フェルトをつなぎ合わせる時に…手縫いの基本・たてまつり縫いの縫い方

大きさの違う生地を縫い合わせる時に使用されるのが「たてまつり」です。パッチワーク、ワッペンやアップリケを縫い付ける時やフェルトをつなぎ合わせる時によく使われます。たてまつり縫いは、縫い目がとてもシンプルで目立ちにくいのが特徴です。今回は、手縫いの基本・たてまつり縫いの縫い方を紹介します。

1.布を合わせ、内側から針を刺す

糸先を玉結びしておきます。2枚の布を好きな位置に合わせて、表側の布の裏から針を刺し、表に抜きます。

2.奥の布に直角に針を刺す

針を出した位置から真上に針を持っていき、2枚の布の堺の奥の布に針を刺します。針を出した位置と刺す位置が直角になるよう意識して縫っていくと、縫い目がきれいに揃いますよ。

3.2から少し離して針を刺す

そのまま裏に針を引き抜いて、今度は2で針を刺した位置から少し離して針を刺します。針を刺していく位置が直線状になるよう意識しましょう。あまり強く引っ張りすぎると、生地がひけてしまうので、力加減にも注意して下さい。

4.仕上げ

  1. これを繰り返していきます。針を刺す位置が等間隔で同じ長さになるようにしましょう。
  2. 縫い終わりは、裏に糸を引き抜き、玉結びをしてカットします。

5.たてまつりの使用例

たてまつりは、アップリケなどのワンポイントを縫い付けるのに使用します。フェルトマスコット作りでは、土台にパーツを縫い付けていく時にオススメです♪フェルトと違う色の糸を使ってもステッチがおしゃれに残りますが、フェルトと同色の糸を使うことで、縫い目が目立ちにくくなりますよ。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. はぎれを活用♪ミシンを使ったパッチワークコースターの縫い方・作り方

  2. 色付きのレジンを楽しむ方法☆カラーレジンと着色の仕方・おすすめ

  3. キャンプにもおすすめ!収納力たっぷりのカトラリーケースの作り方

  4. ワニカンパーツの基本的な使い方がわかる!手作りピアスの作り方9選

  5. ラミネート生地で裏地がなくても大丈夫♪防水効果も抜群なポーチ作り方

  6. インパクトのあるカボションを使ったピアスの貼り付け方、作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。