作業ズボンなどの裾上げに使える!手縫いの基本・まつり縫いの縫い方

手縫いでよく使われる縫い方「まつり縫い」。まつり縫いといっても、いくつか種類があり、種類によって用途や縫い方が違います。その中でも一番簡単でよく使われるのが「ななめまつり」。「流しまつり」とも呼ばれ、スカートや作業ズボンなどのパンツの裾上げにも使われるので、覚えておいて損はなし!今回は、手縫いの基本・まつり縫い(ななめまつり)の縫い方を紹介します。

1.下準備

まつりたい部分を合わせておきます。裾上げなら裾を好みの位置まで折り上げておきましょう。ズレないようにマチ針で留めたり、しつけ縫いしておくといいですよ。

2.表の布の裏側から針を出す

針に糸を通し、糸先を玉結びしておきます。表側の布端の裏側から針を刺し、表に引き抜きます。

3.後ろの布を少しだけすくう

針が出ている位置から少し先へ進め、ななめ上の布の堺の後ろの布を少しだけ針ですくいます。この時、縫い目が目立たないように少しだけすくうのがポイントです。

4.布の間を通り、斜め下から針を出す

布の間に斜めに針を通します。3の斜め下の位置から針を出し、表に引き抜きます。力加減に注意しましょう。

5.仕上げ

繰り返し縫い進めていき、最後は玉どめをします。

 
↑表から見るとこんな感じに仕上がりますよ。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ステンドグラス風レジンアクセサリーの作り方。透かしパーツなら簡単!

  2. 羊毛フェルトと木の実で飾り付け。ハロウィンのナチュラルリースの作り方

  3. ネックレスやブレスレット作りに必要な金具・留め具の種類まとめ

  4. フェルトをつなぎ合わせる時に…手縫いの基本・たてまつり縫いの縫い方

  5. ライトにガーランド、リースにも♡お部屋が映えるコットンボールの作り方

  6. リメイクが可愛い♡ヴィンテージボタンの2wayイヤリングの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。