赤ちゃんの視線も釘付け♡ペットボトルで作る簡単スノードームの作り方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
 

ひっくり返して元に戻すと、雪がちらちらと舞っているようにみえるスノードーム。雪が舞う姿は、とても幻想的で見ていてとっても癒されます。それは、子どもも大人も同じ。赤ちゃんの視線も釘付けになりますよ。資材の浮き沈みをじっくりと見る「追視」で視覚も鍛わりますよ。お家にある材料でも簡単に作ることができるので、是非試してみて下さい。今回は、ペットボトルを使ったスノードームの作り方を紹介します。

1.必要な材料

  • ペットボトル 水を入れると重さが出るので、R1などの小さなものがオススメです。
  • ラメやビーズなどの資材
  • 洗濯のり
  • テープ

2.ペットボトルにラメや資材を入れる

ペットボトルにお好みの資材を入れていきます。重さによって浮き沈みの速度も違うので、違う種類のものをいくつか入れるのがオススメです。ネイル用のラメパウダー等入れてみてもきれいですよ。

3.水と洗濯のりを入れる

洗濯のりと水を1:1の割合でゆっくりとペットボトルに入れ、満タンにします。

4.キャップを閉める

ペットボトルのキャップを閉めたら、誤飲防止のためキャップが空かないようにテープで留めて完成です。ひっくり返すと中の資材がキラキラしながら沈んでいくのでとってもきれいですよ。お子さんも釘付けになりそうですね。

最終更新日 2024年3月23日

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【宮崎県】お金のかからない遊び場も。子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

    【宮崎県】お金のかからない遊び場も。子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  2. 【山形県】お金のかからない遊び場も。子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  3. 2歳児の室内遊び12選。おもちゃなしでも楽しめる発達を促すお家遊び

    2歳児の室内遊び12選。おもちゃなしでも楽しめる発達を促すお家遊び

  4. 【奈良県版】お金のかからない遊び場も♡こどもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  5. 【愛知県版】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・東海のおすすめレジャースポット

  6. 【山口県】お金のかからない遊び場も♡子どもとお出かけ・おすすめレジャースポット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA