パールビーズをワイヤーでくるくる巻き付けたフープピアスの作り方

アクセサリーを自分で作ってみたいけど、不器用だし、何から始めていいかわからない。そんな方でも安心してハンドメイドを始められちゃうものがあるんです。作り方はパールビーズをワイヤーでくるくると巻き付けていくだけ。今回は、手先が不器用な方でも安心して作れる、オリジナルのフープピアスの作り方をご紹介します。

1.必要な材料

材料

  • フープ
  • お好きなパールビーズ
  • アーティスティックワイヤー(0.4mmほど)
  • ピアス金具
アーティスティックワイヤー
アーティスティックワイヤー

道具

2.フープにワイヤーの端を巻きつける

ワイヤーをカットする

ワイヤーを適当な長さにカットします。フープより少し長めに取ると良いでしょう。

ワイヤーを巻きつける

フープピアスに、ワイヤーを3、4回巻きつけます。この時、ワイヤーの端を2cmほど残して巻きましょう。

ワイヤーを巻く時の注意

ワイヤーが隙間なく巻きつくようにしましょう。巻いている間に隙間が空いてしまったら、平ヤットコで巻かれたワイヤーを寄せます。

ワイヤーを巻く位置について

パールビーズをどれだけつけるかによってワイヤーを巻く範囲も変わります。今回は、フープ金具から左右1〜2cmくらいのところまでパールを巻きつけていきます。作りたいデザインに合わせてワイヤーを巻いてください。

3.パールを1粒入れて巻き付ける

パールを通す

ワイヤーにパールを一つ通します。

ワイヤーを巻く

パールを指でしっかりと固定したら、ワイヤーをフープに通し、パールの横で1、2回しっかりと巻きつけます。

繰り返す

②の作業を繰り返し、パールを巻き付けていきます。

4.ワイヤーの端処理をする

ワイヤーの端をフープに巻き付ける

余ったワイヤーを2~3cm残してカットして、飛び出ているワイヤーの先端を平ヤットコで3〜4回巻きつけます。

ワイヤーの端を隠す

ワイヤーの先端を端のビーズの穴に通して隠します。

5.仕上げ

フープとピアス金具を繋げたら完成です。パール以外にもお好みのビーズを使ってアレンジすることができるので、作品の幅が広がってとても楽しいです。ぜひ作ってみてください。

    P子
    記事を書いた人 :

    東海地域を中心にライターとして活動しています。
    可愛いものには目がありません。
    ハンドメイド記事を通して、普段の生活がパッと明るくなるようなものにしていきたいです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. お気に入りのぬいぐるみの穴を修復しよう!縫い目が見えない縫い方

  2. ハンドメイドの材料・パーツのおすすめ通販サイト20選

  3. ハロウィンにおすすめ♡100均材料で簡単猫耳ヘアピンの作り方

  4. ハンドメイドを始めよう♪道具やレジン、アクセサリーを作る上での基礎知識

  5. 【園児用・小学生用】簡単な裏地付き上靴袋(上履き入れ)の作り方

  6. 作りたいものに合ったレジンを見つけよう!レジン選びのポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。