【2022】おすすめの日焼け止め☆市販のプチプラアイテムでUV対策!

日差しが本格的に強くなり、日焼けが気になる季節になりました。子連れで外出するため、親子で毎日日焼け止めが欠かせないというママも多いのではないでしょうか。毎年たくさんの新商品が発売されるので、どれを選べばいいのか迷いがちな日焼け止め。今回は、【2022】おすすめの日焼け止め☆市販のプチプラアイテムでUV対策!をご紹介します。選び方やおすすめポイントも、ぜひ参考にしてくださいね。

1.紫外線について

①紫外線の種類と性質

紫外線が肌老化や肌トラブルの原因になることはよく知られていますが、あまり知られていないのが紫外線の種類やそれぞれの性質です。日焼け止めを選ぶ際の基礎知識として、まずは紫外線について簡単にご説明します。

紫外線とは

太陽からの日射の一つで、有用な作用として殺菌消毒・ビタミンDの合成・血行や新陳代謝の促進などがあります。一方で日焼けを引き起こし、皮膚のシミや皮膚ガンの原因となります。それだけでなく紫外線は皮膚の奥にある真皮層にダメージを与え、シワやたるみの原因にもなります。強い紫外線は眼にも悪影響を与え、雪眼炎や白内障といった目の病気を引き起こすこともあります。

UV-AとUV-B

紫外線は、波長により赤外線、可視光線、紫外線に分けられます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。紫外線(UV)の中でも、波長の長いほうからUV-A・UV-B・UV-Cに分けられています。UV-Cはオゾン層で吸収されて地表には到着しませんが、UV-AとUV-Bは地表に届き人体に大きく影響します。

〈UV-A〉
紫外線の約9割を占めており、波長が長いため肌の奥まで届きます。日焼けだけでなく皮膚の真皮層に作用しタンパク質を変性させ、皮膚の弾性を失わせて老化を促進します。

〈UV-B〉
オゾン層などで吸収仕切れなかったものが地表に届き、肌の表皮層に作用します。ヒリヒリと痛むような日焼け(サンバーン)を引き起こすことで知られています。

肌を紫外線ダメージから守るためには、UV-AとUV-Bどちらもしっかり防ぐことができる日焼け止めを使う必要があります。

②SPFとPA

次に、日焼け止めを選ぶ際、多くの方が最初にチェックする「SPF」と「PA」について少し詳しく見ていきましょう。

SPFとは

「Sun Protection Factor」の略で、UV-Bに対する防止効果を示すものです。日焼け止めをつけていないときに比べ、UV-Bによる日焼けを何倍防げるのかを示しています。SPFの数値は2〜50で、さらに50以上の場合は「50+」と表示されます

〈例〉
何も塗らないと10分で肌が赤くなる人の場合
→SPF30の日焼け止めを塗ると、10分×30倍=300分(5時間)肌が赤くならない計算になります。

PAとは

「Protection Grade of UV-A」の略で、UV-Aに対する防止効果を示すものです。PAは「PA+」〜「PA++++」の4段階で表示され、「+」が多いほど防止力が高まります。数値が高いものや「+」の数が多いものを選んでおけば安心と思うかもしれませんが、効果の高いものの中には肌への負担がかなり大きいものもあります。そういった製品を使い続けていると、乾燥や肌荒れ、肌トラブルを引き起こす原因になります。買い物など短時間の外出には肌への優しさを重視したもの、レジャーや長時間外にいるときはウォータープルーフ製品や数値の高いものを使うなど「TPO」を考えて選ぶのが大切です。

2.日焼け止めの種類

①紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

日焼け止めに用いられるUVカット成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。それぞれに優れた点や注意が必要な点があるので、知っておくと日焼け止めを選ぶ上で役立ちます。

紫外線吸収剤とは

その名の通り紫外線を吸収し、化学反応を起こして紫外線を熱エネルギーに変換します。そして、変換した熱エネルギーを皮膚上から放出して、紫外線が皮膚に影響を与えるのを防いでくれます。

〈メリット〉

  • UVカット効果が高く、炎天下での活動やレジャーに向いている
  • 透明性が高く白浮きしにくい
  • 伸びが良く塗りやすい
  • 汗や水で崩れにくいので、汗をかきやすい季節にも安心

〈デメリット〉

  • 化学反応によるダメージの蓄積が原因で将来的な肌トラブルに繋がる恐れがある
  • 敏感肌の方やお子さんは肌荒れすることもあるため注意が必要

紫外線散乱剤とは

酸化チタンなどのパウダーで、皮膚を覆うことで物理的に紫外線を反射して皮膚を守ります。紫外線カット成分として紫外線散乱剤のみを使用したものは「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と表記されています。

〈メリット〉

  • 紫外線吸収剤のように化学反応を起こすわけではないので皮膚への刺激が少なく、敏感肌の方やお子さんでも安心して使用できる

      
〈デメリット〉

  • テクスチャーが重めのものが多く、ベタつくことがある
  • 白色の無機粉末を使用しているため、白浮きして見えることがある
  • 紫外線吸収剤に比べると汗や水に弱いので、こまめな塗り直しが必要

見分け方

紫外線吸収剤、紫外線散乱剤どちらの成分が使われているのかを知るには、パッケージの成分表示を確認しましょう。

〈主な紫外線吸収剤〉
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、メトキシケイヒ酸オクチル、パラメトキシ桂皮酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

〈主な紫外線散乱剤〉
酸化チタン、酸化亜鉛

製品によっては両方の成分が含まれているので、成分表示をしっかり確認してご自身やお子さんに合ったものを選んでくださいね。

②日焼け止めのタイプとそれぞれの特徴

日焼け止めには色々なタイプがあり、それによって使用用途や使用感が大きく異なります。シーンや目的、好みに合わせて上手に使い分けると、ストレスなく紫外線対策ができますよ。

ミルク

  • 日焼け止めのタイプとしてはもっとも一般的で、商品数も多い
  • 伸びがよく、肌に塗り広げやすい
  • 化粧下地として使用できる商品も多い
  • 石鹸で落とせるものが多い

ジェル・エッセンス

  • ベタつきにくく、みずみずしいテクスチャー
  • 白浮きが起こりにくく、透明~半透明のものが多い
  • 石鹸で落とせるものが多い

クリーム

  • 重めのテクスチャーでしっとりした使用感のものが多い
  • 肌への密着性が高く、汗や皮脂に強い
  • 肌に残りやすいためクレンジングが必要な製品が比較的多い

スティック

  • 手を汚さず塗れる
  • 塗りのばす必要がない
  • 持ち歩いても液漏れの心配がない
  • 耳や目の周りなど細かい部分の塗り直しに便利

スプレー

  • 手を汚さず塗れる
  • 塗り直しが簡単
  • 頭皮や髪に使えるものもある

シート

  • 手を汚さず塗れる
  • 塗り直しが簡単
  • カバンの中でかさばらない

日焼け止めは朝塗ったら一日中効果が保たれるわけではありません。特に、塗った日焼け止めが汗や皮脂で取れやすい夏の時期は塗り直しができるよう持ち運ぶことをおすすめします。シートタイプなど塗り直しに便利なアイテムがたくさん出ていますので、ぜひ試してみてくださいね。

3.日焼け止めの選び方

①肌質に合わせて選ぶ

お肌のタイプや肌悩みは人それぞれ違います。ご自分の肌質に合ったものを選ぶのも大切です。

敏感肌

敏感肌の方は肌のバリア機能が元々弱かったり、何らかの原因でバリア機能が低下していたりするので日焼けによるダメージも受けやすくなっています。そのためしっかりと紫外線対策をする必要がありますが、日焼け止めの成分で荒れてしまうこともあるので注意が必要です。ノンケミカルやオーガニック製品、添加物の少ないものなど刺激の少ない日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

乾燥肌

乾燥肌の方は、保湿成分が多く含まれた日焼け止めを使うことをおすすめします。日焼け止めの中には、サラサラ感を出すためにアルコールを配合しているものがありますが、アルコールは乾燥を悪化させる原因になりますので乾燥しやすい方は避けた方が良いでしょう。

脂性肌

日焼け止めを塗るとすぐにベタベタする、テカリが気になるという場合は皮脂吸着パウダーを含んだ日焼け止めを使用すると軽減されます。サラサラ感が続くのでストレスが軽減しますし、皮脂崩れもしにくくなりますよ。

②シーンに合わせて選ぶ

普段の生活とレジャーとでは、紫外線を浴びる量は全く違います。さらにいえば、レジャーでも海と山では適した日焼け止めは違ってきます。家族でアウトドアやお出かけをする時には、シーンに合わせた日焼け止めを用意しておきましょう。

日常生活

通勤や買い物、散歩など紫外線を浴びる時間が短い場合は、日焼け止め効果が中程度のものを使うことをおすすめします。 絶対に日焼けしたくないという方が普段からウォータープルーフ等の強力な日焼け止めを使っていることがありますが、強い日焼け止めは肌に負担をかけやすいので気をつけましょう。

レジャー、長時間の野外活動

〈キャンプ、登山〉
山に行く時には、虫除け効果もある日焼け止めが便利です。また、長時間屋外にいることになるので日焼け効果の高いものを選ぶようにしましょう。日差しの中で活動するときは、塗り直しも忘れないようにしてくださいね。

〈海、砂浜〉
海水浴などで水に濡れるときにはウォータープルーフの日焼け止めを選びましょう。砂浜や海の中は照り返しが強く、日差しを遮るものが少ないのでとても焼けやすい環境です。日焼け止め効果の高いものを使って、強い紫外線からお肌を守りましょう。塗り直しも重要なポイントです。ウォータープルーフといっても全く落ちないわけではないので、こまめに塗り直すようにしてくださいね。

〈スポーツ〉
ランニングやウォーキング、ゴルフ等は長い時間紫外線にさらされる上、汗で日焼け止めも落ちやすくなります。ウォータープルーフや、肌に密着して落ちにくいタイプの日焼け止めを選びましょう。冬場にウィンタースポーツを楽しむ時も要注意です。ゲレンデは標高が高いため太陽の位置が近く、雪の照り返しもあることからとても日焼けしやすい環境です。日焼け防止効果の高い日焼け止めを選びましょう。

4.日焼け止めの使用期限

主に夏場に活躍する日焼け止め。去年の残りが棚や引き出しに眠っているおうちもあるのではないでしょうか。日焼け止めも化粧品同様使用期限があり、開封後あまり時間が立ったものを使用していると肌荒れの原因になりますので気をつけましょう。一般的に未開封なら3年、開封後は1年以内に使い切ることが推奨されています。防腐剤不使用のものなど、劣化や酸化がしやすいものもありますので心配であれば皮膚の目立たない部分にパッチテスト(少量塗って時間を置き、肌に赤みや痒みが出ないかを見る)してから使ってくださいね。

5.市販のおすすめ日焼け止め

①お子さんや敏感肌の方におすすめの日焼け止め

ママバター UVバリア モイストミルク

ママバター UVバリア モイストミルク
ママバター UVバリア モイストミルク

楽天参考価格:50g ¥1,760

UVカット成分に散乱剤のみを使った、肌にやさしい日焼け止め。美肌成分のナイアシンアミドや抗炎症成分配合で、スキンケアも同時に叶えられます。皮脂に強いのも◎。ノンケミカル製品特有のベタつきが気になる方がいるかもしれませんが、世代や肌質を問わず安心して使える製品です。

SPF 50+
PA +++
耐水性 ×
石けんで落とせる

キュレル UVカット デイバリアUVローション

キュレル UVカット デイバリアUVローション
キュレル UVカット デイバリアUVローション

楽天参考価格:60ml ¥1,449

リニューアルしたこちらの日焼け止めは、UVカット力と撥水性が高くとても優秀。UVカット成分は散乱剤のみで、保湿成分のセラミドや抗炎症成分を配合しておりデリケート肌を考慮した処方となっています。散乱剤のみの配合のため少し白浮きしやすいですが、乾燥しやすい方や敏感肌の方にはとてもおすすめです。

SPF 50+
PA +++
耐水性 ×
石けんで落とせる

&be UVミルク(スタンダード)

&be UVミルク(スタンダード)
&be UVミルク(スタンダード)

楽天参考価格:30g ¥1,980

一時は店舗で売り切れが続出した、ナチュラル派に大人気の日焼け止め。散乱剤のみ使用の低刺激設計でUVカット力も高く、爽やかな柑橘系の香りも好印象です。肌のトーンアップ効果もあるので、化粧下地として顔にも使えます

SPF 50
PA ++++
耐水性 ×
石けんで落とせる

ヴァントルテ ミネラルUVクリーム 

ヴァントルテ ミネラルUVクリーム
ヴァントルテ ミネラルUVクリーム

楽天参考価格:30g ¥3,630

ミネラルコスメブランドのヴァントルテから発売されている、自然派処方の日焼け止め。ビタミンCや抗炎症成分配合の肌にうれしいアイテムです。紫外線散乱剤による白っぽさや固めのテクスチャーは初め使いづらく感じるかもしれませんが、肌への優しさや荒れにくさを重視する方にはおすすめです。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 ×
石けんで落とせる

ドクターフィルコスメティクス エクスバリア スキンプロテクトUVクリーム

ドクターフィルコスメティクス エクスバリア スキンプロテクトUVクリーム
ドクターフィルコスメティクス エクスバリア スキンプロテクトUVクリーム

参考価格:50g ¥3,080

デリケートな「弱バリア肌」のための低刺激処方の日焼け止めだけあって、肌に優しい製品。美容液成分がたっぷり配合されているために、つけている間はしっとりとうるおい乾燥知らず。UVカット指数は国内最高クラスとも言われ、紫外線からしっかりと肌を守ってくれます。撥水性も優秀で、汗をかきやすい方にもおすすめです。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 〇
石けんで落とせる

②普段使いにおすすめのプチプラ日焼け止め

メンタームザサン トーンアップUVエッセンス

メンタームザサン トーンアップUVエッセンス
メンタームザサン トーンアップUVエッセンス

楽天参考価格:80g ¥672

日焼けを防止しながらキレイ肌見せも叶う1本。くすみを飛ばしてくれるラベンダーカラー&微細パール入りで、化粧下地としても使用することができ、お肌を自然にトーンアップしてツヤ感も与えてくれます。肌をキレイに見せたい方にぴったりです。スーッと伸びて肌なじみもよく、使いやすさも◎。汗や水に強いのも魅力です。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 〇
石けんで落とせる

雪肌粋 パーフェクトUVミルクEX

雪肌粋 パーフェクトUVミルクEX
雪肌粋 パーフェクトUVミルクEX

参考価格:30ml ¥770

セブンイレブンとKOSEのコラボから生まれた雪肌粋。紫外線防止効果は最高値で、焼けにくく崩れにくい優秀な日焼け止めです。スキンケア効果もあり、うるおいが続きます。伸びがいいので、忙しい朝でもサッとスピーディに塗れますよ。カラーレスで白浮きもなく、使いやすいアイテムです。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 〇
石けんで落とせる

ビオレUV バリア・ミー ミネラルジェントルミルク

ビオレUV バリア・ミー ミネラルジェントルミルク
ビオレUV バリア・ミー ミネラルジェントルミルク

楽天参考価格:¥1,078

超微細な凹凸塗膜で花粉などの微粒子の付着を防ぐ効果が期待できる、新しいタイプの日焼け止め。皮脂にも水にも強いので、暑い夏の時期も安心です。少し白っぽくなる感じはありますが、焼けにくく崩れにくい優秀アイテムです。

SPF 50
PA +++
耐水性 ◎(ウォータープルーフ)
石けんで落とせる

ニベアUV ディーププロテクト&ケア

ニベアUV ディーププロテクト&ケア
ニベアUV ディーププロテクト&ケア

楽天参考価格:80g ¥890

みずみずしいジェルタイプで、するする伸びてベタつかない使用感の良い製品。軽い塗り心地かつ日焼けもしっかり防いでくれます。汗にも強いので夏の時期に適しています。パッケージにも「シミ予防」と書いてありますが、日焼けからくるシミ・そばかすを防ぐ予防美容にも力を入れて開発された商品です。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 ◎(スーパーウォータープルーフ)
石けんで落とせる

サンカット トーンアップUVエッセンス(ミントグリーン)

サンカット トーンアップUVエッセンス(ミントグリーン)
サンカット トーンアップUVエッセンス(ミントグリーン)

楽天参考価格:80g ¥830

肌の赤みを抑えてキレイに見せてくれると評判のアイテム。ホワイトパールでお肌がトーンアップするので、色白に魅せたい方におすすめです。ニキビ跡もカバーできます。UVカット率も高く、使用感も軽くて使いやすいです。透明感を引き出すラベンダーカラーもありますよ。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 ◎(ウォータープルーフ)
石けんで落とせる

③レジャーにぴったりの日焼け止め

アネッサ 強力日焼け止め敏感肌用

アネッサ 強力日焼け止め敏感肌用
アネッサ 強力日焼け止め敏感肌用

楽天参考価格:60ml ¥2,550

強力日焼け止めの定番、アネッサの敏感肌用がリニューアルしました。紫外線吸収剤の配合量が従来品より抑えられ、高いUVカット率と肌への優しさが両立されています。崩れにくさ、撥水性ともに優れ、レジャーの心強い味方になってくれそうです。敏感肌さんにもおすすめで赤ちゃんから使用できますよ。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 ◎(スーパーウォータープルーフ)
石けんで落とせる

サンカット プロディフェンス ホワイトニングUVエッセンス

サンカット プロディフェンス ホワイトニングUVエッセンス
サンカット プロディフェンス ホワイトニングUVエッセンス

楽天参考価格:90g ¥1,980

 W有効成分が配合されているので、美白効果とシミやそばかす、肌荒れを防ぐ効果が期待できます。さらに太陽光ダメージディフェンス処方で強い日差しから肌を守ってくれます。プロディフェンスシリーズには他にも4つの種類があるので、ご自身のスタイルに合ったものを使用して下さいね。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 ◎(ウォータープルーフ)
石けんで落とせる

サーファーズダイアン ノンケミカル UVミルク

サーファーズダイアン ノンケミカル UVミルク
サーファーズダイアン ノンケミカル UVミルク

楽天参考価格:50ml ¥2,530

ムラなくサラッと塗れる使用感が好評な製品。その名の通り、サーファーのように紫外線ダメージを受けやすいマリンスポーツやアウトドアを楽しむ方に向けて作られた日焼け止めです。水や汗で流れないので、真夏のレジャーにもおすすめ。海にも肌にも優しい成分なので安心してお使い頂けますよ。ほんのり白っぽさが残るので、トーンアップしたい方や色白さんにオススメです。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 ◎(スーパーウォータープルーフ)
石けんで落とせる

白くまアウトドア アウトドアUVクリーム

白くまアウトドア アウトドアUVクリーム
白くまアウトドア アウトドアUVクリーム

楽天参考価格:40g ¥2,178

ノンケミカルの肌に優しい日焼け止め。虫除け効果が期待できるユーカリ、レモンユーカリやシトロネラなどの天然成分だけで香り付けされており、お子さんにも安心して使えます。ウォータープルーフではないので、忘れずに塗り直しをしてくださいね。こちらは現在廃盤となっておりますので、早めの購入をおすすめします。

SPF 50
PA +++
耐水性 ×
石けんで落とせる

ビベッケ 全身まるごとさらさらUVスプレー ブンブンガード

ビベッケ 全身まるごとさらさらUVスプレー ブンブンガード
ビベッケ 全身まるごとさらさらUVスプレー ブンブンガード

楽天参考価格:150g ¥1,078

逆さ使用もできる便利なスプレータイプの日焼け止めです。保湿成分と肌保護成分配合で、肌への優しさも考慮されています。レモングラスなど植物由来のハーブオイルが入っており、虫除け効果も期待できます。親子でお使い頂けますよ。

SPF 50+
PA ++++
耐水性 ◎(ウォータープルーフ)
石けんで落とせる

お肌の大敵である紫外線から肌を守るために必要不可欠な日焼け止め。大切な肌に直接塗るものだからこそ、ご自分の肌質やシーンに合ったアイテムを選んで使いたいですね。

    mugi
    記事を書いた人 :

    2歳差兄弟の育児に奮闘中のママ。
    食べること、ハンドメイド、旅行、お絵描き、読書が大好き♡
    元エステティシャンでもあるので美容やその他の情報を通して
    お役に立てたらと思います!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【メンズ版】市販のおすすめワックスは?美容師もすすめる人気商品

  2. 家の中でできる主婦におすすめの趣味。夢中になれるから気晴らしにも。

  3. 【レディース版】ワークマンも人気!この冬おすすめの防寒着2022

  4. 主婦におすすめの在宅ワーク。未経験・子育て中でも安心してできる仕事

  5. 家族で外食もお得に済ませる☆ママの負担も軽減できる外食費の節約術

  6. ゴミ箱が汚れないから便利♪新聞紙で作る長方形のゴミ袋の折り方・作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。