シンプルカジュアルで合わせやすい♪ロープタッセルピアスの作り方

女子はオシャレが大好き♡その日のコーデに合わせて、ヘアアレンジやアクセサリーを決めるのも毎日の楽しみの一つ。でもピアスはデザインや色味が豊富なので、持っているものと合わせにくい時ってありますよね。クリアレジンと白いロープのシンプルカジュアルなデザインなら、どんな色味のコーデにも合わせやすく、使いやすいですよ。今回は、ナチュラルコットンのロープを使ったロープタッセルピアスの作り方を紹介します。

1.必要な材料

2.枠にレジンを流してパーツを作る

モールドの枠いっぱいにレジンを注ぎます。

気泡が入らないよう、ゆっくりと注ぐのがコツです。気泡が入ってしまった場合は、爪楊枝ですくったり潰したりして取り除いておきましょう。小さな気泡であれば、少し残しておいても仕上がりが可愛いですよ。

UV/LEDライトにあてて硬化します。

硬化時間は使用するレジンによっても異なるので、説明書きを参考にして調節して下さい。

レジンが固まったらモールドから取り出していきます。

表面がベタつくようであれば、再度ライトを当てて硬化して下さい。

3.レジンで表面を整えながら厚みを出す

レジンパーツの側面にレジンを塗ってコーティングします。全体にもレジンを盛ってパーツの厚みを出していきます。レジンを塗る時は、爪楊枝を使用するときれいに塗れますよ。好みの厚さになるまで“塗る→硬化する”の作業を繰り返します。

4.ロープをカットする

タッセルの長さを決めたら、2倍の長さでロープを5本カットします。タッセルの首に巻き付ける為のロープも1本長めに用意します。

5.3にロープを通して結ぶ

  1. 3に同じ長さにカットした5本のロープを通し、2つ折りにします。
  2. ①で通したロープを4で長めにカットしたロープでまとめ結びをします。

※「まとめ結び」についての詳しい記事はこちら
  「100円均一で材料が揃う!簡単でかわいいタッセルピアスの作り方」

6.糸をほどいてフリンジにする

  1. タッセルにしたロープを1本1本細かくほぐしていきます。
    爪楊枝等を使ってほぐすと、簡単にフリンジができますよ。
  2. タッセルの長さを調節し、先端をハサミで切って整えます。

7.仕上げ

  1. レジンパーツの裏側上部に接着剤でピアス金具を貼り付けます。
  2. 接着剤が完全に乾いたら、接着部分を覆うようにレジンをのせ、硬化したら完成です。

8.作り方動画


ロープの本数を変えることで、タッセルのボリューム感も変わります。お好みのボリュームで作ってみて下さいね。

最終更新日 2021年10月29日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 有名メーカーから100均まで☆レジンを色付ける着色剤の比較・まとめ

  2. 【みょうが結び】革紐とターコイズのカジュアルピアスの作り方

  3. クリスマスは子どもの手作り品で飾り付け☆メルトビーズオーナメントの作り方

  4. 色付きのレジンを楽しむ方法☆カラーレジンと着色の仕方・おすすめ

  5. 簡単ワイヤーアート。ワイヤーアクセサリーの作り方7選

  6. 4本糸で作る平編みミサンガの作り方。長さ調節も可能!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA