おしゃれしめ縄の作り方。ドライフラワーを貼り付けるだけで簡単!

「お正月のしめ縄を今っぽい感じのおしゃれなものにしたい。」市販のしめ縄は赤や金の装飾がなされた和風飾りが多いですが、洋風な外観の家も増えており、ナチュラルなものを好まれる方もみえるでしょう。1年の初めに飾るものだからこそこだわってみたいですよね。伝統的な装飾にプラスして、ドライフラワーを貼り付けるだけで簡単に個性的でおしゃれなしめ縄に仕上がりますよ。今回は、おしゃれなしめ縄の作り方をご紹介します。

1.必要な材料

材料

  • しめ縄(土台)
  • フローラルテープ
  • ドライフラワー各種
  • 水引(お好み)

年末年始のシーズンなら、しめ縄の土台はショッピングモールや東急ハンズなどで手に入れることができます。和風なデザインにしたい方は、水引などをお好みで使ってみてください。

道具

  • グルーガンまたは接着剤
  • ハサミ

おすすめのドライフラワー

こだわりのある方は自分でドライフラワーを作るのも良いですが100均や通販で購入もできます。お正月の飾りなので、南天や松ぼっくりなど縁起物に、ラベンダーやカスミソウなどを合わせてみるとおしゃれで今風です。

2.ドライフラワーの配置を考える

ドライフラワーを置いてみる

まず、ドライフラワーを土台のしめ縄に置いて、レイアウトを考えてみてください。土台から飛び出てしまう茎などははさみでカットしていきます。レイアウトを忘れないために、配置をスマホで撮影しておくなどしましょう。

フローラルテープでまとめる

細長いものや細かい花は、フローラルテープでくくってまとめておきます。

3.グルーガンで土台に付ける

花材を小分けにする

グルーガンでつける花材を適当な大きさにカットしておきます。

花材をグルーガンでつける

考えたレイアウト通りに花材を土台に付けていきます。接着剤やグルーは花材に付けてください。木の実などを補強するには、飾りと土台の隙間にグルーガンで注入するといいですよ。

4.仕上げ

接着剤が乾いたら完成です。今回はお正月のしめ縄飾りでしたが、クリスマスのリース作りにも応用できます。土台に花材を思い思いに付けて、自分だけのマイ飾りを作ってみてください。

最終更新日 2022年8月25日

    P子
    記事を書いた人 :

    東海地域を中心にライターとして活動しています。
    可愛いものには目がありません。
    ハンドメイド記事を通して、普段の生活がパッと明るくなるようなものにしていきたいです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. はぎれで作るかわいい布小物。簡単リップケースの作り方

  2. 塗り絵みたいに糸で塗りつぶす。刺繍の基本・サテンステッチの縫い方

  3. 四つ編みで作る!簡単なのに凝って見える革紐ブレスレットの作り方

  4. 洗濯のりなど100円均一で揃う材料で作るハーバリウムの作り方

  5. 【園児用・小学生用】簡単な裏地付き上靴袋(上履き入れ)の作り方

  6. ポンポンメーカーで簡単にできる!ポンポンのキーホルダーの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA