リメイク缶を使っておしゃれな多肉植物の寄せ植えのやり方とコツ

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

愛らしい見た目とお手入れの簡単さで人気の多肉植物。多肉植物の種類は原種だけでもなんと1万5千種以上。自分好みのものを厳選して、最高の寄せ植えを作ってみませんか?寄せ植えと聞くと、バランスだったりが難しそうなイメージがありますが、ちょっとコツを掴むだけで意外と簡単にできます。リメイク缶を使えばさらにおしゃれ度UP!今回は、リメイク缶を使ったおしゃれな多肉植物の寄せ植えの作り方とコツをご紹介します。

1.必要な材料

  • 多肉植物
  • ペンチ
  • キリ(穴を開けるもの)
  • ヤスリ
  • ペンキやアクリル絵の具
  • ハケ
  • スコップやスプーン
  • 多肉植物用の土
  • ピンセット
  • 割り箸などの棒

2.リメイク缶の作り方

ペイント缶(LL)
ペイント缶(LL)
  • 楽天参考価格:¥600
 

缶にも大きさや素材、形などさまざまなものがあります。完成をイメージしながら好きなものを選びましょう。

  1. 選んだ缶をよく洗い、乾かしておきます。
  2. ケガをしないように切り口の部分はペンチなどを使って内側に叩き込んでおきましょう。
  3. 次に、水はけをよくするために底に穴を開けます。
  4. 最後に缶をお好みの色に塗り、乾いたら完成です。その際、金属用のペンキやアクリル絵の具でない場合、塗料を塗る前に缶全体にヤスリをかけてから塗ると色がのりやすくなります。

3.多肉植物の選び方

寄せ植えをする多肉植物を選ぶときは色や高さを合わせたり、グラデーションになるものを選ぶと全体のバランスが良くなります。また、多肉植物は種類によって生長期や必要とする水の量が違うので同じ仲間で寄せ植えをすると初心者でも育てやすいでしょう。

4.苗をポットから出し、形を整える

ポットの上から土を揉み、柔らかくしてから優しく上に引き抜きます。引き抜く際に下や横を向けてしまうと葉と葉の間に土が入ってしまい仕上がりが汚くなってしまうので必ず上に引き抜きましょう。根をほぐしながら余分な土を落とします。根の最適な長さは器に入れたとき、底につかない長さ。長すぎるようならハサミで切りましょう。

5.器に土を入れる

用意しておいたリメイク缶や器に土を入れていきます。底に穴が開いていないものを用意した場合は土を入れる前に軽石などを底に敷き、水のはけ場所を作ってあげましょう。土はぎゅうぎゅうに詰め過ぎずふわっとさせておきます。

6.苗を植え付ける

多肉植物のバランスを見ながら苗を植え付けていきます。大きくて根がたくさんあるものを先に植え、小さいものを隙間に植えていくのがポイントです。小さい植物は先にブーケ状にしてから植え付けるとやりやすいでしょう。割り箸などの棒を使いながら土をしっかりと下の方まで送り込みます。不安定なところに土を足しながら、全ての植物を植え付けたら完成です。

7.仕上げ

可愛いフラワーピックなども、売っていますのでイメージにあったもので更に可愛く飾ってみるのも、おすすめです。


手入れも簡単な多肉植物はずぼらさんにもおすすめ!お部屋に緑が少しあるだけで生活がグッと明るくなりますよ。

最終更新日 2023年12月25日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. もこもこフェルトの可愛いお花ヘアピンの作り方。100均材料で簡単

  2. 100均のTシャツヤーンを使った簡単すぎるタッセルピアスの作り方

  3. 指輪の簡単ハンドメイド♪子どもにも作れるお花模様のビーズリングの作り方

  4. 初心者さんも分かるハンドメイドアクセサリーの始め方。必要なものは?

    初心者さんも分かるハンドメイドアクセサリーの始め方。必要なものは?

  5. レトロかわいいおはじきを使った貝殻チャームイヤリングの作り方

  6. はぎれと12cmファスナーで作るテトラポーチ(三角ポーチ)の作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA