デザインワニカンとリボンを使った簡単なのに可愛いイヤリングの作り方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

子どもたちの間でも人気なリボンピアス。流行の韓国ファッションにもぴったりですよね。デザインワニカンがあれば、プレゼントに使われていたラッピングのリボンもおしゃれなピアスに早変わり。お気に入りのブランドのリボンだってピアスにできますよ。今回は、デザインワニカンとリボンを使った簡単なのに可愛いイヤリングの作り方を紹介します。リボンによって、クール系からかわいい系までいろんなジャンルのものが作れますよ。

1.必要な材料

必要な材料

  • デザインワニカン 2つ
  • リボン(好みの長さの2倍量) 2本
    ダイソーやセリアなどの100均には、ラッピング用のシンプルなものから、柄入りのもの、引き糸も揃っていますよ。ラッピングに使用されていたものでもOKです。
  • カボション 2つ
  • イヤリング金具(平皿カン付きのもの) 1セット
    平皿はカボションの大きさに合ったものを使いましょう。平皿が小さいと、金具が取れてしまうことがあります。
  • 丸カン 4つ
  • ヤットコ(平・丸)
  • 接着剤 または レジン

2.ワニカンを開きリボンを挟む

  1. ワニカンを開きリボンを挟む

    リボンを好きな長さにカットし、二つ折りします。リボンの幅がワニカンよりも広い場合は、ワニカンの幅に合わせて調節しましょう。

  2. ワニカンを開きリボンを挟む

    ワニカンを開いて、リボンの先端を挟みます。平ヤットコで挟む際、金具とヤットコの間に薄い布を挟むと、ワニカンに傷がつきにくくなりますよ。

3.カボションにカン付きイヤリングをつける

カボションにカン付きイヤリングをつける

カボションの裏に、カン付きイヤリングパーツをつけます。カンが塞がらないように注意して下さいね。上からレジンを塗り重ねると、取れにくくなりますよ。

4.ワニカンとカンを丸カンで繋ぐ

ワニカンとカンを丸カンで繋ぐ

カボションパーツとリボンパーツを丸カンでつなぎます。パーツ同士の向きが合わない時は、丸カンを足して調節して下さい。

5.仕上げ

リボンの形を整え、接着剤が完全に乾いたら完成です。

最終更新日 2024年4月30日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 縫わない布リボンで簡単に作れる子ども用蝶ネクタイの作り方

  2. 【幼稚園・小学校】給食用ナフキンの作り方。角を綺麗に仕上げるコツ

  3. 太めの文字の刺繍に使える。アウトラインステッチの縫い方とコツ

  4. 【100均手ぬぐいリメイク】手ぬぐいで簡単ブックカバーの作り方

  5. デザインを考えるのも楽しい♪台座を使用したビジューピアスの作り方

  6. ガラスの透け感が可愛いランプシェードの作り方。シーグラスで簡単工作

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA