フェルトなどのお裁縫の基本。縫い方も簡単な巻きかがり縫いの縫い方

お裁縫と聞くと、細かい作業が苦手な方には、少し敷居が高く感じるかもしれません。でも洋服や雑貨、布製品の破れや、お子さんの入園入学を考えると避けては通れない道。
でもフェルトなどのお裁縫の中でも基本の「なみ縫い」と「巻きかがり」さえ覚えておけば、手縫いでできるお裁縫なら大抵のものは乗り越えられるはず。今回は、二枚の布の端を縫い留める時に使う、巻きかがり縫いの縫い方を紹介します。

1.布の間から針を入れる

  1. 刺繍糸を二本取りし、糸先を玉留めします。

  2. 二枚のフェルトの端をきれいに合わせ、手前のフェルトの裏側(フェルトの間)から斜めに針を通して表に針を抜きます。

2.裏側から針を通す

  1. 表に抜いた針を裏側に回し、先ほど針を通したところから数センチ横に斜めに針を刺します。

  2. そのまま表に引き抜きます。

3.仕上げ

  1. 3を繰り返し、ぐるぐると縫っていくと、斜めに縫い目が残ります。縫い目が同じ長さで平行になるよう、幅も均等になるよう意識して縫うときれいに仕上がります。

  2. 縫い終わりは、裏側から一枚だけ針を通して間から抜き、玉留めして糸をカットします。縫い始めと縫い終わりを内側で行うことで、糸処理部分が隠れ、きれいに仕上がりますよ。

4.巻きかがりの使用例

巻きかがりは形の同じ布を縫い合わせる時に使用します。また大きさが違っても端が揃っていれば、巻きかがりで縫い合わせることができます。マスコットやぬいぐるみを作るときに最適です。また、巻きかがりの縫い目を斜めではなく、縦に揃えていく方法もあります。

  1. 内側から針を刺し、手前に抜きます。
  2. 裏側に針を回し、裏側のフェルトの1と同じ位置に針を刺します。
  3. フェルトの間を斜めに通し、1から数センチ離した位置に針を刺します。縫い目を縦に残すには、針を刺す時と抜く時は針を垂直にするよう注意しましょう。 

グルグルと巻き付けていく感覚で縫っていけばいいので簡単。「難しい縫い方は無理!」という方もこれだけは覚えておいて下さいね。

最終更新日 2022年4月22日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 52,080

関連記事

  1. 北欧風簡単インテリア☆基本のダイヤ型ストローヒンメリの作り方

  2. ミシンに役立つ便利グッズ9選。初心者にもおすすめのお助けアイテム

  3. かぎ針なしでも作れる 小学生でも出来る簡単指編みシュシュの作り方

  4. 子どもに合わせた形状を…あると便利な移動ポケットの作り方3選

  5. ライトにガーランド、リースにも♡お部屋が映えるコットンボールの作り方

  6. 縫わない!子ども一人で簡単にできる毛糸の指編みシュシュの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA