多面体でハイレベルなインテリア☆六芒星のストローヒンメリの作り方

ナチュラルなインテリアに馴染みやすいヒンメリは、1つでも存在感があって空間がおしゃれにみえます。さらにヒンメリが多面体であればあるほど存在感を増し、高級感が出てきます。

そんなハイレベルなインテリアも100均にある材料で代用して、簡単に作ることができるんですよ。今回は、六芒星のストローヒンメリの作り方を紹介します。

1.必要な材料(15cmヒンメリ)

  • ストロー(またはヒンメリストロー藁)
  • ヒンメリ用針(ゴム通しやとじ針、ヘアピン)
  • はさみ
  • 定規
ヒンメリ用麦ストロー
ヒンメリ用麦ストロー

2.ストローを3種類の長さにカットする

  1. ストローを4cmの長さで18本カットします。
  2. 次は5cmの長さで12本カットします。
  3. 最後に8cmの長さで12本カットします。

切り口は綺麗に切りそろえておきましょう。

3.ストローを8本通して手前の3本で三角を作る

  1. ヒンメリ専用針に糸を通してから、4cmのストローを8本通します。
    糸は長めの用意し、足りなくなったら結んで継ぎ足しましょう。
  2. 最後に通した3本で三角形を作り、頂点で糸を結びます。
    この時あまりきつく結ぶとあとが大変なので、少し余裕をもって結びましょう。

4.ストローを2本通して三角形を作る

  1. 4cmのストローをさらに2本通します。
  2. 3の三角形の手前のストロー(すでに糸を通したもの)と合わせて三角形を作り、頂点で結びます。

5.4を繰り返して六芒星形を作る

  1. 4の工程を繰り返して、三角形を6つ作ります。
    最後の三角形を作ったら糸始めと合わせて結び、糸端をカットしておきましょう。
  2. 作った三角形で円を描くようにして星形を作ります。
    糸を最初の三角形の端で結びます。

6.六芒星を立体的に組み立てていく

  1. 5cmと8cmのストローを1本ずつ通します。
  2. 星の頂点で糸を結びます。
  3. 隣のストローの中に糸を通して、星の内側の点に戻ります。
  4. 5cmのストローを1本通し、②でできた三角形の頂点に内側から引っ掛けるように糸を通します。
  5. 8cmのストローを1本通して星の頂点で糸を結びます。
  6. ③~⑤の工程を繰り返して星を1周します。
    中心は最後の5cmのストローを通した時に、ギュッと絞めて結んでおきましょう。
    片面出来上がりました。

7.仕上げ

  1. 裏返して最後に糸を結んだ点の隣のストローに糸を通し、内側の点に戻ります。
  2. 6と同じようにしてもう片面も立体的に組み立てていきます。
  3. 最後に吊るす部分を作って糸処理をしたら完成です。

8.作り方動画


面がたくさんあると、構成が複雑で作るのも難しそうに見えますが、実際に作ってみると単純作業の繰り返しで意外と簡単に作れるんですよ。一度挑戦してみて下さいね。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. DIYで高級感あるディスプレイ♡粘土でアクセサリートレイの作り方

  2. チェーンパーツを使った可愛いピアス、イヤリングの作り方3選

  3. 100均のバック用持ち手と風呂敷で簡単にできる浴衣用バックの作り方

  4. デザインは自由自在♪子どもも楽しいプラ板のイヤリングの作り方

  5. タオルの端を切って縫うだけ☆基本の四つ折り雑巾の縫い方・作り方

  6. レジンの透け感が夏らしい♪アレンジ自在なクリアレジンリングの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。