世界に一つのワイヤーアクセサリー・イニシャルリングの作り方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

華奢な印象を与える人気のワイヤーアクセサリー。ワイヤーアクセサリーの中でもワイヤーリングは作りやすく、サイズも自由に変えられるので指の太さやつける位置を気にする必要もありません。ワイヤー一つで簡単にいろんなデザインの指輪を作ることができますよ。今回は、自分のイニシャルをモチーフにしたオリジナルワイヤーアクセサリー・世界に一つのワイヤーリング作り方を紹介します。

1.必要な材料

  • アーティスティックワイヤー
  • アーティスティックワイヤー
    アーティスティックワイヤー
  • ニッパー
  • 丸ヤットコ
  • 平ヤットコ
  • 筒(リップクリームやのりなど指の太さに近いもの)
  • 紙と鉛筆
  • 定規

2.アーティスティックワイヤーをカットする

アーティスティックワイヤーは0.4〜0.6㎜程度のお好みの太さを選びます。ワイヤーをニッパーで10〜13㎝程度にカットしておきます。カットした部分が尖っていて気になる場合は、ヤスリをかけて平らにします。

3.イニシャルのイメージ図を書く

紙に鉛筆でイニシャルのイメージ図をかきます。一筆書きで切れるところがないように、筆記体などを参考にすると良いと思います。ワイヤーをどう曲げるかも考えて書くようにすると、作る時に楽になります。

4.丸ヤットコで形に沿って曲げる

曲げ始めのワイヤーの端はくるっと丸めておきます。丸ヤットコを使ってイメージ図の形に合わせながらワイヤーを曲げていきます。角を付ける時は平ヤットコを使うと綺麗に仕上がります。ワイヤーが重なった部分も平ヤットコで整えていきます。

5.ワイヤーを筒に巻きつけ、先を曲げる

イニシャル部分が完成したら、残りのワイヤーをお好みの太さの筒に巻きつけていきます。余ったワイヤーをニッパーでカットし、先を丸めます。

6.仕上げ

実際に指にはめて大きさや形を調節して完成です。色のついたアーティスティックワイヤーを使っても雰囲気がガラッと変わり、可愛いリングが出来上がります。

ビーズやパールを付けたり、チャームを付けたりとアレンジすることもできます。ぜひ、お好みの色やデザインでワイヤーリングを作ってみてくださいね。

最終更新日 2024年5月3日

    kimichan
    記事を書いた人 :

    ママの「知りたい」を集めて紹介していきます。
    趣味はハンドメイド・節約・アウトドア・コストコ
    おしゃれなインテリアグッズも大好き◎

  • コメント: 0

関連記事

  1. 四つ編みで作る!簡単なのに凝って見える革紐ブレスレットの作り方

  2. 紙ナプキンで簡単にできるハロウィンガーランドの作り方

  3. ドライフラワーを使ったハーバリウムの作り方とコツ。押さえたいポイント

  4. 裏地付き・肩掛け水筒カバーの作り方。マジックテープでしっかり留める

  5. フェルトを使って簡単な縫わないもこもこシュシュの作り方

  6. 子どもでもできるマクラメフェザー(羽根)のイヤリングの作り方

    子どもでもできるマクラメフェザー(羽根)のイヤリングの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA