【島根県】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

島根県と聞いてまず思い浮かぶのは、全国から多くの観光客が訪れる出雲大社。様々な神話が残り、パワースポットとしても知られています。島根県にはそんな歴史ある神聖な場所を始め、テレビCMに出演経験のあるシロイルカに会える水族館やお金のかからない遊び場、大自然を満喫できる隠岐諸島といった観光スポットがあります。そこで今回は、島根県版の子どもとお出かけ・おすすめレジャースポットを紹介します。

1.東部エリア

松江フォーゲルパーク(松江市)

松江市にある宍道湖は全国で7番目の大きさを誇る湖です。その宍道湖の北側の湖畔に位置する松江フォーゲルパークは、華やかな花たちと世界の鳥たちを間近で見られる花と鳥のテーマパークです。園内には国内最大級の温室があり、気候に関係なく一年中美しい花々が咲き誇っています。温室内は、色とりどりのベゴニアや可憐なフクシア、エキゾチックなブルグマンシアなど、カラフルで甘い香りの漂う空間となっています。そして、園内には鳥の温室もあり、ハシビロコウやベニコンゴウインコなど南国の鳥たちに会えるエリアや水鳥たちが住む温室など各所で様々な鳥たちに会うことができます。

また、ふれあい体験や餌やり体験もでき、普段間近で見られない世界の鳥たちと楽しい時間を過ごせます。ペンギンのお散歩や迫力あるバードショーなど楽しいイベントも毎日開催されていますよ。これらの施設はすべて屋根のある回廊で繋がっているので、天気や気候に左右されずいつでも安心して回ることができます。バリアフリーとなっていて、ベビーカーでも快適に見学できますよ。1万株以上の花と約90種400羽の鳥たちが、いつでも皆さんを待っています♡

<施設情報>
【住所】
松江市大垣町52
【営業時間】
4月~9月9:00~17:30(最終入園16:45)
10月~3月9:00~17:00(最終入園16:15)
【休業日】
年中無休
【利用料金】
大人(高校生以上)1,500円
小中学生750円
幼児無料
【URL】
https://www.ichibata.co.jp/vogelpark/

宍道湖自然館ゴビウス(出雲市)

宍道湖自然館ゴビウスは、島根県の川や海、宍道湖に住むたくさんの生き物たちを観察することができる水族館です。小さなお子さまが見学するのに丁度良い規模で、お子さまが楽しみながら生き物観察ができる工夫があちこちに散りばめられています。島根県の宍道湖・中海は、海水と淡水が混じり合った“汽水“からなる湖です。ゴビウスではそこに住む魚たちを展示して、汽水域についての知識も深められる展示も併せてみることができます。

宍道湖のシンボルでもあるシラウオがライティングによって美しく輝くシラウオ水槽は、1年中シラウオを観察できる日本で唯一の水槽です。他にも、川やため池で暮らす生き物たちが見られる全長18mものジオラマ水槽や、「川から宍道湖へ」「中海から海へ」がテーマの大型水槽など、子どもたちが間近で生き物を観察できる水槽がたくさんあります。このような常設展示以外に特別展が年に3回企画されたり、大型のタッチプールがあったり、真下を泳ぐカメたちが見られる床の丸窓があったりと、楽しみながら水辺の生き物について学ぶことができます。月に一度、施設内のビオトープなどで生き物観察会も催されているので、親子で参加してみましょう!

<施設情報>
【住所】
出雲市園町1659-5
【営業時間】
9:30~17:00(最終入館受付16:30)
【休業日】
毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)
12/28~12/31
【利用料金】
大人500円
小中高生200円
未就学児無料
【URL】
http://www.gobius.jp/

出雲健康公園(出雲市)

日本最大級、世界最高の高さを誇る木造ドーム・出雲ドームを有する出雲健康公園には、子どもたちが楽しく遊べる複合遊具があります。ジェットローラースライダー・サンダーボルトスライダー・ダイナミックトンネル・スパイダークライマーなどダイナミックに遊べるその遊具は、「いずもオロチコンビ」と名付けられています。滑り台の上から見る出雲ドームは、地上から見るのとはまた違った迫力がありますよ。公園内には、ゆっくり寛げる広い芝生スペースや1周1kmのウォーキングコースもあるので、天気の良い日に家族で気持ち良く運動したい時にピッタリの公園です。

<施設情報>
【住所】
出雲市矢野町999番地
【営業時間】
施設によって異なるので詳しくはHPをご確認ください
【休業日】
遊具は年中無休(クラブハウスは火曜定休)
【利用料金】
遊具は無料
【URL】
http://sports21.jp/index.php?id=111

島根県立浜山公園(出雲市)

県立浜山公園は野鳥が観察できる自然豊かな公園で、野球場や陸上競技場などスポーツの拠点として多くの方に利用されている施設です。その中に林間こども広場・原っぱ広場・じゃぶじゃぶ川といった子どもたちの集まるエリアもあります。設置されている遊具は約40基もあり、ターザンロープ、スイング遊具、小さなお子さま用複合遊具、ローラースライダー、大型ジャングルジム、砂遊び遊具など人気の遊具がズラリ。どの遊具で遊ぼうか迷ってしまいますね♪

中にはトンボの形をしたシーソーや恐竜型滑り台、タコの足を滑り降りるタコの山、松ぼっくり型コンビネーション遊具といったように、デザインや形の面白い遊具も揃っています。現在遊具の修理や新設工事が行われていて、新しい遊具もどんどん誕生しています。子どもたちが安全に楽しく遊べるよう整備されているのはありがたいですね。春には桜の園でお花見を楽しんだり、夏には長さ160mのジャブジャブ川で水遊びをしたりするのもオススメの公園です。

<施設情報>
【住所】
出雲市大社町北荒木1868-10
【営業時間】
施設によって異なるので
【休業日】
詳しくはHPをご確認ください
【利用料金】
公園は無料
【URL】
http://www.hamayamakoen.jp/index.html

みなり遊園地(仁多郡奥出雲町)

みなり遊園地は、島根県の大渓谷「鬼の舌震(おにのしたぶるい)」を模して作られた大きなローラー滑り台のある公園です。鬼の舌震は至る所にある岩の間を清流が流れていて、その巨岩をイメージした球体やその間を流れる清流をイメージした長い滑り台が目を引きます。この滑り台を中心に、みなり遊園地には大小様々な遊具があり、小さなお子さまから思いきり体を動かして遊びたいお子さままで幅広い年齢の子どもたちが楽しめる公園になっています。

奥出雲地方を走るトロッコ列車をモチーフにした遊具や、たたら製鉄の炉をモチーフにした砂場など、この地域ならではの遊具もあります。砂場に置いてあるショベルカー型の遊具が子どもたちに大人気♪お子さま向けの遊具以外に、ゆっくり寛げる屋根付きの休憩スペースやベンチ、健康遊具もあるので、大人も一緒になって体を動かしたりのんびり過ごしたりできますよ。

<施設情報>
【住所】
仁多郡奥出雲町三成1641-1
【営業時間】
年中無休
【休業日】
【利用料金】
無料
【URL】
https://okuizumo.org/jp/guide/detail/242/

2.西部エリア

島根県立しまね海洋館アクアス(浜田市)

しまね海洋館アクアスには、TVCMでも放映された「幸せのバブルリング」を披露する可愛いシロイルカたちが暮らしています。日本でシロイルカが見られる水族館は横浜・鴨川・名古屋、そして西日本で唯一見られるのがしまね海洋館アクアスです。アクアスでは海のカナリアと呼ばれるシロイルカを始め、日本海に住む魚や島根の磯に住んでいる生きもの、そして世界の魚たちまで国内外の様々な海の生き物を見ることができます。

ウニやヒトデとのふれあいができる磯やお食事タイム見学、アザラシたちの仲良しタイム見学などユニークな体験も充実。シロイルカたちが「幸せのバブルリング」を見せてくれるパフォーマンスも開催されています。海の中にいる気分が味わえるトンネル型水槽や授乳室が隣接しているキッズルームもあり、小さなお子さまも海の生き物観察を安心して楽しむことができます。手にスタンプを押してもらうと再入場も可能なので、外に出てお食事をしてからまた水族館に戻るなど柔軟に動けるのも子連れのお出かけには嬉しいポイント。

<施設情報>
【住所】
浜田市久代町1117-2
【営業時間】
通常期・春休み・GW・年末年始9:00~17:00(入館は16:00まで)
7/20~8/31 9:00~18:00(入館は17:00まで)
【休業日】
毎週火曜日(祝日の場合その翌日)
※春休み・GW・夏休み(7/20~8/31)・年末年始は休まず開館
【利用料金】
大人1,550円
小中高生500円
未就学児無料
【URL】
https://aquas.or.jp/

島根県立石見海浜公園・アクアスランド(江津市)

前項で紹介したアクアスから徒歩数分の場所にある公園・アクアスランドは、日本最大規模のアスレチック型遊具を有する公園です。斜面を活用して作られたローラー滑り台「ハヤブサコースター」を始め、カラフルなお子さま用遊具やアスレチックなど30種類以上の遊具が揃っています。わんぱくエリアには森の生き物たちをモチーフにしたたくさんの遊具が設置され、それらを行き来する空中デッキが設けられています。大きな木のような展望デッキ、虫のスプリング、トンビスライダー、あしあとステップなど可愛くて楽しい遊具が満載です♪展望デッキからは日本海や海浜公園、アクアスなども見渡すことができますよ。

また、令和5年3月に2つの新たなエリアも誕生しました!1つは乳幼児・幼児用遊具があるエリアは「あそぼっこ広場」と名付けられ、遊び+ひなたぼっこ+ごっこ遊びと様々な楽しみ方ができるゾーン。そしてもう1つは真っ白で大きなトランポリンで遊べる「ふわふわトランポリンエリア」です。日本海を眺めながらトランポリンの上を飛び跳ねると、大空に飛び出していきそうな爽快感が味わえそうですね。

<施設情報>
【住所】
江津市波子町
【営業時間】
遊具によって利用時間が異なります
【休業日】
なし
【利用料金】
無料
【URL】
http://kkisp.jp/

仁摩サンドミュージアム(大田市)

仁摩サンドミュージアムは、砂と時と環境がテーマとなった砂の博物館です。日本国内のみならず世界各国の砂が展示されていたり、砂を使用したアート作品を見ることができます。ガラス張りのピラミッドが立ち並び、その建物の中には地上8mの広々とした空間に世界最大の砂時計が設置されています。この砂時計は「砂暦(すなごよみ)」と名付けられていて、1トンもの砂が1年かけて落ちていきます。ここでしか見られない大きな砂時計を、じっくり見上げてみてください。

仁摩サンドミュージアムではカラーサンドを使用したハーバリウム作り体験や砂絵、砂の標本、光るどろだんごといった砂を活用したワークショップも多数企画されています。世界に一つだけのオリジナルの砂の作品を制作して、特別な思い出を作ってくださいね。

<施設情報>
【住所】
大田市仁摩町天河内975
【営業時間】
9:00~17:00(受付終了16:30)
※1/2~1/4は10:00~16:00
【休業日】
毎週水曜日(祝日の場合は翌日、年末年始はHPを要確認)
年末(12/29~12/31)、年始(1/1・5・6)
※変更有。詳細は休館日カレンダーをご確認ください
【利用料金】
高校生以上730円
小中学生360円
【URL】
https://www.sandmuseum.jp/

島根県立三瓶自然館サヒメル(大田市)

島根県の空一面に広がる星空を観察するなら、三瓶自然館サヒメルへ。こちらには天体観測会が行われる天体観測施設や寝転びながら星空が見られるエリアがあり、施設内では隕石の実物の標本や太陽系の模型などを見ながら天文学への知識を深めることができます。そしてプラネタリウムでは、「さんべ自然紀行」「スペースアドベンチャー」といった番組や、お子さまが楽しめる「キッズプラネタリウム」などの番組が投影されています。

また、サヒメルでは天文にまつわる展示以外にも、三瓶山の成り立ちや島根県の自然環境の成り立ち、島根県の山野に生息している哺乳類や鳥類のはく製などが展示されています。触ったり拡大して眺めたりできる体験スペース「ふしぎの森で遊ぼう」コーナーでは、小さなお子さまも楽しみながら学べます。生き物・天文・植物など自然科学にまつわる沢山の本が読める図書コーナーも利用できます。実際に森の中へ入って遊んだり工作をしたりできるイベントも沢山企画されているので、お子さまの興味関心に合わせて参加できますよ。

<施設情報>
【住所】
大田市三瓶町多根1121-8
【営業時間】
9:30~17:00(最終入館16:30)
【休業日】
毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始
※夏休み期間は毎日開館、メンテナンス休館あり
【利用料金】
時期によって異なるためHPをご確認ください
【URL】
https://www.nature-sanbe.jp/sahimel/

3.隠岐エリア

隠岐しぜんむら 磯de水族館(隠岐郡海士町)

隠岐の島ならではの自然体験をしたい時にピッタリの磯de水族館は、海で捕まえた生き物たちの入った水槽を作る特別な体験ができる場所。ガイドさんのご指導の下、水中を除くたこめがねを使って生き物を探したりたもで捕まえたりしながら、海の生き物たちを間近で観察します。水族館内でふれあい体験をすることはありますが、海に実際に住んでいる生き物を探す体験はなかなかできませんよね。図鑑の中で見たことのある生き物が目の前で動いている様子を見ると、お子さまの興味関心は更に深まることでしょう。

こちらでは経験豊富なガイドさんがリードしてくださるので、初めてでも安心。ガイドさんや他の参加者の方と協力しながら参加するお子さまの新たな一面が発見できるかもしれません。ライフジャケット、たこめがね、たも、水槽、図鑑など必要な道具の貸し出しがあるので、気軽に参加できますよ。(濡れても良い運動靴、またはかかととつま先が固定されたサンダルは必要)

<施設情報>
【住所】
隠岐郡海士町海士5328-6
【営業時間】
所要時間約2時間で要予約
【休業日】
詳細はHPをご確認ください
【利用料金】
2名までの基本料金6,600円
1名追加毎に3,300円
【URL】
http://www.sizenmura.com/

ローソク島遊覧船(隠岐の島町)

隠岐諸島の中で一番大きな島である島後に、20mの高さがある大きな岩があります。その岩はローソク島と呼ばれていて、島後の北西の沖合にそびえ立っています。ローソク島と呼ばれる所以は、先端に夕日が当たった時の様子にあります。先端のとがった部分に夕日が重なると、まるでローソクに火が灯ったように見えるのです。

1日の中で見られる時間が限られている奇跡的な瞬間が見られるのが、ローソク島遊覧船です。出航時間は日没の時間に合わせて変動し、絶景ポイントに到着すると船長さんのテクニックにより絶妙な位置からローソク島を眺めることができます。一度見たら忘れられない感動の瞬間を、お子さまと一緒に目に焼き付けましょう。

<施設情報>
【住所】
隠岐の島町南方(重栖港)福浦岸壁又は赤崎岸壁
【営業時間】
3/15~11/30の期間で運行
出航時間は季節によって変動あり
【休業日】
体験希望日の運行状況や時間をご確認ください
【利用料金】
大人3,000円
子ども1,500円
【URL】
https://www.e-oki.net/experience/detail.php?eid=4

海中展望船あまんぼう(隠岐郡海士町)

隠岐の海は沢山の魚たちが見られる人気のダイビングスポット。お子さまとお出かけした時には、そんなダイビングスポットを海中から眺められる展望船・あまんぼうを利用するのがオススメです。対馬海流の影響を受けている海域には、日本海の生き物たちに加えて南方の色とりどりの魚たちも泳いできます。展望船からはそのダイナミックな情景を、ガイドさんの説明を受けながら窓からゆっくり眺められますよ。また、あまんぼうは半潜水型展望船で、海中だけでなく海上からも景色も楽しめるデッキがついています。デッキからの眺めと展望室からの眺め、どちらも楽しみながら隠岐諸島の海の世界を堪能しましょう。

<施設情報>
【住所】
隠岐郡海士町福井1365-5
【営業時間】
時期によって異なるので詳細はご確認ください
【休業日】
11月~3月はメンテナンス休業
【利用料金】
大人2,000円
子ども1,000円
【URL】
https://www.e-oki.net/experience/detail.php?eid=30

島根県はエリアによって雰囲気が異なり、そのエリアならではの島根県の魅力を感じるのも楽しみ方の一つです。家族でお出かけして、島根県のお気に入りスポットを見つけてくださいね。

最終更新日 2024年1月16日

    ぷぅ
    記事を書いた人 :

    小学校と幼稚園に通う甘えん坊兄弟の育児に奮闘中の30代主婦です。
    家族全員自然が大好きで、役に立つ楽しいお出かけ情報や子育てのあれこれについて
    リアルな声をお届けしていきたいと思います!

  • コメント: 0

関連記事

  1. お家でできる新聞紙遊び☆どんどん伸びる新聞マジック棒の作り方

  2. お風呂でおままごとも♡ペットボトルで泡ぶくぶくなおもちゃの作り方

  3. 【青森県】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  4. 【群馬県版】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  5. 【東海地方おすすめ遊び場完全版】子どもも喜ぶ晴れの日雨の日おでかけスポット

  6. 1歳児の室内遊び。お家で準備なしでもできる発達に繋がる遊び

    1歳児の室内遊び。お家で準備なしでもできる発達に繋がる遊び

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA