お裁縫の基本の「き」!初心者さんにもオススメな手縫いの基本・なみ縫いの縫い方

これだけは知っておきたい手縫いの基本、初心者さんにもオススメな「なみ縫い」。知っている方も多いので、お裁縫の右も左もわからない方にとっては今さら聞きにくいかもしれません。普段お裁縫をしない方も万が一何かあった時のために、これだけは知っておいて下さいね!今回は、お裁縫の基本の「き」・なみ縫いの縫い方を紹介します。

1.裏側から針を刺す

針に糸を通し、玉結びしておきます。布の裏側から針を刺して出します。まっすぐなラインで縫いたい方は、事前にチャコペンで線を引いておくことをオススメします。

玉結びって何?そんなあなたに・・・

2.表側から針を刺す

好きな間隔で表側から隣に針を刺し、裏側に抜きます。

3.裏側から針を刺す

同じ間隔になるように、裏側から針を刺します。

これを繰り返して縫っていきます。等間隔で縫い目が一直線上になるように意識して縫いましょう。

4.仕上げ

裏側で玉結びしてカットします。

完成です。


☆お裁縫豆知識
見た目も同じ、縫い方も同じだけど、「なみ縫い」と「ぐし縫い」の違いって何?と思う方も多いかと思います。縫い方は同じなのですが、なみ縫いの中でも2mm程度の幅で細かく縫っていくものが「ぐし縫い」と呼ばれます。

基本中の基本であるなみ縫いさえ知っておけば、服がほつれた時、穴が開いた時にもなんとかなります!!これだけは覚えておきましょう。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. つぶつぶがかわいいパールビーズと丸カンのぶどう型ピアスの作り方

  2. ミシンに役立つ便利グッズ9選。初心者にもおすすめのお助けアイテム

  3. ハンドメイド初心者さんへ☆裁縫に欠かせないミシン選びのポイント

  4. 簡単手作りボール入れ☆子どもでも作れる便利なボールバッグの作り方

  5. ハンドメイド豆知識☆金属アレルギーでも安心して使えるおすすめパーツ

  6. おもちゃの動物フィギュアをリメイクした、おしゃれなキーホルダーの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。