組紐を使ったモンキー結びアクセサリー・三連ピアスの作り方・結び方

「モンキー結び」と言っても聞き慣れない方も多いかと思いますが、見たことがある方は多いと思います。「さるのこぶし結び」や「おだまき」と呼ばれることもあり、キーホルダーとしてお土産屋さんなどに売られていたりします。

今回は、組紐を使ったモンキー結びの結び方を紹介します。色を変えるだけでも印象が大きく変わるので、アクセサリーのパーツとしてもオススメ。コロコロとしたかわいいシルエットの三連ピアスの作り方も紹介していきます。

1.必要な材料

  • 組紐
  • アジアンテイスト結び紐
    アジアンテイスト結び紐
  • ビーズ  大・中・小をそれぞれ2つずつ。
  • 今回は、13㎜・8㎜・6㎜のものを使用します。ウッドビーズを使うと、滑りにくいので作りやすいですよ。

  • 丸カン  6つ
  • フックピアス 1セット
  • はさみ
  • ヤットコ

関連記事
ハンドメイドの材料・パーツのおすすめ通販サイト20選

2.ビーズに糸を巻いてモンキー結びを作る

モンキー結びの結び方

巻く回数は、上下・縦横同じ回数を巻きます。今回は、大8回、中5回、小4回巻きます。用意したビーズの大きさに合わせて、回数を調整して下さい。

  1. 左手の人差し指と中指に紐を横並びに巻き付けていきます。この時、あとで横向きに紐を巻き付けるので、指の間を開けて巻きましょう。

  2. 中指に紐を引っ掛けて、紐先を指の間から後ろに通し、今度は横に巻き付けます。後ろから前へ、下から順に巻きつけましょう。

  3. 形が崩れないように気をつけながらゆっくりと指を抜き、中央にビーズを入れます。

  4. 中央に入れたビーズが落ちないように支えます。紐先を右側から上の穴に通し、左側から下の穴にくぐらせて、ビーズの上下に巻き付けます。手前から奥へと順に巻き付けましょう。

  5. 上下に巻き終えたら、巻き始めの糸が抜けないよう気をつけながら、初めから順に糸を絞めていきます。

  6. 綺麗に結び終えたら、最初と最後をギュッと引き締め、余分な紐をギリギリのところでカットします。モンキー結びの完成です。他のビーズにも同じように紐を結びましょう。

ポイント

  • 紐がねじらないよう、綺麗に並べて結んでいく。
  • 中のビーズが見えないよう、隙間なく結んでいく。
  • 紐を引き締める時は、少しずつ進めながら、たるみが出ないようしっかりと引き締める。

3.丸カンでパーツを3つ繋げる

  1. 大きいパーツの一か所に丸カンを通し、中ぐらいのパーツをつなげます。

  2. 中ぐらいのパーツに丸カンを通し、小さいパーツをつなげます。3連パーツの完成です。

4.同じものをもう一つ作る

2~3を繰り返し、3連パーツをもう一つ作ります。

5.仕上げ

3連パーツの上に丸カンをつけ、フックピアスをつないだら完成です。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 初めてのキャンプ☆何が必要?これだけあれば大丈夫な持ち物リスト

  2. リボン留めを使って、かわいいレースのキッズイヤリングの作り方

  3. シルバーが大人な印象のアクセサリーを作ろう♪シルバーワイヤーピアスの作り方

  4. カードが多い方必見♪たくさん入るじゃばらカードケースの作り方

  5. 羊毛フェルトで簡単♡子供にもおすすめの3連ボンボンイヤリングの作り方

  6. 一枚布を折り畳むだけ!簡単ティッシュケース付き移動ポケットの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。