子どもでもできるマクラメフェザー(羽根)のイヤリングの作り方

マクラメを使ったインテリアやアクセサリーは、流行のスタイルにピッタリでインテリアにも取り入れやすく、一つあるだけでもオシャレ度が増す人気のアイテム。マクラメ編みは糸や紐さえあればすぐにできるので、とっても手軽に始められます。今回は、葉っぱにも羽根にも見えるマクラメフェザーを使ったイヤリングの作り方を紹介します。子どもにも簡単にできて、ピアスやキーホルダーにもアレンジできますよ。

1.必要な材料(完成サイズ5cm)

  • お好きなカラーのコットン糸
  • 丸カン
  • イヤリング金具
  • ハサミ
  • マスキングテープ
  • 目打ち(または目の細かい櫛)
  • 丸ヤットコ
  • 平ヤットコ

関連記事
ハンドメイドの材料・パーツのおすすめ通販サイト20選

2.土台を作る

  1. まず、土台となる糸をカットします。作りたい長さの2倍+5cmで切ってください。
    今回は5cmのフェザーパーツを作るので、15cmでカットします。
  2. 糸を二つ折りし、糸端を結びます。
  3. 糸を丸カンに通し、丸カンを挟むようにして輪の部分から糸先を出して引っ張ります。

3.フェザーの糸を作る

  1. 土台に結びつけていく糸を20本作ります。左手の4本の指に、糸をぐるぐると10周巻きつけます。
  2. 巻いた糸の一箇所をハサミでカットします。後でハサミを使って微調整をしていくので、だいたい同じ長さであれば大丈夫です。

4.糸を土台に結んでいく

  1. 丸カンと糸の根元にマスキングテープを貼って、机と固定します。
  2. 糸を二つ折りにし、土台の糸の下に横にしておきます。この時土台の糸は下の糸の中心にくるようにしましょう。
  3. 新たに二つ折りにした糸を②で置いた糸とは反対向きになるようにして土台の上に重ねます。(土台の糸を挟む形になります)
  4. 下の糸の端を上の糸の輪に通します。
  5. 上の糸の端を下の糸の輪に通します。
  6. 両端を引っ張って結びます。
  7. これを繰り返してすべての糸を結びつけていきます。糸を全て結んだら、土台の糸の結び目の方にずらしていきます。

5.糸をカットする

  1. 目の細かい櫛やブラシなどを使って、横に飛び出た糸をほぐします。土台の糸の余った部分も同様にほぐしてください。
  2. 綺麗な羽のような形になるように糸をカットします。少しずつ、毛先を揃えるように切っていきましょう。

6.仕上げ

丸カンとイヤリング金具をつなげたら完成です。

7.作り方動画


今回の結び方以外にも、マクラメ編みの編み方はいろんな種類があります。慣れてきたらビーズを織り交ぜたり、様々なデザインに挑戦してみてください。

最終更新日 2022年5月10日

    P子
    記事を書いた人 :

    東海地域を中心にライターとして活動しています。
    可愛いものには目がありません。
    ハンドメイド記事を通して、普段の生活がパッと明るくなるようなものにしていきたいです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ポンポンボールを使った簡単かわいいお花のキッズアクセサリーの作り方

  2. ハーバリウムを2層で作るテクニック、バイカラーに色をつける作り方

  3. 赤ちゃんでも安心安全に使える、リボンの作り方とピンの加工方法

  4. 四つ編みで作る!簡単なのに凝って見える革紐ブレスレットの作り方

  5. ダイソーの羊毛フェルトでできるボンボンイヤリング(ピアス)の作り方

  6. おしゃれしめ縄の作り方。ドライフラワーを貼り付けるだけで簡単!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA