアクアアドベンチャーというプールが開かれますし、2021年の春には家庭菜園をモチーフにした立体迷路のアトラクションもオープン予定です。「できた!」が合言葉のモートピアで、爽快な風を感じながら乗り物の楽しさを味わってみてください。

<施設情報>
【住所】鈴鹿市稲生町7992
【営業時間】
時期によって異なるので、HPをご確認ください
https://www.suzukacircuit.jp/hours_s/
【休業日】不定休
【利用料金】
入園券/
大人(中学生以上)2,000円
子ども(小学生)1,000円
幼児(3歳以上~未就学児)800円
1デーパスポート(入園+のりもの乗り放題)/
大人(中学生以上)4,800円
子ども(小学生)3,400円
幼児(3歳以上~未就学児)2,200円
【URL】https://www.suzukacircuit.jp/

ナガシマスパーランド(桑名市)

桑名市にあるナガシマリゾートは、東海地方でも有名なレジャー施設ですね。遊園地やホテル・温泉・なばなの里があります。「ナガシマスパーランド」はジェットコースターランキングTOP10に入るようなスリル満点のアトラクションが揃う有名な遊園地ですが、子どもが楽しめる乗り物も沢山あるのをご存じでしょうか?キッズタウンというエリアに子ども向けアトラクションが約30種類も立ち並んでいて、授乳室や多目的トイレも完備されているので家族連れで遊びに行くのにぴったり!

急流すべりやコースターといった乗り物の他に、約3,000㎡の大きな屋根の下に1歳~5歳のお子様向けの遊具が揃う「ちびっこひろば」があります。のぼったりくぐったりわたったりすべったり、70基もある遊具で遊び放題。雨の日や日差しの強い日でも安心ですし、床には弾力ゴムチップが設置されていて安全にも考慮されています。親子3世代でのお出かけ先にも最適ですよ。夏には小さなお子様から大人まで楽しめるジャンボ海水プールも開かれます。その間は遊園地の中も水着で歩くことができ、そのままアトラクションにも乗れますよ。

<施設情報>
【住所】桑名市長島町浦安333番地
【営業時間】時期によって異なるので、HPをご確認ください
【休業日】https://www.nagashima-onsen.co.jp/spaland/fee/index.html
【利用料金】
入場券/
大人1,600円
小学生1,000円
幼児(2歳~)500円
ナガシマスパーランドパスポート(入場+のりもの乗り放題)/
大人5,500円
小学生4,200円
幼児2,700円
【URL】https://www.nagashima-onsen.co.jp/spaland/

名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク(桑名市)

子どもたちのヒーロー・アンパンマンや仲間たちに会える名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク。アンパンマンが好きになってきたら一度は訪れたい場所です。2020年の春には開館10周年を迎え、「観る」「遊ぶ」新エリアが誕生しました!全国に5つあるアンパンマンこどもミュージアムでも名古屋が初となる屋外の専用劇場では、アンパンマンがすぐ近くまで遊びに来てくれるショーを見ることができます。

そしてもう一つ、「おおきな木とあそびの森」は以前の劇場をリニューアルして、雨の日でも体を動かして安心安全に楽しめる屋外施設に生まれ変わりました。真ん中には大きなシンボルツリーがあり、その周りで小さなお子さまものびのびと遊べます。季節に合わせた屋外のショー、細部までこだわったジオラマ、虹の滑り台、屋外にあるたくさんのオブジェ、オリジナルグッズや可愛いキャラクターパンのお土産まで、アンパンマン尽くしの最高の一日を過ごすことができます。

<施設情報>
【住所】桑名市長島町浦安108-4
【営業時間】
10:00~17:00(最終入場16:00)
※季節により変動する場合あり
【休業日】
メンテナンス休業日あり(HPを確認してください)
https://www.nagoya-anpanman.jp/guide/#js-infoClose
【利用料金】
大人(中学生以上)2,000円
こども(1歳以上)2,000円(記念品付き)
※事前に「日付指定WEBチケット」の購入が必要
【URL】https://www.nagoya-anpanman.jp/

国営木曽三川公園カルチャービレッジ(桑名市)

開放感のある広々としたこちらの公園は、隣に長良川が流れていてとても気持ちの良い場所です。水色が基調の海の遊具・木曽三川の守り神「龍神」をイメージした龍の遊具という2つの大きな遊具がこの公園のシンボルとなっています。海の遊具はあちこち登れるようになっていて好奇心がくすぐられる設計。子どもたちの大好きなターザンロープもついています。龍の遊具は、ネットでできたトンネルや赤と黄色の長い滑り台がある大型遊具です。赤い滑り台の全長はなんと約47m!龍の頭部分は展望台になっていて、そこから眺める木曽三川の雄大な景色は必見です。

この2つの大型遊具は対象年齢が6歳~12歳と少し高めですが、公園内には広い芝生や300ヶ所からミストが噴出される「霧の輪中」や大花壇などもあり、ゆっくり散歩するだけでも癒される施設です。多目的運動場や屋外の広場では、紙飛行機・シャボン玉・水ロケットといった体験教室も随時開かれています。

<施設情報>
【住所】桑名市長島町西川地先
【営業時間】
4/1~6/30 9:30~17:00
7/1~8/31 9:30~18:00
9/1~11/30 9:30~17:00
12/1~2月末 9:30~16:30
3/1~3/31 9:30~17:00
※輪中ドームは、9:30~21:00 (夜間利用予約がない場合、9:30~17:00)
【休業日】
毎月第2月曜日(休日の場合は直後の平日)
8月は第4月曜日、12/31、1/1
【利用料金】無料
【URL】https://www.kisosansenkoen.jp/~culture/

伊賀の里モクモク手づくりファーム(伊賀市)

「食」と「農」を通して様々な学びを提供してくれるモクモク手づくりファーム。園内では、いちごやしいたけなどの収穫体験ができたり、味噌やパン作り教室が開催されています。珍しいミニブタショーを見ることができたり、ジャージー牛の乳しぼり体験もでき、食に関するあらゆる体験ができます。仔牛にミルクにあげる体験や羊毛を使ったお絵かき教室は他の牧場ではなかなかできない貴重なプログラムです。

お米を収穫したあとの工程で出る「もみがら」がたっぷり使われたもみがら広場も、もくもく手づくりファームならではの遊び場。ふかふかのもみがらの中にあるソリすべりや滑り台で遊ぶことができますよ。竹馬・縄跳びなどの伝統的な遊び(通年開催)、ザリガニ釣り(4月下旬~11月中旬)、いかだ遊び(3月下旬~11月)、ハンモック(通年開催)などもあり、自然・食・動物と直にふれあって、大人も童心に帰れる場所です。

<施設情報>
【住所】伊賀市西湯舟3609
【営業時間】10:00~16:30
※季節により変動があるので、HPを確認してください
http://www.moku-moku.com/farm/annai2.html
【休業日】
1/1、1月~3月第2週までの水曜日
4月~7月・9月~11月の毎月水曜日
※8月・12月は無休で営業
※その他臨時休業日などはHPを確認してください
【利用料金】
入園料/一般(3歳以上)500円
ポニーの乗馬・ミニブタショー・仔牛ミルクあげ体験・乳しぼり体験
ミニブタくんの朝ごはん観察・ヤギとヒツジの牧草あげ体験は無料
その他の各種体験や教室の料金はHPを確認してください。
【URL】http://www.moku-moku.com/

五桂池ふるさと村(多気町)

ドラマのモデルになった高校生が運営するレストランがある複合レジャー施設。動物とふれあったり季節の果物を収穫したりすることができます。「身近に動物とふれあうことができる動物園」がコンセプトの動物ふれあい広場では、手作りの温かい雰囲気の中でウサギやリクガメなど可愛い動物とも触れ合えますよ。土日祝日にはヘビ・トカゲ・大きなリクガメも登場!果物狩りで収穫できる果物の種類も豊富で、特にイチゴは「章姫」「女峰」などの品種が収穫できます。

そして、多気町にある相可高校の調理クラブの生徒さんたちが切り盛りしている「まごの店」は2011年に放送された「高校生レストラン」のモデルになっていて、県外から訪れるお客さんも多いそう。三重県産の食材を使い、素材の良さを生かしたメニューは幅広い年齢の方から愛されています。陶器の絵付け体験を楽しんだり、江戸時代に作られたため池である五桂池をボートに乗って眺めたり、地元の旬の特産品が買える「Marche Grandma(おばあちゃんの店)」で買い物したりと、多気町の良さを存分に味わえるスポットとなっています。

<施設情報>
【住所】多気郡多気町五桂956
【営業時間】
4月~10月10:00~16:30
11月~3月10:00~16:00
(入園は閉園時間の30分前まで)
【休業日】
休園日は毎週火曜日(祝日の場合は開園)
※収穫体験やバーベキューなど施設によって営業時間や休業日が
異なるため、詳しくはHPをご確認ください
【利用料金】
動物ふれあい広場/
大人1,000円
小人500円(3歳以上の小学生まで)
※収穫体験のフルーツの種類やバーベキューのコースなどによって
料金が変わります。詳細はHPをご確認ください
【URL】https://gokatsura.com/

御在所ロープウェイ(三重郡菰野町)

山の上から見渡す絶景を楽しみたいなら、御在所ロープウェイがおすすめ!ゴンドラに乗りながら眼下に広がる四季折々の風景が見られるので、小さなお子さまも一緒に楽しめます。春には桜景色、秋は紅葉、そして冬は雪景色と、1年を通して美しい風景に心癒されるでしょう。山頂の道は舗装されているので、歩きやすくなっています。また、日本で唯一のロープウェイ博物館が、入館料無料で楽しめるのも嬉しいポイント。見て、触れて、ロープウェイの仕組みが学べます。

普段は入ることができないバックヤード(仕事現場)の見学ツアーに参加すると、全員にプレゼントもあるそうです。運が良いと国の特別天然記念物「ニホンカモシカ」がゴンドラから見ることができるかもしれません。御在所ロープウェイへ行く時は、服装にはお気を付けください。山頂は麓よりも8~10℃気温が低いので、普段より暖かい格好をしてお出かけくださいね。また、季節に応じてたくさんのイベントも開催されています。みんなでアカトンボを捕まえる「アカトンボふる里探し大作戦!」などお子様が喜びそうなイベントも催されるのでチェックしてみて下さいね。

<施設情報>
【住所】三重郡菰野町湯の山温泉
【営業時間】
4/1~11/30/
ロープウェイ営業開始9:00上り線終了17:00下り線終了17:20
観光リフト営業開始9:30上り線終了16:40下り線終了17:00
展望レストランの喫茶9:10~15:00、お食事10:00~15:00
アルペンホールの喫茶・売店9:10~15:00、お食事10:00~15:00
お土産ショップ9:00~17:40
モンベルルーム御在所店9:00~17:00
12/1~3/31/
ロープウェイ営業開始9:00上り線終了16:00下り線終了16:20
観光リフト営業開始9:30上り線終了15:40下り線終了16:00
展望レストランの喫茶9:10~15:00、お食事10:00~15:00
アルペンホールの喫茶・売店9:10~15:00、お食事10:00~15:00
お土産ショップ9:00~16:40
モンベルルーム御在所店9:00~16:00
【休業日】年中無休(安全点検のためロープウェイの運休日あり)
【利用料金】
ロープウェイ乗車運賃/
大人(中学生以上)往復2,450円、片道1,500円
小人(4歳以上小学生以下)往復1,220円、片道750円
観光リフト乗車運賃/
ロープウェイ駅~頂上駅の往復650円、片道350円
ロープウェイ駅~カモシカ駅の片道300円
カモシカ駅~頂上駅の片道300円
1日フリー券1,000円
【URL】https://www.gozaisho.co.jp/

三重県民の森(三重郡菰野町)

昭和天皇が参列した全国植樹祭を記念して作られた三重県民の森には、その時に植えられたヒノキを始め、全国からの参加者が植えたヒノキの林もあり、自然を感じながらくつろぐことができる公園となっています。約45ヘクタールもある広い敷地は主に東エリア・中央エリア・西エリアの3つに分かれていて、池や森が広がる中にアスレチックや大小様々な広場、ウォーキングコースなどがあります。

自然豊かな公園で野鳥・昆虫・草花・樹木などをたくさん観察することができます。フクロウや鹿、リスなどを見つけられたらとてもラッキー!自然観察イベントが開催されることもあるので、親子で自然に触れて学んでみるのも良い経験になります。「冒険の森」と呼ばれるアスレチックは、体力だけでなく知力も問われる大人気の遊具です。大人もつい夢中になってしまうかも?!夏には水遊びができる小川も流れていて、6月ごろになるとホタルを間近で見ることができます。

<施設情報>
【住所】三重郡菰野町千草7181-3
【営業時間】9:00~17:00
【休業日】12/29~1/3
【利用料金】すべて無料
【URL】https://mie-mori.jp/

松阪農業公園ベルファーム(松阪市)

「食育」「緑育」「健育」そのどれもが叶う農業公園、ベルファーム。地産地消にこだわったお店で食を学び、農場やガーデンでは植物に親しみ、楽しみながら健康な体つくりをする…そんな、大人にとっても子どもにとっても憩いの場となっています。訪れた方の口コミによると、一番のおすすめポイントは広い芝生だそうです。安心して駆け回ることができて、アンパンマンと仲間たちの遊具は子どもたちに大人気。敷地内に農場があり、サツマイモの収穫体験や親子農業体験学習ができます。

親子農業体験学習は収穫だけでなく、作物の植え付け・収穫、そして調理まで体験できるので、お子さまの食育に興味がある方には最適のプログラムです。また、敷地面積約1.4ヘクタールもあるイングリッシュガーデンは、どの季節に遊びに行っても自然そのものの美しさや成長の様子を感じられるエリアです。綺麗に咲く花はもちろんのこと、蕾の状態のお花や新芽など見過ごしがちな花や木々の魅力を感じるために、ゆっくり散策してみると良いですよ。

<施設情報>
【住所】松阪市伊勢寺町551-3
【営業時間】
9:00~17:00(お問い合わせは18:00まで)
その他レストランやカフェは施設により異なります
【休業日】
毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、12/31、1/1
(5月・12月は無休※やさい畑は除く)
※臨時休園する場合もあるため、お出かけ前に確認してください
【利用料金】入園料無料
【URL】https://www.bellfarm.jp/

忍者修行の里赤目四十八滝 忍者の森(名張市)

忍者になりきって修行体験をするなら、赤目四十八滝の忍者の森へ!「森林浴の森100選」「日本の滝100選」「平成の名水百選」などにも選ばれた、マイナスイオンをたっぷり浴びられる赤目四十八滝。滝巡りをするのも良いですが、森の中で本格的な忍者修行をするのも楽しいですよ。赤目四十八滝は織田信長と死闘を繰り広げた祖百地丹波という伊賀忍者が修行したと言われていて、忍者の森ではその修行の仕方を実践を交えて学べます。

高い壁を登る方法、丸太渡り、城壁越え、縄渡り、吹き矢、水ぐも修行といった本格的な忍者修行を約90分間行います。難易度の高い修行もあり、対象年齢は5歳からとなっています。7歳以上になると子どもだけでの参加も可能です。小学生未満のお子さまが参加したい場合は保護者の方も一緒に忍者修行を受ければOK。忍者の衣装を着て、親子で伊賀赤目流免許皆伝の書を手に入れましょう!

<施設情報>
【住所】名張市赤目町長坂861−1
【営業時間】スタート時間10:30~、13:30~
【休業日】
1/3~3月2週目の期間中は毎週木曜日(祝日の場合は営業)
12/28~1/2
【利用料金】
大人(忍者衣装付き)3,000円
子ども(中学生以下、忍者衣装付き)2,700円
幼児(小学生未満、忍者衣装付き)2,200円
(見学も可能。渓谷・忍者の森共通入山料大人500円、子ども250円)
忍者衣装レンタル1,000円
※忍者修行体験の料金は赤目四十八滝の入山料込み
【URL】https://www.akame48taki.com/ninja/

南部丘陵公園(四日市市)

四日市市の中でも最大規模の広い公園です。「芝生がとにかく広くて、子どもたちが走り回っても子とぶつかる心配も少なくて良かった」という、広さに関しての良い口コミが多く見られます。ピクニックをする方も多い芝生広場には遊具もたくさんあるので、子どもたちも飽きることなく遊べます。

そんな芝生エリアが広がるのは北ゾーンで、お隣の南ゾーンの方に移動するとヒツジ・クジャク・ウサギ・マーラ(テンジクネズミ科の動物)などが飼育されている小動物園があります。可愛い動物たちがのんびり過ごしているところを気軽に見学できるので、小さなお子さま連れのファミリーにもぴったりです。南ゾーンにあるスライダーは山の斜面を利用して作られていて、何度も滑りたくなる楽しさ。整備も行き届いていて、赤ちゃんからお年寄りの方まで集う遊びやすい公園です。

<施設情報>
【住所】四日市市西日野町・東日野町・大字日永・大字泊村
【営業時間】常時
【休業日】なし
【利用料金】無料
【URL】https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_3565.html

霞★ゆめくじら(四日市市)

四日市の海岸線沿いにある霞ヶ浦緑地の中に、くじらをモチーフにした大型の遊具があるのが「霞★ゆめくじら」です。「冒険×発見×大発見!?」というコンセプトで、たからじまをイメージした広場になっています。「オーシャンゾーン」には、くじらの口から中に入るような造りの遊具や海賊船の形をした遊具があります。その後ろには「マウンテンゾーン」と「ハーバーゾーン」があり、全長48mの長いローラー滑り台が一番の見どころ。

ローラー滑り台の周りにも体を目いっぱい使って遊べる造りになっています(対象年齢6歳~12歳)。まだ大型遊具で遊ぶのは難しい年齢の小さなお子さまは、「ビーチゾーン」でゆったりお散歩するのも楽しいですよ。海沿いにある公園なので、海を見ながらの歩くだけでもいつもとは違った開放的な気分が味わえます。

<施設情報>
【住所】三重県四日市市羽津甲
【営業時間】常時
【休業日】なし
【利用料金】無料
【URL】https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_3566.html

四日市市ふれあい牧場(四日市市)

中京工業地帯の要でもある四日市市ですが、実は自然が豊かな街でもあります。四日市市ふれあい牧場は、その自然の中でホルスタイン(オランダ原産の乳用牛)・ジャージー(イギリス・フランス間の海峡にあるジャージー島減産の乳用牛)・ポニー・ヤギ・ヒツジ・ミニブタ・エミュー(オーストラリアの国鳥)が飼育されています。

2時間程度あれば、牧場全体を周り体験もできるので「ちょっとどこかにお出かけしたいな」という時におすすめ。すぐ近くで動物を見ることができますし、展望台から見える景色も気持ちが良いです。管理棟にある売店で販売されている牛乳やアイスクリーム、ヨーグルトは新鮮な美味しさがギュッと詰まっています。

<施設情報>
【住所】四日市市水沢町1538番地
【営業時間】売店10:00~15:00
【休業日】毎週木曜日、悪天候時、冬季(12月~3月末)
【利用料金】
動物のごはん(ヤギ・ヒツジ用)1カップ100円
搾乳体験300円(平日は前日までに要予約、土日は11:00~・13:00~)
バター作り体験500円(1週間前までに要予約)
【URL】https://sites.google.com/site/fureaibokujyou/home

中部公園(員弁郡東員町)

自然の中で1日楽しい日が過ごせる東員町の中心に位置する中部公園は、子どもを連れたママたちに大人気の公園です。大勢の子どもたちが集うローラー滑り台は、高さ7.2mもありスリル満点。その上に続く展望台に登ると高さは10mにもなり、そこから公園全体や街を眺めていると清々しくて深呼吸したくなってしまうかも。

自然豊かな公園でバーベキューを楽しんだりパークゴルフに挑戦したりすると、より一層自然の気持ち良さを感じられそうですね。パークゴルフには全部で27種類の面白いコースがあり、用具の貸し出しもしてくれるので、初めてのゴルフでも安心です。緑だけでなく水辺もあり、戸上川と一体となっている水辺には植物・昆虫・魚たちが観察できます。また、珍しい健康遊具も揃っていて、運動不足になりがちな大人には嬉しいポイント。

<施設情報>
【住所】員弁郡東員町大字北大社1634番地
【営業時間】
パークゴルフ/8:00~17:00
バーベキュー/9:00~16:30
【休業日】なし(パークゴルフ・バーベキューは12/29~1/3)
【利用料金】
公園/無料
バーベキュー/Aタイプ1,000円/1区画、Bタイプ1,500円/1区画
パークゴルフ/1回36ホール(ジュニアコースはどなたでも無料)
大人500円、中学生以下200円
ゴルフ用具(クラブ・ボール)100円/1回
【URL】http://www.town.toin.lg.jp/contents_detail.php?frmId=1405

四日市スポーツランド(四日市市)

自然の地形を生かして作られたアスレチックに挑戦できる四日市スポーツランドは、体を思いっきり動かして遊びたい休日のお出かけ先にピッタリの公園です。四日市スポーツランドにあるアスレチックは、全部で31ポイントの遊具が大自然の中に設置されています。ダブル吊り橋・ぶら下がりロープウェイ・リズムステップ・ネットクライム・綱渡りロープなどスリル満点の遊具が揃っています。

また、全長150mのコースを滑り降りるスーパースライダーも大人気!ボブスレーのように滑らかなコースをレバー付きのソリに乗って駆け抜けます。この爽快感を味わうため、休日は行列ができるほどの人気だそうですよ。他にもローラースケート場やサイクリングコース、子どもも運転できるちびっ子カーなど、広い園内の至る所で気持ち良く体を動かして遊ぶことができます。無料で遊べるアスレチック遊具の頂上から見える四日市の街並みや伊勢湾の眺望は必見!

<施設情報>
【住所】四日市市桜町9868
【営業時間】
3月~10月9:30~17:00
11月~2月9:30~16:30
【休業日】
毎週金曜日(祝日の場合営業し、翌週月曜休業)
年末年始(12/29~1/3)
※雨天・施設整備等により臨時休業あり
【利用料金】施設によって異なるため、HPをご確認ください
【URL】https://yokkaichi-shinko.com/sp/

なばなの里(桑名市)

四季折々のお花畑やイルミネーションで園内が彩られているなばなの里は、先述したアンパンマンミュージアムやナガシマスパーランドと同じナガシマリゾートの人気施設です。お花が好きな方はもちろんのこと、お子さまとのお散歩にも最適なお出かけスポットです。なばなの里では季節に応じた様々なイベントを開催中♪例えば2月下旬~7月下旬には花まつりを開催。2月下旬に始まる梅・桜まつりを皮切りに、春のチューリップ・ネモフィラまつり、バラまつり、初夏のあじさいまつりなど6つのまつりが開催されます。開花情報は随時HPに掲載されるので、お出かけ前にチェックしてくださいね。

5月下旬からはホタルまつりも開催されます。街中でホタルを見かけることが少なくなっている昨今、なばなの里で数千匹~約1万匹のホタルを観察してみませんか?イルミネーションとは一味違った、自然の生き物たちが織り成す光の魅力を堪能しましょう。園内の小高い丘に建っている展望台からは、目の前に広がるお花畑を眺めることができます。お散歩の途中に立ち寄って、展望台からの眺めも楽しんでくださいね♡

<施設情報>
【住所】桑名市長島町駒江漆畑270
【営業時間】10:00~22:00
【休業日】季節によって変動があります。詳細はHPをご確認ください
【利用料金】
2,500~5,000円(金券付き) 小学生未満無料
季節によって変動があります。詳細はHPをご確認ください
【URL】https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html

亀山サンシャインパーク(亀山市)

亀山サンシャインパークは、パーキングエリアと公園が一体となった「ハイウェイオアシス」と呼ばれる施設です。東名阪自動車道の上線亀山パーキングエリアの隣に位置しています。高速道路からだけでなく一般道からも入場できるので、気軽に遊びに行くことができます。ハイウェイオアシスということでドライブ中の良い気分転換になる場所が多く、敷地内の池に架かる橋「サンシャインブリッジ」や水辺を散策できるウッドデッキ、フィットネス広場、そしてお子さまが楽しめる施設も満載♪

特に、大型複合遊具のあるキッズランドでは2本の長い滑り台のある大きなアスレチックで遊ぶことができます。木々や池を眺めながらのんびりできる芝生広場にもお子さまが楽しめる遊具が設置されているので、大人は運転で疲れた体を癒したり子どもは元気に走り回ったり、思い思いの過ごし方ができますよ。7月~9月中旬までは水遊びができる浅瀬もオープン☆また、カヌー体験やクリスマスリース作りなど季節に応じたイベントも開催されているので、親子の旅の思い出作りに参加してみてくださいね。

<施設情報>
【住所】亀山市布気町801-1
【営業時間】
4月~10月8:30~19:30
11月~3月8:30~18:30
【休業日】なし
【利用料金】入園無料
【URL】http://www.kameyama-sunshinepark.com/

2.南部エリア

志摩スペイン村(志摩市)

スペインの街並みが再現されたパーク内に子どもも楽しめるアトラクションやショーが盛りだくさんの志摩スペイン村は、家族でお出かけするのにぴったりなレジャースポットです。志摩スペイン村には7人の個性豊かなキャラクターがいます。キャラクターグリーティングで触れ合ったり(現在は写真撮影のみ)、パレードに登場する7人に手を振ったり、キャラクターグッズを身に付けてパークを歩くのも楽しいですよ。

各キャラクターがテーマになっているアトラクションもあり、中でも「チョッキ―の不思議な館」は錯覚を利用した面白い体験ができるので、お子さまに人気だそう。沢山の仕掛けの中からお宝を探す体感型アトラクションや、アトラクションのすぐ近くも通るドキドキの列車、3mの高さまで吹き上がる噴水が楽しい水遊びスペースなど、楽しみ方は無限大です。

※現在はコロナウィルス感染拡大防止のため、休止されているものもあります。詳しくはHPでご確認下さい。

<施設情報>
【住所】志摩市磯部町坂崎字下山952-4
【営業時間】季節や曜日によって変動するのでHPを確認してください
【休業日】https://www.parque-net.com/calendar/
【利用料金】
パスポート(1日入園)/
大人(18歳~64歳)5,400円
中人(12歳~17歳)4,400円
小人(3歳~11歳)3,600円
(カルメンホール、ドラゴン城の宝さがし、カーニバルハウスは別途料金必要)
※その他2dayパスポートや夕方以降のパスポート等もあり
【URL】https://www.parque-net.com/

志摩市浜島・磯体験施設 海ほおずき(志摩市)

海や川にちなんだスポットはよくありますが、「磯」にちなんだ体験施設は全国的にも珍しいです。志摩にある漁村の暮らしを知り、漁業を体験しながら学ぶことができる施設。潮が引いたあとの潮だまりを自然に近い形で再現したわんぱく磯では、海の生き物を手で捕まえたり箱メガネを使って観察したり、アジや伊勢エビまで釣ることができる釣り体験もできます。バリアフリー設計にもなっていて、水深40cmまでの浅瀬もあるので、「海に行くのはまだ不安…」という小さいお子さまでも安心です。

その他の体験メニューも沢山あり、中でも手捏ね寿司を作る体験(大人は全工程、子どもは半分の工程を体験)は他ではなかなかできません。自分で作った干物をお土産として持ち帰ることも可能なので、家に帰ってからもここでの楽しかった体験を思い出せますよ。そしてもう一つのお土産として大好評なのが、志摩のご当地バーガー「勝つおバーガー」。志摩産青のり・志摩市特産船越みそを使った、ゲン担ぎの意味もある鰹バーガーです。

<施設情報>
【住所】志摩市浜島町浜島465-14
【営業時間】時期や体験内容によって異なるのでHPを確認してください
【休業日】毎週火曜日(夏休み期間は無休)
【利用料金】
浅磯・貝つかみ・魚釣り・手捏ね寿司作り・魚干物作り・手作りアート
各種体験やコースによって異なる
【URL】https://www.umihozuki.org/

鳥羽湾めぐりとイルカ島(鳥羽市)

遊覧船に乗って鳥羽湾の綺麗な景色を楽しみつつ、途中でイルカたちと触れ合えるイルカ島に立ち寄るという、子どもも大人も大満足なクルーズ体験。鳥羽湾めぐりに出向して約15分で到着するイルカ島は、イルカショーやアシカショーが見られたり展望台からの景色が楽しめる、周りを海で囲まれた離島のレジャー施設です。

このイルカ島で外せないのは、何といってもイルカとの触れ合い!バンドウイルカの背中にタッチしたり、直接おやつを食べさせてあげたり、おでこにワンタッチしたり…イルカの可愛さをこんなにも近くで感じられるのはイルカ島だからこそできることです。可愛いカワウソ姉妹「りん・らん」との握手もできますよ。イルカ島に立ち寄ったら、イルカがモチーフになっている絆をテーマにした鐘「ハートロックベル」を鳴らして、美しい鳥羽湾を背景に記念写真を撮ることをおすすめします。

<施設情報>
【住所】鳥羽市鳥羽1丁目2383-51 鳥羽マリンターミナルのりば
【営業時間】
【休業日】クルーズ船の運行状況はHPを確認してください
【利用料金】
遊覧船運賃大人(中学生以上)2,000円
小人(4歳~小学生)1,000円
※遊覧船に乗船すると、イルカ島への入園は無料
※イルカ島での体験は別途料金必要
【URL】https://shima-marineleisure.com/cruise/toba/info/

宮リバー渡会パーク(度会郡度会町)

度会町の宮川沿岸に作られた宮リバー渡会パークは、プールやちびっこ広場もある自然に囲まれた公園です。「遊水プール・鏡」は三重県南部エリアの中でも有数の大きな規模で、大きなスライダーや流れるプールも備わっていて利用料数百円という料金には驚き。オゾンによって水中の汚れやにごりを分解する浄化システムが採用されているため、透明度が高く目に優しい水質が保たれています。

楽しい遊具がたくさん設置されているちびっこ広場は第1・第2と二ヶ所に分かれていて、いつも多くの親子の笑い声で溢れています。宮川沿いにある公園なので、遊具でたっぷり遊んだら川原の方へお散歩しに行くのも良いですよ。春になると桜並木がとても綺麗なので、親子でお花見をしながらピクニックもできます

<施設情報>
【住所】度会郡度会町棚橋2
【営業時間】公園/常時、プール/9:30~16:00※夏季限定
【休業日】公園/なし、プール/HPを確認してください
【利用料金】
公園/無料
プール/
一般800円
小中学生500円
乳幼児300円
※町内の小中学生は200円
【URL】https://www.town.watarai.lg.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=568

道の駅・紀宝町ウミガメ公園(紀宝町)

ウミガメの保護や啓発活動の拠点となっているこちらの公園では、道の駅でウミガメがすぐ近くで見られます!ウミガメが悠々と泳ぐ姿を大プールの上から見たり水中窓で横から見たりすることができ、「こんなにもウミガメを近くに感じられる場所は他にない」という口コミもあるほど。見るだけでなく、土日祝日にはウミガメタッチングも開催されています。施設内には熊野灘を泳いでいる海の生き物の展示や触れ合いもあります。

また、道の駅といえばご当地グルメや新鮮な食べ物の販売ですよね。紀宝町ウミガメ公園の道の駅では採れたてミカンを始めとした紀宝町ならではの商品が並んでいて、オリジナルグルメも充実しています。オリジナルのたこ焼き・大内山のソフトクリーム・しらす料理・カメさんホットケーキなどが特に人気だそうです。美味しいグルメを堪能しながらウミガメたちに癒されに行ってみてください。

<施設情報>
【住所】南牟婁郡紀宝町井田568-7
【営業時間】
物産館/
11月~2月8:30~18:00
3月~10月8:30~19:00
1Fたこ焼きコーナー/10:00~18:00
2Fレストラン(軽食コーナー)/
8:30~15:00
※ラストオーダー14:30
ウミガメハウス/9:00~18:00
【休業日】年中無休
【利用料金】無料
【URL】https://umigamekouen.com/

網元釣り堀センター・正徳丸(紀北町)

完全予約制の、お子さまや初めての方でも楽しく釣りができる正徳丸。スタッフの方が丁寧に教えてくれます。釣り堀は陸続きになっているので、小さな子どもとのお出かけでも安心。釣り堀には毎日大量の魚が放流されています。マダイ・シマアジ・ハマチ・ワラサ・ブリなど、思わぬ大物が釣れる可能性も!何匹釣ってもOKで、釣った魚はすべて持ち帰り可能。

スタッフの方が1尾ずつ丁寧に処理してくださるので、家まで鮮度を保ったまま持って帰ることができますよ。自身でウロコ取りやハラワタの処理ができる魚処理場も完備されています。大変な人気でキャンセル待ちが出る時もあるそうなので、正徳丸で釣り体験がしたい方はお早めに予約することをおすすめします。

<施設情報>
【住所】北牟婁郡紀北町東長島3043-27
【営業時間】
集合時間7:00~7:30
釣り開始8:00~8:30
釣り終了14:00~14:30
【休業日】
毎週月曜日(祝日の場合は翌日の火曜日)
※メンテナンス休業日あり
※最低営業人数の6人に満たない場合は臨時休業
【利用料金】
釣り堀/
大人11,000円
女性8,000円
中学生(男女共通)8,000円
子ども(小学1年生以上)5,000円
※見学は無料、小学生未満のお子さまは大人か女性の竿を共用
※持ち帰り用の氷や発泡スチロール、レンタル竿などは別途料金が必要
【URL】http://www.syoutokumaru.com/

大内山動物園(度会郡大紀町)

たくさんの動物たちを救ってきた山本園長の動物愛を間近で感じられる大内山動物園。メディアでもその多数取り上げられています。日本でも珍しい私設の動物園で、山本園長を始めとした従業員の方たちが「動物たちが癒されて元気に暮らせるように」と工夫を凝らしながら運営しています。

大内山動物園には、ライオン・エミュー・ツキノワグマ・アライグマ・イノシシ・ニホンザルなど大きな子から小さな子まで、たくさんの動物たちが暮らしています。「動物との距離が近かった」という声もあり、販売されているエサを購入して動物たちのご飯を食べさせてあげることもできます。HPには、それぞれの動物たちの特徴やデータが詳しく書かれた動物図鑑が掲載されているので、来園前にチェックしておくとより一層大内山動物園を楽しめますよ。

<施設情報>
【住所】度会郡大紀町大内山530-4
【営業時間】9:00~16:00
【休業日】年中無休
【利用料金】
大人2,000円
子ども500円
動物のエサ100円
【URL】http://www.oouchiyama-zoo.com/

市民の森公園(鳥羽市)

高さ6m・幅12mの大きなガリバーの姿が目を引く市民の森公園。ガリバーの右腕が滑り台になっている、非常に珍しい遊具がある公園です。ガリバーの遊具が特徴の公園ですが、伸び伸びと遊べる広い芝生広場や周回できる散策路、通常のブランコや滑り台などの遊具もあり、家族でゆっくり過ごすことができます。春には桜が至る所で咲き誇り、お花見に訪れる人も多いのだとか。

園内には無料の小動物園もあり、クジャク(令和3年に赤ちゃんが誕生♡)・人懐っこいヤギ・セキセイインコなど可愛い動物たちにも会えますよ。2021年からは「わたしはガリバー」というセリフから始まるSNSへの投稿もスタートしました!ガリバーさんの日々の投稿から市民の森公園の魅力がたくさん感じられるので、各SNSは要チェックです♪

<施設情報>
【住所】鳥羽市大明東町1
【営業時間】常時開放
【休業日】なし
【利用料金】無料
【URL】https://www.city.toba.mie.jp/soshiki/kanri/gyomu/2/2723.html

三重県は海に面した街が多く、外遊びの定番である公園以外に海や水辺を身近に感じられる遊び場がたくさんあります。イルカやウミガメなどの可愛い生き物に触れたり、水辺の生き物を観察したり…親子で自然を満喫してくださいね!

最終更新日 2022年11月16日

    ぷぅ
    記事を書いた人 :

    小学校と幼稚園に通う甘えん坊兄弟の育児に奮闘中の30代主婦です。
    家族全員自然が大好きで、役に立つ楽しいお出かけ情報や子育てのあれこれについて
    リアルな声をお届けしていきたいと思います!

  • コメント: 3

関連記事

  1. 大人も子どもも楽しめる塗り絵。画材の種類とおすすめ無料サイト

  2. 工夫次第で楽しいお家遊び♪ペットボトルを使った手作りおもちゃまとめ

  3. 【爪楊枝アート】小学生にもおすすめ!爪楊枝を刺すドット絵の作り方

  4. 【テーブルゲーム】雨の日やお家時間に♡子どもと楽しめるおすすめグッズ31選

  5. 【大阪府版】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  6. 発達への効果も抜群!?親子一緒に家の中で楽しめる風船遊びまとめ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA