小学生でも簡単に作れちゃう!可愛いウェットティッシュケースデコの作り方

ご自宅で使っているウェットティッシュケースを簡単に可愛くデコレーションしてみませんか?プラスチックの無機質な印象からインテリアに馴染む素敵な作品に生まれ変わりますよ♪

今回は、可愛いウェットティッシュケースデコの作り方を紹介します。小学生くらいのお子様でも簡単に作れちゃうので是非親子で楽しく作ってみてください。

1.必要な材料

  • ウェットティッシュケース(今回はシルコットを使用)
  • リボン 38mm~40mm幅のもの
  • ブレード
  • デコパージュ専用液
  • デコパージュトップコート
  • 両面テープ 10mmのもの
  • グルーガン
  • はさみ
  • ボールペン
  • ライター

2.蓋部分の形に合わせ、布の裁断をする

  1. ウェットティッシュケースの蓋部分の型を取ります。

  2. 布を蓋に当て、くぼみにボールペンを沿わせながらボールペンで縁になぞっていきます。

  3. ボールペンの線より2mmほど内側をはさみで丁寧にカットしていきます。

3.蓋部分にデコパージュ液を塗り、布をつける

  1. 蓋部分にデコパージュ専用液を薄く均等に塗っていきます。塗りムラがあると綺麗に仕上がらないので注意しましょう。

  2. 蓋部分に布を貼っていきます。布がシワにならないように、淵から2mmあけて貼りましょう。

4.側面にリボンを貼り付ける

  1. リボンを側面に貼っていきます。ウェットティッシュケースの各面に、リボンを合わせてカットします。この時も両サイド2mm短くカットします。(角のパーツ4つ、側面上下のパーツ2つ、蓋のパーツ1つ)

  2. リボンの端がほつれてこないように、ライターで炙ります。青色の炎の部分で2往復ほど炙ると繊維が固くなりますのでほつれ止めになります。(ライターの取り扱いには注意して、お子様だけでは使用しないでくださいね)

  3. リボンの裏面に両面テープを貼っていきます。約40mmのリボンを使用しているので、10mm幅の両面テープを4本貼りましょう。リボン全体が隠れるように貼れたら、ウェットティッシュケースの側面に貼っていきます。

5.ブレードをつける

ブレードをグルーガンで付けていきます。

あまり沢山つけすぎると、はみ出てしまうので注意しましょう。途中で曲がったりしないように引っ張りながらウェットティッシュケースに沿わせるように行うと綺麗な仕上がりになります。

蓋部分は、先にトップコートを生地全体に塗り、乾いてからブレードを貼り付けましょう。

6.仕上げ

最後に蓋部分にリボンなどで飾りつけをしたら完成です。簡単に自分好みのウェットティッシュケースが完成するので作ってみてくださいね。

    kimichan
    記事を書いた人 :

    ママの「知りたい」を集めて紹介していきます。
    趣味はハンドメイド・節約・アウトドア・コストコ
    おしゃれなインテリアグッズも大好き◎

  • コメント: 0

関連記事

  1. 北欧好きにはたまらないモビール♡作り方が分かればアレンジ自在なヒンメリまとめ

  2. ハンドメイド指輪に欠かせないリング台☆指輪金具の種類まとめ

  3. かぎ針なしでも作れる 小学生でも出来る簡単指編みシュシュの作り方

  4. 100均材料でできる!クリスマスツリーを彩る手作りオーナメント集

  5. お正月のしめ縄をおしゃれに!ドライフラワーで今風のしめ縄の作り方

  6. 道具を使わない!小さな子どもでも作れる指編みシュシュの作り方・編み方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。