押し花を使ったレジンピアスの作り方。初心者さんにもおすすめ

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

ハンドメイドアイテムの定番ともなったレジン。100均でもレジン液をはじめとするレジングッズの取り扱いが充実し、レジンハンドメイドが手軽に挑戦できるようになりました。今回は、押し花を使って基本のレジンピアスの作り方を紹介します。併せてレジンハンドメイドのコツもまとめています。レジンに押し花を封じ込めるだけなのでレジン初心者さんにもおすすめ!レジンの透明感がお花の可愛さを引き立ててくれますよ。

1.必要な材料

  • UV/LEDレジン液
  • 押し花などのパーツ
  • シリコンモールド
  • ピンセット
  • 平皿ピアス(イヤリング)
  • UV/LEDライト
  • 接着剤(金属に使用できるもの)
  • 爪楊枝
  • ピンセット
  • ゴム手袋

※レジンにもさまざまな種類があります、クリアのものから色付きのものをはじめ、ソフトタイプ、ハードタイプもあります。中に封じ込めるものを引き立たせたいならクリアレジンがおすすめ。アクセサリーを作る時にはハードレジンを使うのがおすすめです。また、レジンにはUVレジン、LEDレジン、UV/LEDレジンがあります。UVレジンにはUVライト、LEDレジンにはLEDライトといったように、何を使うかによって用意するライトも変わってきますので注意して下さい。

※レジンを扱う時は必ず部屋の換気をし、ゴム手袋をして作業しましょう。

2.シリコンモールドにレジンを流し込む

モールドにゆっくりとレジン液を入れます。まずはモールドの高さの半分ほどにしましょう。

※勢いよくレジンを注ぐと、空気が入りやすく、気泡ができる原因となります。レジンは必ずゆっくりと注ぎましょう。

3.パーツを配置する

ピンセットでパーツを配置します。硬化前であればやり直しがききますよ。

※パーツを押し込めると出来上がった時に表面がガタついてしまうので、パーツはのせる程度にしておきましょう。
※気泡ができたら爪楊枝ですくって取り除きましょう。

4.ライトを当てて硬化する

UVライトを当てて、レジン液を固めます。照射時間については、レジン液の説明書きを参考にして下さい。

※UVレジンは太陽光でも硬化することができますが、外気のホコリがついてしまうことがあるため、ビニールで覆うといいですよ。

5.ラメやグリッターを入れて硬化する

レジン液をモールドの型いっぱいまで入れます。ラメやグリッターを入れる時はこの時に入れてゆっくりと混ぜましょう。最後に表面をならしてライトに当てて硬化します。

※ラメやグリッターは爪楊枝で少量すくって混ぜましょう。
※この時も気泡は取り除いておきましょう。
※モールドのくぼみからはみ出してしまったら、先に拭き取っておくといいですよ。

6.金具をつける

  1. パーツをモールドから取り出し、ピアス金具の平皿部分に接着剤をつけてパーツに貼り付けます。

    ※パーツが小さければ金具は真ん中あたりに、大きければ少し上の方に貼り付けましょう。

  2. 接着剤が完全に乾いたら、金具の丸い部分を上から覆うようにしてレジンを塗り、硬化します。

    ※接着剤が乾かないうちにレジンで覆ってしまうと、金具が取れやすくなりますので注意しましょう。

7.仕上げ

キャッチを装着したら完成です。パーツの縁にバリがある場合はやすりで削って滑らかにしましょう。削った後にレジンを塗ると仕上がりが綺麗ですよ。


基本はレジンを注いで固めるだけでOKなのでとっても簡単。100均だけで材料が揃います。レジンの透け感が上品さも演出してくれますよ。

最終更新日 2024年6月18日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 刺繍を楽しむ。縫い目が可愛く残るブランケットステッチの縫い方

  2. つぶつぶフープピアスの作り方。ワイヤーとビーズで簡単

  3. アイロンビーズで作る♪子どもが喜ぶかわいいヘアアクセサリーの作り方

  4. 100均のシールを使って簡単なぷっくりレジンピアスの作り方

  5. つぶつぶがかわいい簡単なビーズ刺繍ピアスの作り方

  6. バンダナで簡単なクロスターバンの作り方。ねじりデザインがおしゃれ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA