お正月のインテリアにも最適♪和風ハーバリウムの作り方とアレンジ

ハーバリウムというとドライフラワーなどを使った洋風のものを思い浮かべますが、和のアイテムを使った和風ハーバリウムも作品のバリエーションが豊かになって楽しいですよ。お正月のインテリアにはもちろん、ひなまつりなどの季節のイベントにも華をそえてくれます。今回はお正月のインテリアにも最適な和風ハーバリウムの作り方とアレンジ法を紹介します。

1.和風に仕上がる色のおすすめ

紅白に緑をプラスする

紅白の花をあしらって、松葉をアクセントにすると和風らしさがアップします。お正月の定番のレイアウトですね。

淡いピンクでレイアウト

梅や桜など淡いピンクの花材でレイアウトしてみると、日本の春を感じられる色合いになります。

2.和風を演出するおすすめ素材

和風ハーバリウム
和風ハーバリウム

花材だけでなく、和を感じさせる素材をアクセントとして取り入れてみると、より素敵な作品に仕上がります。

折り紙

折り紙で折ったものを入れてみると一層和の雰囲気が出ます。ミニサイズの折り紙で作った鶴やくす玉などを入れるととても可愛らしいです。

和紙またはマスキングテープ

瓶の中を和風に仕上げたら、蓋の部分も和のデザインにすると全体の雰囲気が統一されます。和紙または和柄のマスキングテープをキャップを覆う大きさに切り、蓋に貼り付けるだけで出来ますのでお試しください。

マスキングテープ
マスキングテープ

水引き

水引きは、ラッピングだけでなく、花の中のアクセントとしても使えます。

  • 水引きを梅の形に結ぶ
  • 花材にクロスさせるように入れていく

オイルを入れた時に浮き上がらないように松などの花材にクロスさせて飾ります。

3.おすすめの花材

和風ハーバリウムにおすすめの花材を紹介します。季節を感じられるものが中心となっています。

松葉

お正月の飾りといえば松。年末年始になると造花が多く出回っているので比較的手に入りやすいアイテムです。

千日紅

丸く可愛らしいフォルムで人気の花材です。松葉と一緒に飾り、アクセントにすると和風らしくなります。

三月から四月の季節にぴったりの花材です。単独で細長い瓶に入れると可憐なイメージの作品に仕上がります。

紫陽花

透明感のある紫陽花のプリザーブドフラワーは、色が重くなりがちな和風ハーバリウムのアクセントにもなります。

椿

安価に手に入る造花の椿は、メインの花材として使うととても華やかなハーバリウムになります。太めの瓶を使う時にオススメです。

4.水引やタッセルで素敵にラッピング

オイルを注ぎ、蓋を閉めたら、水引やタッセルを結んで素敵にラッピングをしましょう。

    P子
    記事を書いた人 :

    東海地域を中心にライターとして活動しています。
    可愛いものには目がありません。
    ハンドメイド記事を通して、普段の生活がパッと明るくなるようなものにしていきたいです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. かわいい紙ナプキンで作る♡デコパージュグッズの作り方4選

  2. 手縫いでできる・縫わないでできる!子供も簡単に作れるシュシュの作り方まとめ

  3. 作りたいものに合ったレジンを見つけよう!レジン選びのポイント

  4. 四つ編みで作る!簡単なのに凝って見える革紐ブレスレットの作り方

  5. レジンの透け感が夏らしい♪アレンジ自在なクリアレジンリングの作り方

  6. レジンを使って簡単♪ヘアゴム用台座を使ったビジューヘアゴムの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。