はぎれリメイク。手縫いでできるパッチワーク風シュシュの作り方

簡単なヘアアレンジを華やかにしてくれるシュシュ。簡単に作れるのでハンドメイド界でも人気のアイテムです。今回は、以前した「基本のシュシュの作り方」をアレンジして、パッチワーク風シュシュの作り方を紹介します。お子さんの通園グッズを作った残り布・はぎれを使えばお子さんも喜ぶでしょう。はぎれリメイク品としてもおすすめです。今回はミシン使いますが、直線縫い(なみ縫い)だけでできるので手縫いでも作れますよ。

1.必要な材料

  • 布(合わせてつなぐので、はぎれで構いません)
  • ヘアゴムや平ゴム(輪になっていないもの)
  • ミシン
  • 定規
  • チャコペン
  • はさみ
  • マチ針
  • ゴム通し

2.布をカットする

用意した布の縦幅を同じ長さでカットしていきます。作りたいシュシュの幅に2㎝(縫い代分)を足してカットして下さい。10~14cmぐらいがおすすめです。今回は、5cm幅のシュシュを作るので縦幅は12cmでカットします。横幅は揃えてもいいですが、ランダムでOKです。

3.一枚に繋げる

  1. 生地の両端をマチ針でつなぎながら、すべての生地を繋げていきます。

  2. マチ針で留めたところを全て縫い代1㎝で縫い合わせます。全部繋げた時に生地の長さが40cm以上になるようにしましょう。長ければ長いだけボリュームが出ますよ。

4.ミシンで縫ってドーナツ状にする

  1. 布を横長に置き、中表で縦半分に折ります。

  2. ①で合わせた端を縫い代1㎝で縫い合わせて輪っかにします。

  3. 表の生地の上下をくるくると中心に向かって丸めます。

  4. 下に残った生地の端を合わせて、③をくるみます。

  5. 合わせたところを縫い代1㎝で縫っていきます。布の切り替え部分を合わせるようにして縫い代は開きながら縫いましょう。

  6. くるんだ生地を一緒に縫わないよう注意し、内側のくるんだ生地を少しずつ引き出しながら縫っていきます。

  7. 最後5cmは、返し口として残しておいて下さい。

5.布を裏返す

返し口から布を引き出し、表に返します。シュシュのベースができました。

6.ゴムを通す

筒状になっている生地にゴムを通して縛ります。

7.仕上げ

返し口を合わせて端から1~2mmのところを縫ってとじたら完成です。


使う生地の柄や幅、記事の種類によっても印象が大きく変わります。4-⑤の時にレースを挟むとフェミニンな印象のシュシュになりますよ♡

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 人気のモビールでクリスマスを彩る☆ヒンメリクリスマスツリーの作り方

  2. インテリアからミニ雑貨まで☆100均商品をアレンジして彩るハロウィン

  3. ミシンに役立つ便利グッズ9選。初心者にもおすすめのお助けアイテム

  4. かぎ針なしでも作れる 小学生でも出来る簡単指編みシュシュの作り方

  5. 接着芯は使わない!初心者さんでも簡単すぎる水筒肩紐カバーの作り方

  6. ハロウィンにおすすめ♡100均材料で簡単猫耳ヘアピンの作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。