お花みたいでかわいい♡細リボンで作るポンポンリボンのヘアゴムの作り方

リボンヘアゴムというと、リボン状に重ねたり結んだりしたヘアゴムのイメージが強いと思います。でもリボンのアレンジ方法はたくさんあり、短くカットして使う方法もあります。カットして糸に通していくだけで、お花みたいなかわいいヘアゴムができるんですよ♡今回は、細リボンで作るポンポンリボンのヘアゴムの作り方を紹介します。

1.必要な材料

2.リボンを4cmにカットする

リボンをカットしていきます。長さはお好みで構いませんが、3~4cmぐらいがちょうどいいかと思います。合わせて50本ぐらいになるように用意しましょう。
※今回は省きますが、リボンの両端をライターであぶっておくとほつれ防止になります。

3.リボンを二つ折りして針に通す

カットしたリボンを二つ折りし、合わせた先から5mmぐらいのところを針に通していきます。リボンを数種類使う場合は、交互に通していくとバランスの良い仕上がりになります。

4.通したリボンを輪っかにする

  1. 通したリボンを左右に広げながら、好みのボリュームが出るまで通していきます。全部通しても良いですし、バランスのいいところでやめても構いません。お好みで調節して下さい。

  2. リボンを通し終わったら、初めに通したリボン3本ぐらいにもう一度針を通し、輪っか状にします。

  3. 糸をギュッと絞めてから留め、糸をカットします。

5.フェルトを貼る

出来上がったリボンの裏にフェルトを貼り付けていきます。輪の中心が隠れるぐらいにフェルトをカットし、接着剤(グルーガン)で貼り付けます。(カップ付きのヘアゴムを使用する場合は、この工程は飛ばしても構いませんが、フェルトをつけておくとより安定します。)

カップのないヘアゴムを使用する場合

カップのないヘアゴムを使用する場合は、4でリボンを輪っかにする際、輪にしたヘアゴムを糸に通し、糸で挟むようにしてから輪っかにしましょう。

6.仕上げ

  1. カップに接着剤(グルーガン)をつけ、フェルトの中心に貼り付けます。貼りつけた時にはみ出るぐらいの量がオススメです。

  2. 乾いたら形を整えて完成です。ヘアゴムに限らず、ヘアピンやバレッタにしてもかわいいですよ。

  3. 最終更新日 2022年2月17日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 塗り絵みたいに糸で塗りつぶす。刺繍の基本・サテンステッチの縫い方

  2. 買ったズボンを自分で裾上げ。縫い目が見えない奥まつり縫いの縫い方

  3. 図案通りに刺繍できちゃう。刺繍の基本・バックステッチの縫い方

  4. 100均材料で作るクリスマスインテリア。子どももできるハンドメイド!

  5. 縫わない!子ども一人で簡単にできる毛糸の指編みシュシュの作り方

  6. 太めの文字の刺繍に使える。アウトラインステッチの縫い方とコツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA