子供も喜ぶ可愛いレースイヤリングの作り方。リボン留めを使えば簡単!

小さなお子さんがママの真似をして、ピアスやイヤリングをつけたがった経験はありませんか?最近ではキッズ用のイヤリングもたくさん売られていますが、せっかくつけるなら自分の好きな材料で好みのものをつけたいですよね。リボン留めを使えばお気に入りの布やリボン、レースを簡単にかわいいリボンに変身させることができます!今回は、子供も喜ぶ可愛いレースイヤリングの作り方を紹介します。

1.必要な材料

  • カボション
  • レース
  • お好きなレースで結構です。着なくなった洋服のものでも再利用できますよ。レースはお好みの長さにカットします。シンプルなものですと、カットして1枚で使用してもいいですし、長めに切って輪っかにしてもかわいいです。モチーフごとに切って使用すると、ワンランクアップしたおしゃれなイヤリングに仕上がりますよ。

  • リボン留め 2つ
  • ダイソーやセリアなどの100均でも購入できます。

  • イヤリングパーツ
  • ノンホールピアスでもOKです。

    子ども用イヤリングパーツ
    子ども用イヤリングパーツ
  • 丸カン 2つ
  • 接着剤
  • 爪楊枝

2.リボン留めでレースを留める

レースをお好みのサイズにたたみます。この時リボン留めに納まらなければ、中心にタックを入れて調節して下さいね。リボン留めを少し開いて、レースを挟みます。リボン留めと工具の間に布を挟むと、リボン留めが傷つきにくくなりますよ。

3.カボションにイヤリングパーツを接着する

カボションの裏にイヤリングパーツを接着します。細かい作業になるので、爪楊枝で塗るのがおすすめです。完全に乾かしましょう。

4.仕上げ

乾いたら作ったイヤリング部分のパーツと、レース部分を丸カンを使って繋ぎます。レースの形を整えたら完成です。手芸屋さんにはいろいろな種類のレースが売られていますので、雰囲気を変えて作ってみてもいいですね。親子でお揃いのピアス、イヤリングが出来たらお洒落がもっと楽しくなりますよ。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 図案通りに刺繍できちゃう。刺繍の基本・バックステッチの縫い方

  2. レジンアクセサリー作りに必要な材料と道具。ハンドメイドに挑戦!

  3. 100均のデコレーションボールで可愛いコースターの作り方

  4. 羊毛フェルトボールヘアゴムの作り方。見た目も作り方もシンプル!

  5. レジンの透け感が夏らしい♪アレンジ自在なクリアレジンリングの作り方

  6. はぎれリメイク。手縫いでできるパッチワーク風シュシュの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。