【福井県版】お金のかからない遊び場も♡子供とお出かけ・おすすめレジャースポット

福井県と聞くとどんなことを思い浮かべるでしょうか?極上の越前がにやエメラルドグリーンの水晶浜、絶景が望める東尋坊、そして子供たちが大好きな恐竜博物館と見どころが満載ですよね。実際に福井県にお出かけしようとすると行きたいレジャースポットが多くて迷ってしまうと思います。今回はそんな福井県のおすすめスポットを紹介します。お目当ての目的地の行き帰りにもフラっと寄れるお金のかからない遊び場もありますよ。

1.嶺北エリア

芝政ワールド(坂井市)

芝政ワールドのプールのCMを見ると「夏が来たな~」と思うほど、東海地方では芝政ワールドのプールは夏の風物詩となっています。芝政ワールドはプールだけでなくアトラクションや子どもたち用の巨大屋内アトラクション(キッズパラダイス)など1日では足りない程の楽しい遊び場がいっぱいあり、施設内にあるキャンプ場で宿泊して2日に渡って芝政ワールドを満喫する方も少なくありません。

プールには約50本のスライダーがあり、特に「モンスター」の名の付くスライダーはその巨大さやスリルはなかなか他では味わえないスケールです。もちろん、小さなお子さまも安心して楽しめるキッズプールや室内プールもあるので、家族みんなで遊べますよ。プールやスライダーの周りには気持ちの良い芝生が広がっていて、綺麗な海を臨める場所まであります。自然と近代の楽しさがどちらも味わえる、最高のレジャースポットです!

<施設情報>
【住所】
坂井市三国町浜地45-1
【営業時間】
時期によって異なるのでHPを確認してください
また、2021年度のプールの営業日は7/10~9/26です。
(プレオープンは7/3・7/4。9/13~17、21・22・24はプール営業なし)
【休業日】
http://www.shibamasa.com/hours.php
【利用料金】
◎2020/12/5~2021/2/28
園内パスポート/
おとな(中学生以上)2,300円、こども(3歳~小学生)1,700円
◎2021/3/1~11/30(夏季はパスポートのみの販売)
スーパーパスポート(入場料・プール・アトラクション込み)/
大人(中学生以上)3,800円、こども(3歳~小学生)2,700円
入場料(アトラクション料金別途必要)/
大人(中学生以上)1,500円、こども(3歳~小学生)1,000円
スターライトパス(スターライトプール開催日の17:00以降のみ)/
大人(中学生以上)2,600円、こども(3歳~小学生)1,800円
◎キッズパラダイス利用料金
3歳以上800円、生後7ヶ月~2歳300円、生後7ヶ月未満無料
※保護者も上記料金が必要
※夏季のパスポートのみの販売期間中、キッズパラダイスのみの利用
 でもパスポートの購入が必要
【URL】
http://www.shibamasa.com/

越前松島水族館(坂井市)

「みて・ふれて・たのしく学べる」というコンセプトの下、数えきれないほどたくさんの水辺の生き物と会える越前松島水族館。この水族館の魅力は、ぺんぎん館・ふれあい館・シアター館・うみがめ館・海洋館など様々なテーマに沿ったエリアに分かれていて、それぞれのエリアのコンセプトが伝わる展示が見られること。中でも海洋館にあるシースルーの珊瑚礁水槽は越前松島水族館の大きな見どころの一つです。その珊瑚礁水槽は靴を脱いでリラックスできる場所になっていて、真下に熱帯魚たちが住む様子が見られる透明な床の上で寝転がったり座ったり、思い思いの過ごし方で色とりどりの水槽が見られます。

他にも、恐竜時代の生き物たちがテーマになっているジュラシックアクアリウムや海の魚たちと触れ合いながら水遊びができるふれあいジャブジャブ海水プールなど、たくさんの楽しい体験が待っていますよ。

<施設情報>
【住所】
坂井市三国町崎74-2-3
【営業時間】
通常/
9:00~17:30
夏季(2021/7/26~8/31の平日)/
9:00~18:00
GW・夏季(2021/4/29~5/5、7/22~8/31の土日祝、8/13~16)/
9:00~21:00
冬季(2021/11/4~2022/2/28)/
9:00~16:30
【休業日】
年中無休
【利用料金】
大人2,000円
小中学生1,000円
幼児(3歳以上)500円
3歳未満無料
【URL】
https://www.echizen-aquarium.com/

福井県児童科学館 エンゼルランドふくい(坂井市)

エンゼルランドは、宇宙飛行士の毛利衛さんが名誉館長となっている科学をテーマにした子どもたちのために施設です。まず展示エリアには科学について楽しく学べる装置がいっぱい!身の回りに溢れている科学について、「どうなっているんだろう?」「そうだったんだ!」と様々な疑問や発想が得られるエリアです。そして、スペースシアターと呼ばれるドーム型のスクリーンは北陸最大級の大きさで、星空にまつわる映像(名探偵コナン・しまじろう・クレヨンしんちゃんなど)が見られたりその日の星空についての解説を聞くことができたり、時には幼児・小学生向けのファミリーコンサートが開かれることもあります。満天の星空を眺めながら星や宇宙に関する音楽の生演奏を聴くことができます。

その他、プレイエリアでは大きな卵型の空間で親子で様々なプログラムに参加できたり、サイエンスショーや高さ約8mもの大きな恐竜型遊具で遊んだりすることもできますし、屋外にはたくさんの遊具や大きなテント型遊具(トランポリンのように遊べる)にちびっこ広場まであります。天気が良い日も悪い日も、エンゼルランドふくいを訪れたら家族皆が満足できること間違いなしです!

<施設情報>
【住所】
坂井市春江町東太郎丸3-1
【営業時間】
9:30~17:00
(7/1~8/31は9:30~18:00)
【休業日】
月曜日(休日を除く)
休日の翌日(土日祝を除く)
年末年始(12/28~1/2)
※春休み・GW・夏休み・冬休みは休まず開館(年末年始を除く)
【利用料金】
スペースシアター/
大人520円、小中高生260円、幼児100円
展示エリア/
大人100円、小中高生無料、幼児無料
※幼児とは3歳以上で小学校就学の始期に達するまでの方を指す
【URL】
https://angelland.or.jp/

あそびハウス こどもと森・おもちゃハウス こどもと木(今立郡池田町)

木のぬくもりを目いっぱい楽しみたいなら、こちらの木育施設がオススメです。0歳~3歳までのお子さまが対象のこどもの木、それより大きなお子さま向けのこどもと森という2つの施設が隣り合っていて、まだハイハイやたっちをする年齢のお子さまから工作やダイナミックな遊びができるお子さままで、誰でも楽しめるようになっています。

施設内は木のおもちゃや道具で溢れていて、大きなアスレチックや組み立ておもちゃ、木工作品が作れるクラフトルームまであります。こどもの木の方には0歳~1歳までのお子さま専用の木の玉プールやおもちゃがあったり、池田町の杉から作られた肌触りの良いスツールが置いてあったりと、赤ちゃんたちがパパやママとゆっくり楽しめる空間になっています。どちらも室内で身体を動かしたりおもちゃで遊んだりできるので、雨の日や日差しの強い暑い日の遊び場にピッタリです♪

<施設情報>
【住所】
今立郡池田町薮田4−1−1
【営業時間】
(両館共通)9:30~16:00
(最終入館は15:30まで)
【休業日】
あそびハウス こどもと森/
毎週火曜日(祝日の場合は次の日)、年末年始
おもちゃハウス こどもと木/
平日(月~金曜日)、年末年始
【利用料金】
あそびハウス こどもと森/
おとな500円
小中学生800円
未就学児500円
おもちゃハウス こどもと木/
中学生以上100円
小学生・未就学児200円
※どちらも利用する場合、それぞれの施設で入館料が必要
【URL】
https://www.kodomotoki.ikeda-kibou.com/

子どもを育む巣箱 ときなる(福井市)

こちらも、木がテーマとなったぬくもりいっぱいの遊び場です。2018年4月に誕生し、木のおもちゃで存分に遊んだりごっこ遊びをしながら想像力を育んだり、親子で気の赴くままに木と触れ合って遊ぶことができます。ときなるには裸足で入館します。これは、木の質感や温かさを肌で直接感じてほしいという願いが込められています(他にもケガの防止のため)。

素足で気持ちの良い木の上を歩くことはなかなかない機会なので、ときなるに訪れたらその温かさを思う存分味わいたいですね。施設内には様々な「すばこ」と呼ばれる空間があり、積み木やごっこ遊び、玉転がしに壁面遊びなどここにしかない遊びが盛りだくさん!

<施設情報>
【住所】
福井市中央1-21-35 AUBEビル1・2F
【営業時間】
フロア/
月~金10:00~16:00、土日祝10:00~17:00
※再入場可(混雑時を除く)
おもちゃショップ/
月~土10:00~19:00
日祝10:00~17:30
【休業日】
毎週水曜日
(祝日の場合は翌日)
※フロア・ショップ共に
【利用料金】
福井県外/
大人770円、子ども550円
福井県内/
大人490円、子ども390円
【URL】
https://tokinaru.jp/

福井県立恐竜博物館:FPDM(勝山市)

恐竜好きなお子さまやパパママが憧れる、圧倒的な広さ・展示数を誇る恐竜博物館です。10体の実物の骨格を含めた44体もの全身骨格を始め、巨大なジオラマやスクリーンを駆使して所狭しと展示されています。恐竜だけでなく地球や生命の歴史について学べるエリアや参加型の展示や化石のクリーニング作業を見学できる部屋などもあり、ただ標本を見るだけでなく実際に体験・体感しながらこの地球について知ることができます。

また、2014年には野外恐竜博物館もオープンしました。勝山市北谷町は日本最大級の化石発掘現場で、そこで恐竜化石の発掘現場を見学したり発掘体験をしたり研究員の方から実際に開設を聞くこともできる貴重な場所です。夏休みの自由研究にも良いですね!恐竜博物館から専用バスに乗ってツアーに参加する形式なので、興味のある方は体験予約をしてみてくださいね。

<施設情報>
【住所】
勝山市村岡町寺尾51-11
【営業時間】
本館/
9:00~17:00
(入館は16:30まで。現在予約制)
野外恐竜博物館/
2021/4/22~10/31の時間予約制
【休業日】
第2・4水曜日
(祝日の場合はその翌日。夏休み期間中は無休)
年末年始
(12/29~1/2。ただし特別開館する場合あり)
※展示替えや施設点検により臨時休館する場合あり
【利用料金】
常設展観覧料/
一般730円、高校生・大学生420円、小中学生260円
※未就学児無料
野外恐竜博物館観覧料/
一般1,220円、高校生・大学生1,020円、小中学生610円
※未就学児無料
【URL】
https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

越前がにミュージアム(丹生郡越前町)

福井県のグルメといえば越前がにが有名ですね。その越前がにに特化したミュージアムが越前町にあります。10mもの大型スクリーンに映し出される深海300mの世界(越前がにのオスは水深300m付近に住んでいる)を始め、越前沖に住む魚が見られるトンネルや越前がにの生態研究室、かに漁船の操作シミュレータを使ったかに漁チャレンジなど、ここでしかできない体験が盛りだくさん!福井県を旅行で訪れて越前がにを頂くのも旅の楽しみですが、こちらのミュージアムを訪れて越前がにの世界を堪能するとより一層味わい深くなりそうですね。

<施設情報>
【住所】
丹生郡越前町厨71-324-1
【営業時間】
9:00~17:00
【休業日】
火曜日(夏休み期間は無休
11月~3月は第2・4火曜日休館)
【利用料金】
大人500円
小人(3歳~小学生)300円
【URL】
https://www.echizenkk.jp/kanimuseum

2.嶺南エリア

ふれあい・遊び・いきがいづくり きのこの森(大飯郡おおい町)

おおい町の特産品であるきのこがテーマの公園。高さ30mのきのこをモチーフにした展望台「きのこタワー」がこちらの公園のシンボルとなっています。きのこタワーは、タワーと同じくらいこの公園の見どころである巨大な「ビッグスライダー」とも繋がっています。ビッグスライダーの全長は460mで、スライダーのスタート地点から見られる絶景は必見!

芝生が広がる広大な多目的広場は、平成29年のリニューアル時に更に広々と拡張されて、ゆっくりお弁当を広げたりスポーツを楽しんだりと連日家族連れで賑わっています。また、多種多様なきのこ観察ができる散策コース「きのこロード」や大きなアスレチックもあり、「1日中楽しめる」ということで評判の良い公園です♪

<施設情報>
【住所】
大飯郡おおい町鹿野42-27
【営業時間】
9:30~17:00
(最終入園16:30)
※ビッグスライダー・ムーンカート・トロッコの利用は16:30まで
【休業日】
毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)
年末年始
※夏休み期間は無休
【利用料金】
入園料(清掃協力金)/
おとな200円、子ども(中学生以下)100円
ビッグスライダー専用敷物貸出料金/
100円(1日)
ちびっこゲレンデそり用具貸出料金(3歳~中学生まで)/
100円(20分)
【URL】
https://www.wakasa-ohi.co.jp/?page_id=403

レインボーライン山頂公園(三方上中郡若狭町)

レインボーラインと呼ばれる三方五湖有料道路上にある公園です。最寄りの駐車場からはリフトまたはケーブルカーに乗って山頂まで行きます。それだけで特別な体験ができますが、到着してから見られる絶景は見逃せません!湖・山・空・海・砂浜と、贅沢な景色が堪能できます。公園内には5つのテラスがあり、それぞれのテラスから絶景が見られます。

足湯があったりソファ席があったりカウンターがあったりと、お好きな場所で時間を忘れて景色を眺める時間は何にも代えがたいですよね。春と秋には110種類ものバラが見頃を迎えて、山頂公園の魅力をより一層引き立ててくれます。家族皆で日頃の疲れや悩みを忘れて山頂公園でゆっくり過ごしてみませんか?
※レインボーライン山頂公園へは三方五湖有料道路の利用が必須となります。

<施設情報>
【住所】
三方上中郡若狭町気山18−2−2
【営業時間】
夏季シーズン(4/1~7/20、9/1~11/30、3/1~3/31)/
9:00~17:00
夏休み期間(7/21~8/31)/
9:00~18:00
冬季シーズン(12/1~12/31、1/2・3)/
9:00~16:30
冬季シーズン(1/4~2/28)/
9:00~16:00
お正月早朝(1/1)/
6:30~16:30

◎三方五湖有料道路通行時間
(閉園30分前までに入場してください)
夏季シーズン(5/1~9/30)/
7:30~18:30
夏休み期間(7/21~8/31)/
7:00~19:00
冬季シーズン(4/1~4/31、10/1~3/31)/
8:00~18:00
【休業日】
なし
【利用料金】
入園料(リフト・ケーブル乗車込み)/
大人(中学生以上)900円、小人(小学生)500円
※未就学児は無料
三方五湖有料道路自動車通行料金/
普通車1,060円
【URL】
http://www.mikatagoko.com/park.php

敦賀市総合運動公園(敦賀市)

とにかく広い敷地の中に野球場や体育館、プールなどの運動施設と子どもたちが伸び伸びと遊べる広場などが沢山の施設がある敦賀市総合運動公園。斜面を利用したローラー滑り台は特に大人気です。人工芝で作られたちびっこゲレンデでは芝滑りが楽しめますし、点在する遊具で遊んでいくと夢中になって時間を忘れてしまいます。訪れた方たちはその広さに大満足しているので、密を避けて美味しい空気を吸いながら目いっぱい遊びたい時にオススメの公園です。

<施設情報>
【住所】
敦賀市沓見149号1番地
【営業時間】
火曜日~土曜日8:30~21:00
日曜日及び祝祭日8:30~17:00
年末年始の前日8:30~17:00(休館日の場合を除く)
※ローラー滑り台・ちびっこゲレンデは9:00~16:45
【休業日】
月曜日
祝祭日の翌日
(日・月曜日が祝祭日の時は火曜日)
年末年始(12/29~1/3)
【利用料金】
ローラー滑り台・ちびっこゲレンデ/
入場1回につき100円(毎月第2土曜日・こどもの日は無料)
【URL】
https://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/cityhall-facility/shiyakusho_shisetsu/gaibushisetsu/sougouundoukouen.html

福井県海浜自然センター(三方上中郡若狭町)

透明度が高く人気の海水浴場が数多くある若狭湾、その自然豊かな場所で海について学んで楽しんで癒される施設としてオープンしたのがこちらの福井県海浜自然センターです。若狭湾に住む生き物たちを始めとしたたくさんの生き物たちを間近で見たり触れたりできる充実の施設が、なんと入場料無料!子どもたちと海のことを楽しみながら学びたい家族が多く訪れています。

基本は無料ですが、有料の体験講座もあります。実際にウエットスーツを着て体験するスノーケリング教室、餌やり体験、海に関するクラフト講座など10種類以上の体験講座があるので、その時にお子さまが興味を持っている分野についてより深く学んだり体験してみるのもいいですね。

<施設情報>
【住所】
三方上中郡若狭町世久見18-2(食見海岸)
【営業時間】
9:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
【休業日】
月曜日(休日を除く)
休日の翌日(土日祝を除く)
年末年始(12/29~1/2)
※7/21~8/31は毎日開館
※館内整理のため臨時休館の場合あり
【利用料金】
無料
【URL】
http://fcnc.jp/

若狭湾・恐竜・海の生き物など、福井県ならではの魅力が思う存分味わえるスポットばかりですね!家族の思い出作りに、自由研究やリフレッシュに、福井県を楽しんできてくださいね♪

    ぷぅ
    記事を書いた人 :

    小学校と幼稚園に通う甘えん坊兄弟の育児に奮闘中の30代主婦です。
    家族全員自然が大好きで、役に立つ楽しいお出かけ情報や子育てのあれこれについて
    リアルな声をお届けしていきたいと思います!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 子どもの個性が見える!家でもできるいろいろな工作遊びまとめ

  2. 【滋賀県版】お金のかからない遊び場も♡子供とお出かけ・おすすめレジャースポット

  3. 春夏秋冬いつでもできる☆室内でも楽しく過ごせる1歳児のお家遊び

  4. 【岐阜県版】雨の日でも平気♡子供とお出かけ・東海のおすすめ室内レジャースポット

  5. ドキドキな子連れキャンプ☆子どものためにあると便利なキャンプ用品

  6. 【静岡県版】お金のかからない遊び場も♡子供とお出かけ・おすすめレジャースポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。