縫わない!子ども一人で簡単にできる毛糸の指編みシュシュの作り方

幼稚園や保育園に上がるといろいろなことを経験し、いろいろなことができるようになるので、何でもできるような気になってしまう小さなお子さん。あれもこれも「やりたい」の声に参ってしまうお母さんもみえるでしょう。今回は、そんな悩みも解消する子ども一人で簡単にできる毛糸の指編みシュシュの作り方を紹介します。特別な道具も使わず、縫わないのでほったらかしでも安心☆自分一人で作れてしまうので自信にも繋がるでしょう。

1.必要な材料

  • 毛糸 
  • ヘアゴム(輪っかになっているもの)
  • はさみ

2.毛糸を指に引っ掛ける

  1. 利き手の反対の手の親指に毛糸をぐるっと2周巻き付けます。
    親指の後ろ側から巻き付けるようにしましょう。

  2. 親指の毛糸がほどけないように注意しながら、指の前→後ろと交互に引っ掛けていきます。
    (人差し指前→中指後ろ→薬指前→小指後ろ)
    毛糸はきつく巻きすぎないように注意して下さい。

  3. 今度は②と逆のルートを通るようにして人差し指まで戻ります。
    (小指前→薬指後ろ→中指前→人差し指後ろ)

3.1列目を編む

  1. 毛糸を人差し指から小指の方に流します。

  2. ①の毛糸を挟むようにしてそれぞれの指にかかっている糸を指の後ろに回していきます。
    この時①の糸が指から外れないようにしましょう。

小指まで繰り返します。

4.ゴムを通して2列目を編む

  1. 毛糸玉にゴムを通します。

  2. ゴムが小指側にある状態でそのまま毛糸を指の後ろに回して手前に戻します。

    <後ろ>

    <前>

5.繰り返して編む

3と同様に編んでいき、小指まで行ったらまた毛糸玉ごとゴムの中に通して後ろに回し、人差し指の方に毛糸を回します。

編んではゴムを通し、編んではゴムを通し・・・を繰り返して編んでいきます。
ある程度編めたら親指に巻いた毛糸はほどいてもOKです。

6.仕上げ

  1. ゴムにいっぱいまで編めたら毛糸を20cm程残してカットします。
    (たくさん編めば編むほどシュシュにボリュームが出ます。
     ゴムが伸びた時のことも考えて多めに編んでおきましょう。)

  2. カットした糸を人差し指の方から、下から上へと通していきます。

  3. 小指まで通したら指から毛糸を外し、編み始めと編み終わりの糸端を結びます。
    気になる方は、下側も結んでおくといいですよ。

  4. 余分な糸をカットし、軽く引っ張って形を整えたら完成です。


小さなお子さんはゴムを通すのが少し難しいかもしれませんが、それさえできれば大丈夫!もしゴムが難しいようなら、輪っかになっていないゴムを使って出来上がってからゴム通しで通してあげてもいいですよ。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 人気ハンドメイドアプリ6選を比較。スマホで簡単売買

  2. 世界に一つのワイヤーアクセサリー・イニシャルリングの作り方

  3. かぎ針なしでも作れる 小学生でも出来る簡単指編みシュシュの作り方

  4. ポンポンボールを使った簡単かわいいお花のキッズアクセサリーの作り方

  5. 親子コーデに♡Tシャツヤーンで作る簡単ヘアバンドの編み方・作り方

  6. ミシン同様綺麗な縫い目。ブランケットステッチで付けるアップリケの縫い方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。