ライトアップされた姿が幻想的・光るハーバリウムの作り方とコツ

数年前にハーバリウムが流行し、今では進化系ハーバリウムがたくさん登場しています。その中でもプレゼントとしても喜ばれるのが光るハーバリウム。普通のハーバリウムにLEDコースターを敷くだけでもハーバリウムが光ったように見えますが、今回紹介するのはライトを直接入れるタイプ。ライトアップされた姿がとっても幻想的です。それではコルク型LEDライトを使った光るハーバリウムの作り方とコツを紹介します。

1.必要な材料

材料

  • 空き瓶
  • ドライフラワーなどの花材
  • ハーバリウムオイル
  • コルク型LEDライト(防水仕様)
    ハーバリウムオイルを注ぐので、コルク型LEDライトは必ず防水仕様のものを選びましょう。
  • コルクストリングライト
    コルクストリングライト

道具

  • ハサミ
  • ピンセット

ハーバリウム用オイルの代用品

中に入れる液体は通常ハーバリウム用オイルを使いますが、100均で手に入る洗濯のりもオイルの代用として使えます。また、ダイソーでは透明なベビーオイルが売られていますので、そちらを使用しても良いです。

ハーバリウムを作る前にハーバリウムを作る前に、まずは瓶の中を清潔にしましょう。瓶の中に汚れがあるとカビの原因になってしまいます。煮沸消毒をした後は瓶を十分に乾燥させてください。

2.ドライフラワーを瓶に入れる

ボトルに合わせて花材を切る

まず、中に入れる花材の配置を考えましょう。花材を適当な長さにカットし、ボトルの横に並べながらレイアウトしていくと仕上がりがイメージしやすいですよ。

花材をボトルに入れる

花材を適切な長さに切ったらボトルの中に入れていきます。花と花を交差させるように入れるとハーバリウムオイルを入れた際、花が浮きにくくなりますよ。

3.ハーバリウムオイルを注ぐ

ゆっくりとハーバリウムオイルを注ぐ

花材の位置が決まったら、少しずつハーバリウムオイルを注いでいきます。勢いよく注いでしまうと、花材の位置がずれたり、気泡の原因になるので、瓶の内側に沿わせるようにして注いでいきます。

気泡が抜けるのを待つ

液体を入れた後は気泡が目立ちます。蓋を閉めずにしばらく置いておき、気泡が抜けるのを待ちます。

4.コルクライトを装着する

コルク型LEDライトを装着する

瓶の中にコルク型LEDライトのコードを慎重に入れていきます。

花材とコードを整える

LEDのコードを入れると花材も若干動いてしまいます。ピンセットで花材の位置を調整してください。

気泡を抜く

気泡が抜けるのを待ち、コルクを装着します。

5.仕上げ

コルク型LEDライトのスイッチを入れれば、コルクライトハーバリウムの完成です。基本的な作り方は普通のハーバリウムと変わりません。すでにハーバリウムをいくつか作っている方も、ハーバリウム初心者の方でも作れますので、挑戦してみてください。

    P子
    記事を書いた人 :

    東海地域を中心にライターとして活動しています。
    可愛いものには目がありません。
    ハンドメイド記事を通して、普段の生活がパッと明るくなるようなものにしていきたいです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ウィンターシーズンにぴったり♡ワニカンとファーを使ったピアスの作り方

  2. 裾を切って手縫いで裾上げをする時に…縫い目もきれい。千鳥縫いの縫い方

  3. 革紐1本ですぐにできちゃう!みょうが結びピアスの結び方・作り方

  4. ミシンに役立つ便利グッズ9選。初心者にもおすすめのお助けアイテム

  5. 初心者さんも分かるハンドメイドアクセサリーの始め方。必要なものは?

  6. 季節を彩るクリスマスバージョンハーバリウムの作り方、おすすめ花材

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。