羊毛フェルトで飾り付け♡ふわふわかわいいくるみボタンゴムの作り方

コロンとしたフォルムがかわいいくるみボタンは、好きな柄の生地を簡単にボタンに加工できるので人気です。レースやリボンを挟んでみてもアクセントとなって可愛いのですが、羊毛フェルトでも飾り付けできるんですよ。 今回は、ふわふわでかわいいくるみボタンヘアゴムの作り方を紹介します。

1.必要な材料

  • 羊毛フェルト
  • フェルト (薄手がオススメです)
  • ニードル
  • 専用板
  • くるみボタンキット (今回はダイソーのものを使用します。)
  • ヘアゴム (輪っかになっていないもの)
  • はさみ

関連記事
インテリアからアクセサリーまで♡手作りアイテムで楽しむハロウィン2020

関連記事
ハンドメイドの材料・パーツのおすすめ通販サイト20選

2.フェルトをカットする

くるみボタンキットの付属の型紙に合わせてフェルトを丸くカットします。

3.羊毛フェルトを作りたい絵柄に合わせて刺していく

  1. 今回は木を作っていきます。羊毛フェルトを刺して、木の葉っぱの部分を作って行きます。少し厚みが出るように作っておくと、仕上がりがぷっくりして可愛いですよ。
    ※作りたい絵柄がくるみボタンに収まるように大きさを調節しましょう。
  2. ①に合わせて、木の幹を作っていきます。枝の部分は羊毛を長細く丸めてから軽く刺し、まとまってきたら①に刺しつけていきます。枝ができたら①に重ねて刺していきます。同じように幹も作ります。

これで木の完成です。お好みで木を装飾して下さいね。

4.フェルトに羊毛フェルトを刺していく

3で作った木をフェルトの中心に置いて刺し、フェルトに貼り付けていきます。この時もくるみボタンに収まるかどうか確認しましょう。簡単に剥がれないようにしっかりと刺して下さい。

5.くるみボタンを作る

  1. 専用の型を用意し、裏返したフェルトを入れます。型ごと裏返して確認し、絵柄の部分が底にくるように合わせておきましょう。
  2. 型にくるみボタンの表のパーツを入れます。フェルトが中心からズレてしまいがちなので注意しましょう。
  3. はみ出ているフェルトをくるみボタンの中心に集めます。
  4. くるみボタンの裏パーツ→打ち具の順に乗せ、上からグッと押し込みます。カンは絵柄に対して縦向きになるように調節しましょう。押し込む際にも、机に対して水平に力が加わわるよう、まっすぐと押し込みます。
  5. くるみボタンを型から取り出したらくるみボタンの完成です。

6.仕上げ

くるみボタンのカンの部分にヘアゴムを通し、好きな大きさで輪っかを作って結びます。余分なゴムをカットしたら完成です。絵柄をかぼちゃやおばけにすると、ハロウィンの季節にピッタリ♡

7.作り方動画


羊毛フェルトはひたすら刺さないといけないのが苦に感じる方もみえると思いますが、これなら厚みもたいしていらないですし、フェルトにも簡単につけられるので手軽に作れますよ。リースや靴下等、クリスマスの絵柄でクリスマスver.を作っても可愛いですよ♡

    azusa
    記事を書いた人 :
    保育士。 3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら、合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。 小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを記事にしていきたいと思います。
  • コメント: 0

関連記事

  1. 楽しいガーデニング♪初心者さん必見!ガーデニングに必要なもの

  2. ドキドキな子連れキャンプ☆子どものためにあると便利なキャンプ用品

  3. レジンの透け感が夏らしい♪アレンジ自在なクリアレジンリングの作り方

  4. インテリアからアクセサリーまで♡手作りアイテムで楽しむハロウィン2020

  5. 初めてのキャンプ☆何が必要?これだけあれば大丈夫な持ち物リスト

  6. ヘアピンにヘアゴム・・・ハンドメイドヘアアクセサリーに必要なパーツの種類

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。