おしゃれすぎるカレイドフレームの作り方。押し花貼るだけ!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

チュールを張った刺繍枠の上に押し花やドライフラワーを飾っていくフラワーアレンジメント・カレイドフレーム。押し花を貼るだけで簡単に作れてしまうのに、品があってハイセンスなインテリア雑貨です。壁に飾るのでスペースを取らず、お手入れも不要なので、季節のお花を気軽に暮らしに取り入れることができますよ。今回は、インテリアに花を添えるおしゃれすぎるカレイドフレームの作り方を紹介します。

1.必要な材料

  • 刺繍枠(カレイドフレーム)
  • チュール
  • 押し花
  • グルーガン
  • はさみ
  • ピンセット
  • 接着剤

※フレームの大きさは大小様々ですが、初心者の場合は小さめのフレームをおすすめします。

2.フレームを作る

  1. チュールを、フレームの直径より5cmほど大きめにカットします。
    余分な部分はカットするのでおおまかで大丈夫ですが、5cmより内側をカットしないように気をつけながら行ってください。

  2. 内枠を外して外枠の内側(内枠と合わせる部分)に接着剤を塗ります。

  3. 内枠の上にチュールを重ねて置き、その上から外枠を内枠にはめ込みます。このとき、チュールがたわんでいたら、ピンと張るようにチュールのはみ出した部分を軽く引っ張ります。

  4. 刺繍枠の金具をしっかりと閉めます。

3.花の配置を考える

花材をチュールの上に並べ、レイアウトを考えていきます。必要に応じて長さ調節をしましょう。

4.花を接着する

配置が決まったら、接着していきます。グルーガンはチュールにつけると溶けてしまう恐れがあるので、必ず花材のほうにつけましょう。グルーガンをつける時は、花材の端につけると貼り付けた時にはみ出してしまうので、花の中心につけるようにして下さい。接着剤を使う場合にはすぐに貼りつけるよりも、少し時間が経ってからつけるとチュールにつきやすくなります。

※グルーガンはグルーが糸を引いたり最初は扱いにくいかもしれません。クルクルとグルーガンを小さく回すように花材から離していくと、糸を引きません。

5.仕上げ

接着剤が完全に乾いたら、余分なチュールをカットして完成です。


棚の上にそのまま飾ってもお洒落ですし、麻ひもなどをつけて壁に飾ってもOK!チュールの上に花束のようにボリュームを持たせて貼り付けるのもおすすめです。

最終更新日 2023年11月28日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. デザインは自由自在♪子どもも楽しいプラ板のイヤリングの作り方

  2. 揺れて動く石がおしゃれなガラスドームピアスの作り方

  3. 子どもと一緒に飾り付け♡100均材料で作る簡単ハロウィンリースの作り方

    子どもと一緒に飾り付け♡100均材料で作る簡単ハロウィンリースの作り方

  4. 【100均手ぬぐいリメイク】簡単かぼちゃパンツの作り方。ハロウィンにも。

  5. 浴衣にも似合う!ちりめんと紐を使った簡単和風リボンの作り方

  6. 淡水パールを使ったゆらゆら揺れる5連ピアスの作り方

    淡水パールを使ったゆらゆら揺れる5連ピアスの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA