【おすすめキャンプ飯】子供も喜ぶ!キャンプで食べたい簡単定番絶品料理

お家時間をきっかけにお家キャンプをしたり、キャンプ用品を集め始めた方も多いのではないでしょうか?キッチンツールも様々な種類のものが出回っており、ダッチオーブンなんて買った日には何を作ろうかワクワクしますよね♡キャンプで食べるご飯は、いつも食べている定番料理であっても美味しく感じます。カレーだって外で食べると絶品!今回は、キャンプで食べたい!子供も喜ぶ簡単おすすめキャンプ飯をまとめてみました。

1.カレーライス

誰もが食べ慣れているカレー。カレーはキャンプ飯としても人気の高いメニューです。具材もじゃがいも・玉ねぎ・人参・豚肉、あとはカレールーさえあれば作れるので、荷物も少なくて済み、安くて簡単にできるのが人気の理由でしょう。また、子供だけで作ることができるのも魅力♡ママもいつもと比べ、家事や時間に追われることなく過ごせるので余裕をもって付き合ってあげることもできそうですね。具材のアレンジも効くので季節に合わせて変化させたり、いつもはできないようなアレンジに挑戦してみてもおもしろいでしょう。余ったカレーは、カレーうどんにして夜食にしてみたり、翌朝ホットサンドの具材にしたりできるのも嬉しいですね。

2.鍋

冬の定番、鍋。キャンプ場は標高の高い場所にあるところも多いので、夏場でも夜は気温が下がって肌寒くなりがち。秋口でも夜はけっこうな寒さになるので、だからこそ身体の温まる鍋はキャンプ飯にピッタリなのです。調理方法も切るだけととっても簡単!せっかくキャンプに来たんだからのんびりしたい、ご飯は楽に済ませたいというママにもピッタリなメニューです。こちらもお子さんと一緒に準備できそうですね。

3.おでん

鍋と同様、こちらも冬の定番料理ですね。焚火にあたりながら食べるおでんは、いつもの何倍も美味しく感じます。冬のキャンプだってあつあつのおでんがあれば乗り切れそうですね。具材も地方によって違いがありますので、いろいろ試してみるのもおもしろいかもしれません。

4.パエリア

スペイン料理で有名なパエリア。名前だけでもおしゃれなパエリアは、サフランという香辛料で色付けしたお米の上に魚介類が乗った見た目もおしゃれな料理です。あまり聞き慣れない、食べ慣れない名前で作るには敷居が高く感じるかもしれません。通常は炒めたお米にサフランやコンソメ、トマト缶などで味付けをしたニンニクや玉ねぎ、鶏肉を混ぜて魚介やパプリカを乗せて火にかけ蒸らして作ります。でもパエリカの素があればもっと手軽に本格的な味を楽しむことができますよ。ダッチオーブンやスキレットで作るとさらに様になります☆

ニップン ほめDELI パエリアの素
ニップン ほめDELI パエリアの素
  • 楽天参考価格:¥178

5.ペッパーランチ

簡単なのにボリューミー、赤×黄×緑×白で色合いも良く、最近話題の映え料理です。男性が喜びそうな肉料理ですが、そこにコーンが入ることでお子さんも大喜びの味になります。しかも作り方も簡単!塩こしょうとお好みの味付け(焼肉のタレでも可)で炒めた牛肉を端に寄せて真ん中にご飯をどーん!上からコーンとネギを散りばめ、最後にバターを乗せたらもう完成!あっという間にペッパーランチの完成です。見ているだけでよだれが出そうですね!少ない材料で、しかも包丁やまな板を使わなくともできてしまうので洗い物も少ないのも魅力ですね♡

6.トマトチキン煮込み

キャンプ飯、ダッチオーブンレシピと言えば上位に上がるのがトマトチキン煮込み。さほど手間がかからないのに、お肉も野菜もたっぷり摂れてお腹に溜まり、身体も温まるトマトチキン煮込みはキャンプにピッタリ!ダッチオーブンが黒いのでトマトの赤がよく映えて、より美味しそうに感じますね。

7.ポトフ

夜はもちろん朝は冷え込むキャンプ場で食べたいポトフ。シンプルなのに美味しいぽtp不は前日の夜に仕込んでおくと、朝には野菜のお出汁もしっかりと出て、より美味しく頂けますよ。また外で食べるポトフは絶品!キャベツやじゃがいも、人参ががとろとろになるまで煮込むのがポイントです。

8.ローストビーフ

夜のお酒のお供にしたいローストビーフはキャンプには欠かせない料理です。その名前から手間がかかるように感じがちですが、焼き色をつけたら放置すればいいので実はとっても簡単!ローストビーフの素があればもっと手軽に作れますよ♡食卓にローストビーフがあるかどうかでオシャレ度も大きく変わりますよ。

日本食研 ローストビーフの素
日本食研 ローストビーフの素
  • 楽天参考価格:300~500g分 ¥210

9.ローストチキン

ダッチオーブンを買ったらやりたいのが「ローストチキン」。丸鶏を使うので、それだけでもいつもと違った特別な気分になれますよ。丸鶏なんて扱ったことがないという方もほとんどでしょうが、お店で購入する際に下処理をお願いしておけばあとは簡単。自身で表面とお腹の中を塩こしょうで味付けしてから一口大にカットした野菜を詰め込み、あとはダッチオーブンに入れて焼くだけ!周りにも野菜を敷きつけても写真映えしますね。

Coleman(コールマン) ダッチオーブンSF 10インチ
Coleman(コールマン) ダッチオーブンSF 10インチ
  • 楽天参考価格:¥7,860

10.スペアリブ

キャンプと言えばBBQ!という方も多いでしょう。でもせっかくキャンプに行くのならBBQも一手間加えていつもと違った楽しみ方をしてみませんか?とはいえ手間をかけたくないからBBQをするのに…と言う方もみえるでしょう。一手間と言ってもそんなに煩わしいことはしません。いつもは焼肉用の肉を用いてBBQをすることが多いと思いますが、それをスペアリブにしてみましょう。ビニール袋に肉と調味料を入れて揉み込み、あらかじめ下味をつけておけば、当日はいつもと同じように焼くだけでOK!いつものBBQも一味違ったジューシーな味が楽しめますよ。

11.アヒージョ

今やパーティーの定番料理とも言える程、日本で定着してきたアヒージョ。たこ焼き器を使ったりして手軽にできるのにオシャレな味が楽しめるのも魅力の一つでしょう。キャンプならスキレットが大活躍!オリーブオイルとニンニクがあればあとは好きな具材を煮込むだけ☆とても簡単にできて、お酒にもよく合うので、いろんな具材で試してみたいですね。

LODGE(ロッジ) ロジックスキレット 8インチ
LODGE(ロッジ) ロジックスキレット 8インチ
  • 楽天参考価格:¥1,599

12.チーズフォンデュ

こちらもパーティー料理の定番!チーズフォンデュセットはスーパーで購入することもできますが、もっと手軽に楽しむ方法があります。ここでもスキレットが大活躍♡スキレットの中央にカマンベールチーズを置き、周りでお好みの具材を熱すれば、あとは写真のようにカマンベールチーズをに具材を絡ませるだけ!特別なセットがなくてもカマンベールチーズさえあれば、夕食の残りの具材で晩酌にぴったりなおつまみの完成です。

13.ピザ

好きな具材を乗せて作るピザは格別!作る段階から楽しめるのも魅力ですよね。でもキャンプでピザなんてちょっとおしゃれだし、子供と作ったら盛り上がりそうだけど、ピザ窯がないから…と諦めていませんか?ピザはピザ窯がなくたって、持っているものを代用して焼くことができるんですよ。生地は市販のものを買っていけば手軽に作れますし、コストを抑えたければ自宅で生地を作って冷凍して持って行くという方法もあります。

気になる焼き方ですが、ダッチオーブンに網を乗せて焼いても良し、スキレットやフライパンで焼いても良し、アルミホイルで覆って焼き網で焼いても良し。実際なんでも焼けるんです。そう思うとキャンプ場でのピザ作りもハードルが下がりますね♡お子さんの好きな具材で楽しんでみて下さいね。

尾上製作所 コンパクトピザオーブン
尾上製作所 コンパクトピザオーブン
  • 楽天参考価格:¥4,860

14.サンドイッチ

朝食をとにかく手軽に済ませたいなら、やっぱりサンドイッチ!キャンプ場で朝からお米を炊くのは大変。でもサンドイッチなら、好きな具材を挟むだけなので子供だけでも簡単に作れます。食パンはもちろん、バケットやクロワッサンを使うだけでもちょっと小洒落た感じに仕上がりますよ。ベーコンやたまごだけ焼いてあげれば、あとはセルフで楽しめるのも魅力。好きなものを自分好みに挟んで食べられるので、お子さんにとってもいつもと違った特別な朝食となるでしょう♡

15.ホットサンド

アウトドアブームと共に注目されるようになったホットサンド。ホットサンドメーカーにパンと具材をのせて挟み、少しあぶるだけで簡単にできてしまうホットサンドは小さなお子さんにもオススメ。ギュッと端をつまむので、食べる時に具材が落ちる心配も軽減。ホットサンドなら前日の残りのカレーを挟むのもおすすめですよ。今や100均でもホットサンドメーカーが購入できる(¥1,100)時代。ホットサンドメーカーは、キャンプだけでなく普段から使えるので、一つ持っておいても重宝しそうですよ。

アイリスオーヤマ 具だくさんホットサンドメーカー シングルタイプ
アイリスオーヤマ 具だくさんホットサンドメーカー シングルタイプ
  • 楽天参考価格:2,780

16.ホットドッグ

簡単にできる朝食メニューと言えば、ホットドッグも必ず浮かぶでしょう。ボリュームもあり、お腹にも溜まるところがいいですよね♡簡単に作れるホットドッグですが、せっかくキャンプに来たのだからもっとアウトドア感が味わいたいのなら「カートンドッグ」がおすすめです。作り方はほとんど一緒で、パンにキャベツやウインナーなどお好みの具材を挟みます。ここからが本番!今度はそれをアルミホイルで包みます。焦げ防止のために二重に包みましょう。そして空の牛乳パックに入れ、牛乳パックの口元に火をつけて燃やします。

安全のため、焚火台やバーベキューコンロの上で行ってくださいね。牛乳パックが燃えて完全に火が消えたら、アルミホイルを剥がしてケチャップやマスタードをかけて完成!表面がカリカリになってとっても美味しいですよ♡お好みでウインナーの下にとろけるチーズをしいてもいいですね♡家ではできない、外で食べる食事ならではの楽しみ方です。
※カートンドッグは、作りたい本数分の牛乳パックが必要です。

17.ハンバーガー

お子さんと一緒に朝からハンバーガー作りを楽しんでみるのはどうですか?バンズはスーパーでも購入することができるので、材料を揃えておけばお子さん一人でも作れるでしょう。いつもの生活とは少し離れた場なので、時間や家事に追われず、ママたちも笑顔で見守られそうですね。

18.燻製

キャンプ慣れしてきた頃にやりたくなるのが燻製。キャンプブームに乗っかって、燻製にも注目され、最近では家庭用の燻製器なるものも登場しました。少し難しそうに感じますが、時間をかけて作った燻製は絶品!スモークチップの種類によって、食材によって、味も変化する燻製は奥が深いので、一度作るとハマってしまうかも♡ビールのおつまみに最適!燻製器はお高いイメージがあるかもしれませんが、小型のもなら1,000~3,000円ほどで購入できるものも多いです。ネット上では段ボールを使った燻製の仕方なども紹介されていますよ。

SOTO お手軽香房
SOTO お手軽香房
  • 楽天参考価格:2,980

19.バームクーヘン

子供も憧れるキャンプ場でやりたいことと言えば、「バームクーヘン」。家庭ではなかなか作らないバームクーヘンもキャンプ場でなら手軽に楽しめますよ。生地作りもホットケーキミックスがあれば簡単!あとは切った竹や鉄パイプなどを芯にしてアルミホイルを巻き、BBQコンロの上でコロコロと回しながら、生地をかけていきます。均等の太さにするのは難しいですが、それも手作りならではの味があって良し!盛り上がること間違いなし!

20.スモア

BBQのデザートと言えば焼きマシュマロ♡マシュマロを炙るだけでも美味しいですが、炙ったマシュマロをチョコと一緒にクッキーやクラッカーで挟んで「スモア」にすれば絶品!ちょっと贅沢な気分になれます。手軽に作れるのも魅力ですね。BBQの締めに是非お試しあれ!


キャンプ=BBQのようなイメージになりがちですが、BBQ以外にも簡単にできるキャンプ飯はたくさんあります。お子さんと一緒に作れるメニューも多いので、家族で協力して作れば楽しいだけでなく特別な一品になりそうですね。

    azusa
    記事を書いた人 :

    保育士。
    3人の子の育児、仕事と主婦業の両立に奮闘しながら
    合間をぬって気の向くままにハンドメイドを楽しんでいます。
    小さな子を持つママの目線で、知りたいこと気になることを
    記事にしていきたいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 女の子が喜ぶ工作♡ペットボトルを使ったブレスレットの作り方

  2. お風呂でおままごとも♡ペットボトルで泡ぶくぶくなおもちゃの作り方

  3. 赤ちゃんの視線も釘付け♡ペットボトルで作る簡単スノードームの作り方

  4. 【埼玉県版】お金のかからない遊び場も♡子供とお出かけ・おすすめレジャースポット

  5. 【岐阜県版】雨の日でも平気♡子供とお出かけ・東海のおすすめ室内レジャースポット

  6. ベビー向け手作りおもちゃ♪ペットボトルで作るきらきら水時計の作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。