子供も喜ぶ!100均の毛糸で作るニコちゃんコースターの編み方・作り方

夏では出番が多いコースター。そんなコースターが可愛いとテンションがあがりますよね。今回は、100均で手に入る毛糸でニコちゃんのコースターの編み方・作り方を紹介します。いろんな色の毛糸が売っているので、好きな色で作ってみてください。ニコちゃんをコップの下に敷いてあげれば、子供も喜ぶこと間違いなしです。

1.必要な材料

  • 毛糸(今回はコットンヤーンを使用)
  • かぎ針(今回は6号を使用)
  • Clover カギ針「アミュレ」
    Clover カギ針「アミュレ」
  • はさみ

2.作り目の輪を作り、一段目を編む

  1. 手に毛糸を二重巻きます。

  2. 二重に巻いた毛糸を持ちながら、作り目をします。

  3. 立ち上がり目のくさり編みを一目編みます。

  4. 二重に巻いた輪にくぐらせながら、細編みを8目編みます。編み物初心者の方は、細編みの最初の目に印をつけておくといいですよ。

  5. 二重に巻いた糸始まりの糸を引っ張って、動いた方の糸を引っ張り、輪を引き締めます。

  6. 細編みの最初の目に引き抜き編みをし、一段目が完成です。

3.増し目をしながら合計6段編む

  1. 2段目の編み始まりに立ち上がりのくさり編みを一目編みます。

  2. 1目に対してすべて2回細編みをします。このとき、立ち上がり目(くさり編み)の根本の目から編み始めてくださいね。印を付ける場合は最初の細編みにつけます。

  3. 8目から合計16目になります。2段目の最初の細編みに引き抜き編みをしたら、2段目が完成です。

  4. 3段目の始めに立ち上がりのくさり編みを一目編みます。

  5. 1個目に1回(次の印はこの目につけます)、2個目に2回、3個目に1回、4個目に2回。5個目以降も1回、2回・・・と交互に細編みを編みいれていきます。

  6. 16目から合計24目になります。3段目の最初の目に引き抜き編みをしたら、3段目が完成です。

  7. 4段目のはじめに立ち上がりのくさり編みを一目編みます。

  8. 1個目に2回、2個目に1回、3個目に1回。4個目以降も同じサイクルで2回、1回、1回・・・と細編みを編み込んでいきます。

  9. 24目から合計32目になります。4段目の最初の目に引き抜き編みをしたら、4段目が完成です。

  10. 5段目のはじめに立ち上がりのくさり編みを一目編みます。

  11. 1個目に1回、2個目に1回、3個目に1回、4個目に2回。5個目以降も同じサイクルで1回、1回、1回、2回・・・と細編みを編み込んでいきます。

  12. 32目から合計40目になります。5段目の最初の目に引き抜き編みをしたら、5段目が完成です。

  13. 6段目のはじめに立ち上がりのくさり編みを一目編みます。

  14. 1個目と2個目にそれぞれ1回、3個目に2回、4個目~7個目まですべて1回。8個目以降は、2回、1回、1回、1回、1回・・・のサイクルで細編みを編み込んでいきます。

  15. 40目から48目になります。6段目の最初の目に引き抜き編みをして、糸処理をしたら、コースター本体の完成です。

4.ニコちゃんの顔を編む

ニコちゃんの目と口の配置を考えます。目の配置を決めたら、コースターと違う毛糸の色で編んでいきます。

  1. 40㎝くらいに毛糸をカットして、目になるように編んでいきます。今回はかぎ針を使って編んでいますが、糸通しを使って編むこともできます。

  2. 裏で糸処理をし、もう片目も同様に編んでいきます。

  3. 口の配置を決めたら、編み始めに輪を作り、そこから湾曲になるように引き抜き編みをしていきます。編み終わったら、裏で糸処理をして完成です。

色んな色の毛糸で家族分作っても可愛いですよね。ぜひ、たくさん編んでみて下さいね。

    kimichan
    記事を書いた人 :

    ママの「知りたい」を集めて紹介していきます。
    趣味はハンドメイド・節約・アウトドア・コストコ
    おしゃれなインテリアグッズも大好き◎

  • コメント: 0

関連記事

  1. 資材の封じ込めに便利なレジン型♡おすすめのレジンモールドまとめ

  2. パールビーズをワイヤーでくるくる巻き付けたフープピアスの作り方

  3. 車で大活躍!100均手ぬぐいで作る吊り下げティッシュケースの作り方

  4. 水引とパールで作る着物にもピッタリな梅結びヘアアクセサリーの作り方・結び方

  5. 100均で揃う材料で簡単おしゃれなインテリア、ストリングアートの作り方

  6. 季節を彩るクリスマスバージョンハーバリウムの作り方、おすすめ花材

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。