ガレージ、倉庫…外用品を詰め込みがちな屋外物置の収納アイデアとコツ

シーズンオフのものやアウトドア用品、車のタイヤなど普段あまり使わないものを収納するのに便利な屋外物置。大きな収納スペースがあるので色々放り込んでしまいがちですよね。

そのうちにどこに何があるか分からなくて困ったり、必要なものを出すのに手こずった経験のある方も多いのではないでしょうか?今回は、ガレージや倉庫など外用品を詰め込みがちな屋外物置の収納アイデアとコツをご紹介します。

1.物置収納でやりがちな失敗ポイント

物置は収納スペースが広いがゆえに気軽に物を放り込んで放置してしまいがち。物を山積みにする習慣が付いてしまうと、気付いた時にはどこに何があるのか分からず、探すのも大変な状態になってしまいます。

物置収納でやりがちな失敗ポイントは

  1. 中に何があるのか把握出来ないほど物を所有しすぎている
  2. 収納スペースが広くても上手に空間を使えていない
  3. 収納棚がないので、全て直置きで物が積み上げられている

などがあります。

屋外物置の広い収納スペースを無駄なく有効活用するための対策は、意外とシンプル。物置収納のコツを押さえて、家族みんなが使い勝手の良い物置にチェンジしちゃいましょう!

2.中に入れるものの定位置を決める

空いているスペースに次から次へと適当に物を入れてしまうと、いつの間にかどんどん物が積み重なっていってしまい、取り出しづらく片付けにくいという状態に…。必要な物を出すときにいちいち手前にある物を一旦どかさないといけないとなると、奥にある物ほど出すのがおっくうになってしまいますよね。

物置に収納する物は外用品がメインで種類もそんなに多くないので、前もってそれぞれの定位置をある程度決めておくとゴチャゴチャしづらくなります。カテゴリーごとにざっくりと分類し、“使ったらまた定位置に置く”というルールを守るだけで物置内をきれいに保つことに繋がります。

重たいものは下に、奥行きのあるものは壁に沿って収納すると出し入れしやすく、重みによる怪我や落下、破損の防止にもなりますよ。

3.物置内の空間を区切る

物置にはタイヤや自転車のように大きくて場所を取るもの、タープやテントのように高さのあるもの、工具などの細かいものまで大きさも形も様々なものを収納します。入れるものの場所を考え、棚や壁収納アイテムなどを使って物置内の空間を区切ることで、デッドスペースも無駄なく収納することが出来ますよ。

使う頻度に合わせて置き場所を決めると効率よく出し入れが出来るようになります。すぐに取り出せない場所に収納した場合は、メモなどを書いて扉の裏や壁に貼っておくと家族の誰でも見つけやすくなるのでおすすめです。

4.通路を確保すると使い勝手抜群に!

人が入れるような倉庫やガレージの場合、入り口からL字状に大人が通れるくらいのスペースを確保して通り道を作ると、どこに収納しても楽に物が取り出せるようになります。

通路スペースがあることで物置内が見やすくなり、安定した場所で安全に物を取り出すことが出来るスペースがあるだけで作業効率も格段にUPします。物を置いていい場所と通路をきっちりエリア分けすることで物置内の床全てに物を置いてしまうのを防ぐことも出来ますよ。

5.要・不要を定期的に見直す

物置は毎日開ける場所ではないので、一度入れたらしばらく入れっぱなしになっているものが大半です。たくさんスペースがあるからといってどんどん物を入れてしまうと乱雑な状態になり、管理がしにくくなってしまう原因に。定期的に中のものを見直して整理する機会を作り、必要なものと不要になったものを分けると、物が増えすぎるのを防ぎ、何がどこに収納してあるのかしっかり把握することが出来ます。

時間の経過とともに必要なものや物の価値は変わってきますので、一度収納したからそれで良しとほったらかしにせず、見直しと整理をして大きな収納スペースを上手に活用して下さいね。

6.棚やラックを活用して効率よく収納する

物置自体に壁面棚が付属しているものもありますが、棚やラックを設置すると全体的に効率よく収納出来るようになり、物置の使い勝手もグッと良くなります。

直置きして積み上げるということが無くなり、物の出し入れがスムーズに出来るようになるだけでなく、物と床の間に隙間が出来ることによって通気性が良くなり、カビや劣化を防げるメリットもあります。

物置には重量があるものをよく収納するので、メタルラックやスチールラックなどの耐荷重が充分でしっかりした作りの収納棚がおすすめです。屋外物置は湿気も多いので、防錆加工が施されたものを選ぶと錆が発生しにくいので安心。

タイヤの収納にはタイヤ専用のラックを利用すると安定して効率よく収納出来ますよ。

タイヤ専用ラック
タイヤ専用ラック

7.物置収納におすすめの収納アイテム

①Thor コンテナ収納ボックス

屋内外でマルチに使えるコンテナボックスです。衝撃に強く頑丈なポリエチレン製で高い耐久性があり、ガレージや物置でカー用品や工具、キャンプ用品などいろいろなものを収納するのに最適。頑丈で持ちやすいハンドルもついており、中に重いものを収納していても両手でしっかりと持ち運べます。

付属のフタは取り付けて押さえるとロックがかかる仕組みになっているので、外で風に飛ばされたりペットのいたずら防止にもなります。男前でカッコいいデザインも魅力の一つ。カラーは3色あり、2サイズ展開ですが幅と奥行きが同じなので違うサイズ同士でもスタッキングして収納可能です。

Thor コンテナ収納ボックスク
Thor コンテナ収納ボックスク

②無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス

無印良品らしいシンプルなデザインながら耐荷重100kgまでOK。その名の通りかなり頑丈な作りの収納ボックスです。ベランダや軒下など屋外でも使え、アウトドアやキャンプの際にはチェア代わりにもなる優れもの。持ち運びやすい持ち手つきで3段までスタッキングも可能。3サイズ展開で入れたいものに合わせて選べます。

無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス
無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス

③Days stock 収納ボックスシリーズ

仕切りトレー付きで工具など細かいものも整理して収納出来るコンパクトなボックスや、大きめで用途を選ばず使い勝手の良いボックスなど種類豊富なシリーズです。無造作に置いてあってもおしゃれなデザインが魅力。同じサイズ同士ならスタッキング可能です。

Days stock 収納ボックスシリーズ
Days stock 収納ボックスシリーズ

④KEYUKA タテヨコ連結キャリー

用途に合わせて縦横自由に連結して使える平台車です。コンパクトなサイズですが最大耐荷重は80kgで重いものを乗せても簡単に移動させることが出来てとっても便利。奥行きがある狭い場所でもスペースを有効活用出来ますね。

キャリーに乗せることで床との間に隙間が出来るので、湿気対策やお掃除もしやすくメリットがたくさん。使わない時は4台まで積み重ねて保管出来るので場所もあまり取りません。

KEYUKA タテヨコ連結キャリー
KEYUKA タテヨコ連結キャリー

広いスペースのある物置やガレージは、空間をどう使うかで収納量にもだいぶ差が出てきます。そして収納した後はそのまま放置せずに、定期的に中を点検したり扉を開けて風を通したりすることも大切です。ラックや棚を上手く活用して、家の中と同様に中の物をしっかり管理出来るような収納にしてみて下さいね。

    Hata
    記事を書いた人 :
    わんぱく3兄弟の育児に毎日奮闘中! 100均、300均などのプチプラ雑貨が大好きなので、お金を掛けずに頑張りすぎないおしゃれで楽しい暮らしを目指して日々試行錯誤しています★
  • コメント: 0

関連記事

  1. 狭いトイレも見た目スッキリきれいな収納♡トイレ収納のアイデアとコツ

  2. 家族で楽しむおうち時間☆親子で楽しめるおすすめの映画20選

  3. パン以外のレシピも作れる♪万能なホームベーカリーで作れるもの11選

  4. 引き出しなど収納アレンジ自在☆カラーボックスにピッタリな収納グッズ

  5. 時短で朝もラクラク♡毎日のお弁当作りが楽になる便利な調理グッズ

  6. 食品からキッチン用品・書類まで。使い勝手のいいパントリー収納の仕方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。