シリコンモールドで簡単なクリアレジンリング(指輪)の作り方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

ハンドメイドブームは去ることなく、レジンを使ったアクセサリーも浸透し、ダイソーやセリアなどの100均にもレジンやシリコンモールドが数多く置かれています。レジンアクセサリーの透明感はこれからの季節にもピッタリ♪これを機に、レジンアクセサリーに挑戦してみてはいかがですか?シリコンモールドを使えばとっても簡単に作れますよ。今回は、スライス棒を使ったクリアレジンリングの作り方を紹介します。

1.必要な材料

  • シリコンモールド
  • スライスパーツ(スライス棒)
  • UV/LEDレジン液
  • はさみ
  • やすり
  • UV/LEDライト

2.モールドにレジン液を入れる

シリコンモールドの3分の1程度まで、ゆっくりとレジン液を注ぎます。つまようじで少しならし、気泡が入った場合は、潰したり、すくったりして取り除いて下さい。

3.スライスパーツを配置する

ピンセットでスライスパーツを入れていきます。先に、モールドの周りにスライスパーツを並べ、デザインを考えておくとスムーズですよ。

4.レジン液を追加する

スライスパーツの位置がズレないようにゆっくりとレジンを追加していきます。モールドぎりぎりのところまでレジンを入れて、つまようじでならし、表面は平らにしておきましょう。気泡ができた場合は、先ほどと同じくつまようじで取り除いて下さいね。

※スライスパーツがどちらかの側面に偏っている時は、爪楊枝でそっと剥がして側面までレジンがしっかりと入るようにして下さい。
 

5.ライトで硬化する

ライトで照射していきます。時間は、お使いのレジン液の表示に従い、様子を見ながら追加して下さい。レジンが固まったら、モールドから取り出していきます。表面がベタつく場合には、表面を上にしてライトを当てて下さいね。

6.バリを取ってやすりがけする

周りにできたバリは、ハサミなどで切り取って下さい。バリが厚くて切り取れない場合には、金やすりや粗目のやすりを使って削るといいですよ。バリがとれたら、側面をネイルファイルややすりで滑らかに整えていきます。表面はそのままでOKです。
 

7.仕上げ

最後に表面にレジンやニスを塗ってコーティングしていきます。コンパウンドで磨いてもきれいになりますよ。完全に乾いたら完成です。


出来上がったレジンリングは、ピアスやイヤリング、ヘアゴムなどのアクセサリーに加工してもかわいいですよ。

最終更新日 2023年12月9日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘアアクセサリーパーツまとめ。ピン・ゴムなど種類別金具一覧

    ヘアアクセサリーパーツまとめ。ピン・ゴムなど種類別金具一覧

  2. 幼稚園・保育園の子ども向け。ハーフサイズのミニ雑巾の縫い方・作り方

  3. はぎれやリボンで作る縫わないシュシュの作り方。子どもも簡単

  4. お洒落なインテリアになる電球型ボトルを使ったハーバリウムの作り方

  5. 和装向きハンドメイドヘアアクセサリー♡水引の蝶々結びの作り方・結び方

    和装向きハンドメイドヘアアクセサリー♡水引の蝶々結びの作り方・結び方

  6. 100均材料でできるおしゃれな手作りコルクインテリアの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA