エレガントなマラボーファーピアスの作り方。切り方と端処理の仕方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

秋冬シーズンになると、フェザーやファーなどのフワフワとしたエレガントなアクセサリーを見かけることが増えますが、今季注目を浴びているのがマラボーファー。ドレスや着物の飾りにも使用されていますが、毛が抜けやすく、カットしてアクセサリーに使用するとなると躊躇するところも。今回は、そんなマラボーファーピアスの作り方を紹介します。マラボーの切り方や端処理の仕方もまとめてみましたので参考にしてみて下さいね。

1.必要な材料

2.コンチョにピアス金具をつける

  1. ピアス金具に接着剤をつけ、コンチョの裏側に貼り付けます。

  2. 接着剤が乾いたら、上からレジンでコーティングし、硬化します。

※接着剤を乾かしている間に、3・4の工程を進めておくといいですよ。

3.マラボーファーをカットする

マラボーファーを両手で持ち、カットしたい位置を決めて、ファーを左右に分けます。なるべくファーを巻きこまないように気を付けながらカットします。

4.マラボーファーの端をワニカンで挟む

抜けるファーは抜き取っておきます。ファーを下に寄せ、ヤットコを使って先端をワニカンで挟みます。
  

使用するファーが細い時

作りたい大きさ×2の長さでカットし、先端を合わせてわにした状態でワニカンで挟みます。

抜け毛が気になる時

  1. セロハンテープをワニカンの縦の幅に合わせてカットし、ファーの先に巻き付けてからワニカンで挟みます。
  2. 先端を糸でぐるぐると巻き付けて縛ってからワニカンで挟みます。
  3. 先端に接着剤を薄く塗り、ほつれ留めしてからワニカンで挟みます。

5.コンチョとマラボーファーを繋げる

丸カンをヤットコで開き、コンチョとマラボーファーを通してとじます。今回は、2WAYにするので、ピアスのキャッチと繋ぎます。

6.仕上げ

ファーの毛並みを整えたら完成です。

最終更新日 2024年5月3日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 空き瓶と100均グッズでできる簡単可愛いアロマキャンドルの作り方

  2. ずっと付けても痛くない!可愛い子ども用ビーズイヤリングの作り方

  3. レジンを使って夏にぴったりな海をイメージしたスマホケースの作り方

  4. 太めの文字の刺繍に使える。アウトラインステッチの縫い方とコツ

  5. ラミネート生地で裏地がなくても大丈夫♪防水効果も抜群なポーチ作り方

  6. 可愛い布で作る♡簡単リバーシブルボックスティッシュケースの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA