小学生でも作れる♪縫わない!ふわふわなストローシュシュ作り方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

ハンドメイドに興味があるけど、縫うのは苦手。子どもに挑戦させたいけど、針を使うような作業は心配。そんな方におすすめなのがストローシュシュ!特別な技術も必要なく、縫わないので針や糸も使いません。家にあるもので簡単にできるので、初心者さんでも小学生でも作れますよ。今回は、グルグルと巻くだけでできるふわふわなストローシュシュの作り方を紹介します。

1.必要な材料

  • 毛糸
    普通の毛糸でも構いませんが、ふわふわしたボリュームのある毛糸がおすすめです。単色でなく、カラフルな色合いの毛糸で作るとかわいいですよ。ダイソーやセリアなどの100均にもいろいろなタイプの毛糸が揃っています。
  • ストロー
    曲がらないタイプのものを使用します。曲がるタイプのストローを使用する場合は、じゃばら部分の下でカットして使用して下さい。
  • ゴム
    丸ゴムやヘアゴムがおすすめです。20cmぐらいあればOKですが、あとでカットできるので、長いまま作ると作りやすいですよ。
  • はさみ

2.ストローにゴムを通す

ストローの片側に1.5㎝程の切り込みを入れます。切り込みを入れたらストローにゴムを通し、ゴムの先を引っ掛けて抜けないようにします。

3.毛糸をストローに巻いていく

毛糸の端を5cm程出して(最後に結ぶため)切り込みに引っ掛け、ストローにグルグルと巻いていきます。あまりきつく巻きすぎると、あとで抜くのが大変なので注意して下さいね。

4.端まで巻いたら横に寄せて更に巻く

ストローの端まで巻いたら、巻いた毛糸を切り込みの方にギュッと寄せます。寄せたら、更にグルグルと巻いていきます。これを繰り返し、ストローの端まで巻きます。

5.ストローを抜く

ストローの先までしっかりと巻けたら、巻き終わりの方からストローだけを抜きます。切り込みからゴムを外し、ゴムと毛糸の先端をしっかりとつまみます。その手で巻き始めの毛糸をそっと掴み、反対の手で巻き終わりの毛糸をそっと掴んで形が崩れないよう注意しながら、ゆっくりとストローを抜くのがコツです。

6.ゴムを縛る

  1. ゴムがほどけないよう、しっかりと固結びします。余分な部分はカットして下さい。
  2. ゴムを結んだら毛糸も結びます。毛糸を結んでカットしたら、少し引っ張って結び目を隠し、形を整えたら完成です。


低学年のお子さんですとストローを抜く作業が少し難しいかもしれませんので、手を添えてあげて下さいね。毛糸を繋ぎ合わせて色を変えても可愛いですよ♡

最終更新日 2024年5月2日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. チロリアンテープを使ったアクセサリー♡チロリアンピアスの作り方

  2. 失敗しないハーバリウムの作り方。ガラス瓶の煮沸で殺菌消毒の方法

  3. 塗り絵みたいに糸で塗りつぶす。刺繍の基本・サテンステッチの縫い方

  4. Tシャツヤーンで簡単にできる!三つ編みの抱っこ紐バンドの作り方♪

  5. 100均材料でも◎ 粘土で作る本物みたいなミニチュアパンの作り方

  6. 幼稚園・保育園の子ども向け。ハーフサイズのミニ雑巾の縫い方・作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA