ハンドメイドピアスに欠かせない金属パーツ☆ピアス金具の種類まとめ

ハンドメイドが盛んな昨今。ハンドメイドなら自分の好きなパーツを組み合わせて、自分好みのアクセサリーを作ることができますよね。ピアスだって簡単に作れてしまうので、一度やってみようかなと思っている方も多いと思います。

ピアスを作るにも、作りたいデザインによって使用する金具は様々。そこで今回はピアス金具の種類をまとめてみました。

1.ポストピアス

ポストの先に丸玉がついています。丸玉の下についているカンにパーツを繋げて使います。カンも縦向き・横向きとあるので、繋げるパーツによって使い分けましょう。

2.平皿ピアス

ポストの先に平たいお皿がついており、そこにカボションを貼り付けて使用します。平皿の下にはカンがついているタイプもありますので、耳たぶからぶら下げるパーツまで完全オリジナルのピアスを作ることができます。

平皿の大きさにも数種類あるので、貼り付けるパーツの大きさに合わせて使い分けましょう。貼り付けるパーツに対し、接着面が小さすぎると取れやすくなりますので注意してくださいね。

3.丸皿ピアス

丸皿ピアスは平皿ピアスにもよく似ていますが、お皿の部分がカップ状になっているのでパールやビーズなど円形のパーツもしっかりと貼り付けることができます。芯のついたものもあり、片穴タイプのパーツだとよりしっかりと接着することができますよ。

4.シャワーピアス

シャワーピアスは、皿の部分にシャワーのように小さな穴が開いています。昨年流行したパールシャワーピアスにも使用されている台座です。台座の穴にワイヤーやテグス・糸を通してビジューやビーズを留めることができます。

台座単体でも購入することができますよ。縫い付けることで、レジン等での接着よりもしっかりとつけることができます。

5.フックピアス

フックピアスはぶら下げるタイプのピアスによく使われています。フックの下にパーツを繋げて使用します。貼り付ける工程や耳たぶ部分のデザインとの相性を考える必要もなく、初心者さんでも手軽に使えるアイテムです。

6.フープピアス

ピアス金具に繋げるタイプのカン付きフープ金具もありますが、フープピアスはそのまま使用することができます。フープの口にポストがついているので、耳に対して垂直につけることができます。

そのままでも使えますが、ピアスやビーズを巻いたり通したりしても可愛いですよ。フープピアスのデザインも数種類あるのでチェックしてみて下さいね。

7.アメリカンピアス(チェーンピアス)

アメリカンピアスとは、ポスト部分が長く、先にチェーンがついたロングタイプのピアスです。チェーン部分を直接ピアスホールに通すだけなので簡単に着脱でき、華奢なシルエットで揺れておしゃれ☆

小顔効果も期待できるので、女性には嬉しいですよね。チェーンにパールやビーズなどをつけてオリジナル性を出しましょう。

8.デザインポストピアス

通常ポストピアスは丸玉がついているのですが、デザインポストピアスは丸玉部分がデザイン性のあるパーツとなっているので、そのままつけても可愛いんです♡カン付きのものもあり、他のパーツと繋げることもできます。

耳たぶの部分にもデザイン性を出したい場合、通常平皿にカボションをつける工程から始めますが、その工程も省くことができ、とても扱いやすいパーツです。


金具だけでも数種類あるので、ピアスに合わせて使い分け、素敵なピアスを作って下さいね。初心者さんは迷ってしまうかもしれませんが、ポストピアス・フックピアスから始めてみるといいと思います

    azusa
    記事を書いた人 :
    保育士。 3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら、合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。 小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを記事にしていきたいと思います。
  • コメント: 0

関連記事

  1. セダムにエケベリア・・・見ているだけでかわいい多肉植物の人気の種類

  2. 耳が痛くないものからデザインも豊富!イヤリング金具の種類まとめ

  3. お庭の一角で始める家庭菜園☆初心者さんでも分かる畑の作り方

  4. シルバーが大人な印象のアクセサリーを作ろう♪シルバーワイヤーピアスの作り方

  5. 色付きのレジンを楽しむ方法☆カラーレジンと着色の仕方・おすすめ

  6. レジンの透け感が夏らしい♪アレンジ自在なクリアレジンリングの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。