お家周りをお花でオシャレに華やかに♪簡単なガーデニングの始め方

暖かくなってくるとやりたくなるのがガーデニング。お家周りにもお花の色を添えるだけで、オシャレで華やかになりますよね。お花のある暮らしは見るだけでもなんだか明るい気分になれちゃうから不思議。

でも一見植えるだけの簡単そうに見えるガーデニングも、これからガーデニングを始める方にとっては何をどうしたらいいのか分からないこともたくさん出てきます。

今回は、ガーデニングの基本・簡単なガーデニングの始め方を紹介します。

1.道具を揃える

まずは必要な道具を揃えましょう。

関連記事
楽しいガーデニング♪初心者さん必見!ガーデニングに必要なもの

大体のものは100均でも揃えられます。初心者さんはまずはこちらで揃えてみるのも良いでしょう。使っていくうちに自分に必要なものや合ったものも分かってくると思います。

2.場所を決める

花壇を作る場所、プランターを置く場所を決めます。
重要なのは日当たりと風通し。日当たりが悪いと植物が十分に育ちませんし、風通しが悪いと病気になりやすいです。

3.土台作り

花壇を作る(地植え)場合

庭に花壇を作る場合、小さいスペースであれば、深さを10cm以上掘り起こして市販の土を入れるだけで土台の完成です。しかし、広い花壇を作る場合は土づくりが必要となります。

  1. 花壇のスペースを決め、枠を作ります。枠を作らない場合でも、花壇のスペースが分かるようビニール紐などで囲っておくと良いでしょう。
  2. 土を作ります。掘り起こしてふるいにかけ、小石や草を取り除きます。石灰を混ぜて弱酸性にした後、腐葉土や堆肥を混ぜて土の状態を整えていきます。手間のかかる作業ですがとても重要な工程です。

プランターで栽培する場合

  1. プランターの穴を塞ぐように鉢底ネットを敷きます。
  2. プランターの底から2~3cmほど鉢底石を敷きます。
  3. プランターいっぱいに培養土を入れます。上面を1cm程残す感じでたっぷりと入れましょう。

4.種まき

種まき

一概に種まきといっても花の種類によってまき方が異なってきます。まず種まきには「直まき」と「床まき」の2つの方法があります。

  1. 直まき
  2. 直接花壇やプランターに種をまいていく方法です。種が大きいものによく用いられます。あとから移植する必要もないので、初心者さんにおすすめの方法です。ただし天気によって土の環境が左右されやすいので失敗することもあります。

  3. 床まき
  4. まずは専用のポットや箱に種をまき、発芽後に移植する方法です。こちらが一般的な種まきの方法で、発芽がしやすく成功率も高いです。初心者さんに最もおすすめしたいのが「ピート板」。

    ピートモスという培養土を乾燥させたもので、水を含ませることで膨らみます。発芽しやすいよう肥料等も含まれているので失敗率も低く、手軽に発芽させることができます。下から水を含むタイプなので、細かい種も流れ出る心配がありません。

    また、種にも日光を必要とするもの、嫌うものと2種類ありますし、撒き方も「点まき」「すじまき」「バラまき」の3種類がありますので、種の入っている袋の説明書きを必ず確認しましょう。

  5. 「好光性」と「嫌光性」
  6. 好光性・・・発芽するのに日光を必要とします。土は掘らず、土の上に種を置いて薄っすら土を被せます。

    嫌光性・・・発芽するのに日光は必要なく、暗い場所で発芽します。穴を開けて種をまき、しっかりと土で覆います。

  7. まき方の種類
  8. 点まき ・・・指などで穴をあけて種をまく方法
    すじまき・・・割りばしなどで等間隔に浅い溝を作って種をまく方法
    バラまき・・・種をパラパラとばらまいていく方法

    種をまいたら、水を切らさないようこまめに水やりをします。じょうろなどで注ぐと土や種が流れ出てしまうので霧吹きを使って水やりをしましょう。

    間引き

    発芽してしばらくしたら一番丈夫そうな芽を残して間引きしていきます。間引きしないと、目が混み合って栄養も十分に行き渡らず、生育不良を起こします。通気性も悪くなるので、病気や害虫被害にも合いやすくなります。

    密集しているところは、他の苗を傷つけないようピンセットなどを使って間引くと良いでしょう。日当たりや風通しが良くなるよう様子を見ながら間引いて下さいね。

    5.苗植え

    ポットと同じぐらいの大きさの穴を掘り、そこに入れて土を固めます。苗は基本的にポットから出したらそのままの状態で移植しますが、根がぎっしりと詰まっているものは根詰まりを起こすので軽くほぐしてから植えましょう。

    いくつかの苗を並べて植える場合は詰めすぎず、苗と苗の間に隙間ができないようしっかりと土を入れて下さい。
    苗から育てる場合は、買ってきたら早めに植え替えてあげましょう。

    6.水やり

    苗を植えたらたっぷりとお水をあげます。プランターの場合は、下から水が溢れてくるぐらいにたっぷりと水をあげましょう。水やりはガーデニングで最も重要です。

    雨の日以外は毎日水やりをしましょう。また、暑い日は土が乾燥しがちなので朝晩2回水をあげましょう。


    少し難しく感じるかもしれませんが、やってみるとそうでもありません。自分で育てた花が開花した時、とっても嬉しい気分になれますよ。苗を植えた後は、水やりだけでなく日々のお手入れも忘れないで下さいね。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. プレゼントにも最適☆寒い冬を快適に過ごすおすすめ防寒グッズ2021

  2. 時短で朝もラクラク♡毎日のお弁当作りが楽になる便利な調理グッズ

  3. 帰省や友人に招かれた時におすすめ♡絶対喜ばれるセンスのいい手土産

  4. 収納もおしゃれを意識した演出に♡おすすめ収納棚と選び方のコツ

  5. 【2021加湿器完全保存版】選び方・種類別人気おすすめ加湿器

  6. 学用品が多い小学生でも片付けやすい♪子供部屋の収納アイデアとコツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 水にさらすのはNG?辛味をとるにはレンジ?玉ねぎの栄養と豆知識

  2. おしゃれなものから日用品まで☆結婚祝いにおすすめのプレゼント

  3. 【100均キャンプギア2021】ダイソーの使えるアウトドア用品70選

  4. 離乳食中期がまる分かり☆離乳食の進め方・つまずいた時のコツ

  5. 家族が多いほど増える靴。収納力もアップする靴箱の収納アイデアと…

  1. 【2021】おすすめの市販シャンプーは?美容師もすすめる人気商品

  2. 【2021】絶品お取り寄せスイーツ♡おしゃれかわいいおすすめ手土産

  3. 子供の成長に合わせて調節したい♪ジャージを切らない裾上げの仕方・…

  4. 一枚布を折り畳むだけ!簡単ティッシュケース付き移動ポケットの作…

  5. ゴムを使ってるから着脱も楽らく簡単に出来る♪子供用エプロンの作り…

  1. 楽して痩せたい!コロナ太りに悩む女性におすすめのダイエットグッズ

  2. 趣味が仕事に繋がる!ハマればハマるほど楽しい主婦に人気のハンド…

  3. 趣味の時間が活気に繋がる♡主婦におすすめ・おうち時間の楽しみ方

  4. 自粛中充実したおうち時間を送るために…主婦におすすめ・家でできる…

  5. おうち時間で女子力アップ!美容に健康…隙間時間で綺麗になれる趣味